また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1439716 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

大沼山・長尾山・無意根山

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴☀️風弱し。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
元山登山口に向かう道の除雪終点(橋のところ)に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間23分
休憩
1時間19分
合計
6時間42分
Sスタート地点05:4107:09大沼山07:2307:47千尺高地08:08長尾山08:2209:27無意根山09:31無意根山 旧山頂10:2110:24無意根山11:22千尺高地11:2312:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
駐車場所からヘアピンカーブの取り付き箇所まで、300ⅿほど歩いて移動。
全行程で危険を感じた箇所はなかったが、千尺高地周辺は雪庇側に亀裂がたくさん入っていたので、近寄らないのが吉。
無意根山山頂周辺はハイマツ帯が空洞化して、時々踏み抜きあり。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

除雪終点に車を止めてスタート。
2018年04月29日 05:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
除雪終点に車を止めてスタート。
ヘアピンカーブまで歩いて移動。
2018年04月29日 05:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘアピンカーブまで歩いて移動。
ここから斜面に取り付きます。
2018年04月29日 05:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから斜面に取り付きます。
2
振り返って見た、ヘアピンカーブの取り付き地点。
2018年04月29日 05:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って見た、ヘアピンカーブの取り付き地点。
最初から急登の連続。
暑くて、アウターを脱ぎました。
2018年04月29日 06:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初から急登の連続。
暑くて、アウターを脱ぎました。
正面に立ちはだかる急斜面。
2018年04月29日 06:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に立ちはだかる急斜面。
1
直登は回避して、右手に回り込みました。
斜面の踏み跡をたどります。
2018年04月29日 06:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登は回避して、右手に回り込みました。
斜面の踏み跡をたどります。
直登すると、この角度の斜面。ムリムリ(-_-)
2018年04月29日 06:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登すると、この角度の斜面。ムリムリ(-_-)
右手斜面は、割と緩やかでした。
2018年04月29日 06:52撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手斜面は、割と緩やかでした。
1
疎林を進むと、間もなく山頂を予感させる風景が。
2018年04月29日 07:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林を進むと、間もなく山頂を予感させる風景が。
どーんと広がる眺望に期待(^^)
2018年04月29日 07:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どーんと広がる眺望に期待(^^)
1
稜線に出ました。
スノーモビルのトレースが一直線に。
ちょっとがっかり。
2018年04月29日 07:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。
スノーモビルのトレースが一直線に。
ちょっとがっかり。
大沼山山頂、到着です(^^)/
羊蹄山は、霞んでうっすら見える程度。
2018年04月29日 07:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沼山山頂、到着です(^^)/
羊蹄山は、霞んでうっすら見える程度。
4
美比内山方面にも、キャタピラ跡ががっちりと刻まれていました。
2018年04月29日 07:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美比内山方面にも、キャタピラ跡ががっちりと刻まれていました。
さあ山発。
これから無意根山まで、楽しい稜線歩き。
2018年04月29日 07:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ山発。
これから無意根山まで、楽しい稜線歩き。
1
千尺高地に向けて、いったん下り、
2018年04月29日 07:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千尺高地に向けて、いったん下り、
小さなアップダウンを繰り返しながら進みます。
2018年04月29日 07:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなアップダウンを繰り返しながら進みます。
雪はもう真っ白ではないけれど、春の日差しの中で歩く雪原は、やっぱり気持ちがいい。
2018年04月29日 07:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はもう真っ白ではないけれど、春の日差しの中で歩く雪原は、やっぱり気持ちがいい。
4
ふと左手を見ると亀裂が(゜Д゜;)
2018年04月29日 07:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと左手を見ると亀裂が(゜Д゜;)
僕はスノーシュー、mg_neさんはつぼ足+軽アイゼンで。
踏み抜く箇所もなく、順調に進みます。
2018年04月29日 07:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僕はスノーシュー、mg_neさんはつぼ足+軽アイゼンで。
踏み抜く箇所もなく、順調に進みます。
3
遠く左手に、長尾山が見えてきた。
2018年04月29日 07:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く左手に、長尾山が見えてきた。
2
右手にはいつも無意根山。
テンション下がってるヒマがありません(^^)
2018年04月29日 08:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手にはいつも無意根山。
テンション下がってるヒマがありません(^^)
3
左斜め前方の黒いハイマツ帯を目指せば、間もなく長尾山。
ハイマツ林の間を縫うように進んで、
2018年04月29日 08:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左斜め前方の黒いハイマツ帯を目指せば、間もなく長尾山。
ハイマツ林の間を縫うように進んで、
本日2座目、長尾山到着です(^^)/
2018年04月29日 08:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日2座目、長尾山到着です(^^)/
5
あとは、ボスキャラを残すのみ。
2018年04月29日 08:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは、ボスキャラを残すのみ。
3
これから行くから待っていなさい!
2018年04月29日 08:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行くから待っていなさい!
3
緩やかな登りが、延々と続く。
2018年04月29日 08:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな登りが、延々と続く。
細尾根。
林の右側から回り込んで、稜線に取り付きました。
2018年04月29日 08:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細尾根。
林の右側から回り込んで、稜線に取り付きました。
1
山頂は近そうで、なかなかたどり着けない。
2018年04月29日 09:03撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は近そうで、なかなかたどり着けない。
山頂手前から、踏み抜き跡が目立ち始めました。
2018年04月29日 09:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前から、踏み抜き跡が目立ち始めました。
おっと。
2018年04月29日 09:30撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと。
2
今日の最終目標、無意根山に到着です(^^)/
山頂は、スキーのグループの方々で賑わっていた。
その後も続々と登山者がやって来ます。
雪山でこれだけの人に会うのは初めて。人気の山なんですね。
2018年04月29日 10:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の最終目標、無意根山に到着です(^^)/
山頂は、スキーのグループの方々で賑わっていた。
その後も続々と登山者がやって来ます。
雪山でこれだけの人に会うのは初めて。人気の山なんですね。
9
帰り際、山頂からさらに先の中岳方面の眺望を見に行きました。
中岳とケルン。奥に中空に浮かぶ羊蹄山。
2018年04月29日 10:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り際、山頂からさらに先の中岳方面の眺望を見に行きました。
中岳とケルン。奥に中空に浮かぶ羊蹄山。
3
稜線を千尺高地方面に下山中のスキーの皆さん。
スキーでの滑降は楽しいだろうなと、正直うらやましい気分。
2018年04月29日 10:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を千尺高地方面に下山中のスキーの皆さん。
スキーでの滑降は楽しいだろうなと、正直うらやましい気分。
1
下りの雪庇尾根。
2018年04月29日 10:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの雪庇尾根。
無意根山を振り返る。
もうこんなに遠くなった。
2018年04月29日 10:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無意根山を振り返る。
もうこんなに遠くなった。
千尺高地付近まで戻ってきた。
この景色もこれで見納め。また来年来よう。
2018年04月29日 11:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千尺高地付近まで戻ってきた。
この景色もこれで見納め。また来年来よう。
穴がぽっかり開いていた。転落注意。
2018年04月29日 11:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴がぽっかり開いていた。転落注意。
1
下り斜面の途中から右手に分岐して、元山登山口方向へ。
2018年04月29日 11:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り斜面の途中から右手に分岐して、元山登山口方向へ。
ロックオンしたトラックからいつの間にか外れ、軌道修正しながら登山口近くまで戻ってきた。
2018年04月29日 12:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックオンしたトラックからいつの間にか外れ、軌道修正しながら登山口近くまで戻ってきた。
豊羽鉱山の建物群が見えてくれば、ゴールは近い。
2018年04月29日 12:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豊羽鉱山の建物群が見えてくれば、ゴールは近い。
今日も無事下山しました。
2018年04月29日 12:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も無事下山しました。
1

感想/記録

今シーズン最後の雪山ハイキングは、冬季初の無意根山へ。
2年前のmikasaoyaさんのレコとルートを参考にさせていただきました。

山の上もすっかり春の陽気。風の当たらない場所では暑いくらいでした。
さすがに無意根山山頂は強い風が吹いていましたが、アウターを羽織れば暖かく、ゆっくりランチタイムも楽しめました。

mg_neさんとは初コラボ。日ごろから鍛錬され、最後まで余裕の足取りだったのはさすがです。また一緒に行きましょう。

感想/記録
by mg_ne

日頃の鍛練を有酸素運動からウエイトトレーニング変えてから初の山行。
肺活量が減ったとはいえ、運動は運動。
下半身の筋力も増し増しで、スピードはそう変わらないだろう…とゆー、甘い目論見で挑んだ無意根山。
登って思ったのは、有酸素って大事(笑)
息が上がり、体も重い。
ヒーヒーしてたら、その都度差し出される羊羮など、エネルギー源の数々。
awa3956さん、助けられました!

ヒーヒーはしたけど、天気も風も弱く最高の天気。
今年度初山行で、気持ちいい滑り出しをすることができました。
訪問者数:401人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ