また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1439657 全員に公開 山滑走十和田湖・八甲田

南八甲田 横岳〜櫛ヶ峯〜駒ヶ嶺 山スキー

日程 2018年04月27日(金) [日帰り]
メンバー
天候27日 晴れ  28日 快晴
アクセス
利用交通機関
バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
25分
合計
4時間34分
S城ヶ倉ゲート09:2610:10沖揚平ゲート10:2512:00横岳12:0513:45櫛ヶ峯13:5014:00逆川源頭部G
日帰り
山行
1時間55分
休憩
5分
合計
2時間0分
逆川源頭部05:2006:05駒ヶ峯06:1007:20睡蓮沼
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報青森まちなか温泉 450円 シャンプー等あり
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター バラクラバ 日よけ帽子 着替え ブーツ ザック スコップ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール 細引き カラビナ 竹ペグ

写真

今日取り付く横岳が見えてきた
2018年04月27日 09:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日取り付く横岳が見えてきた
3
城ヶ倉大橋を渡って一つ目のトンネルを抜けて直ぐに取り付き点
2018年04月27日 10:07撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ヶ倉大橋を渡って一つ目のトンネルを抜けて直ぐに取り付き点
2
岩木山が見える
2018年04月27日 11:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩木山が見える
1
北八甲田
2018年04月27日 11:59撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八甲田
1
横岳山頂
2018年04月27日 12:03撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳山頂
2
横岳山頂にて、南八甲田を望む。本日のルートを一望できた
2018年04月27日 12:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳山頂にて、南八甲田を望む。本日のルートを一望できた
そこそこの斜度。気持ちよく滑った横岳の東斜面
2018年04月27日 12:23撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこの斜度。気持ちよく滑った横岳の東斜面
1
櫛ヶ峯の山頂
2018年04月27日 13:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峯の山頂
3
十和田湖も見えた。条件が合えば、この斜面も滑れるのか?
2018年04月27日 13:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十和田湖も見えた。条件が合えば、この斜面も滑れるのか?
1
山岳部のテントがなかったので、自前のツェルトで
翌朝雪が硬く、撤去に時間が掛かることは知る由もない
2018年04月27日 15:06撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山岳部のテントがなかったので、自前のツェルトで
翌朝雪が硬く、撤去に時間が掛かることは知る由もない
2
風も弱くなく、眼が覚めて尿意を催し外に出たら、雲一つない夜空でした
2018年04月28日 02:35撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風も弱くなく、眼が覚めて尿意を催し外に出たら、雲一つない夜空でした
1
櫛ヶ峯が朝日で染まる
2018年04月28日 04:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峯が朝日で染まる
4
奥は、十和田山、戸来岳、三ッ岳?
2018年04月28日 05:46撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥は、十和田山、戸来岳、三ッ岳?
3
ひょっこり岩木山、駒ヶ峯山頂から
2018年04月28日 06:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょっこり岩木山、駒ヶ峯山頂から
3
睡蓮沼を目指して滑降
2018年04月28日 07:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
睡蓮沼を目指して滑降
3

感想/記録

行きつけの床屋のKさんから横岳ー櫛ヶ峯を日帰りで行けるよ、と勧められ思い立った。詳しく聞くと、横岳の東斜面が滑走に良い斜面らしい。

多くの観光客を乗せたバスに揺られ、城ヶ倉温泉に下り、沖揚平ゲートまで歩く。横岳は比較的登りやすく、初心者にも優しいと思った。山頂に着くと、櫛〜駒など南八甲田、さらには北八甲田も見回せた。横岳東斜面は初め切れ落ちている程急で、久しぶりに怖いと思ったが、なんとか転ばずに滑れた。櫛ヶ峯の山頂は特に気になっていた。南斜面と十和田湖方面がどうなっているか気になっていた。逆川源頭部へ下りて幕営

夜中、結露の凍ったものが顔に落ちて、眠れなかった。壁も風に揺られてうるさい。尿意を催して外に出ると、星空と月明かりに浮かぶ櫛ヶ峯が待っていた。シュラフに篭って、天気の良さに安堵する。

朝、テントの撤収の際、埋めていた竹ペグを抜こうとシャベルを地面に刺したが、刺さらない。昨夜の放射冷却で地面はカチコチ。撤収に大変苦労した。早朝の滑降は難しい。スピードが出やすく、凸凹が直に板に伝わる。日が昇るにつれて柔らかくなるのを狙って、少しゆっくり進んだ。最後、所謂ニセ駒から硫黄岳目指して真っ直ぐ下った。途中、バス停のある睡蓮沼に着きたいので、沢沿いを下った。始発バスは2時間後。大人しく睡蓮沼の路側帯でバスを待った。

追記)
イグルー、半イグルー、雪洞を掘ればもっと快適であっただろうか。雪面での生活技術をもっと上げたい
訪問者数:250人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ