また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1441230 全員に公開 トレイルラン伊豆・愛鷹

伊豆山稜線歩道(ひとりプチITJにチャレンジ!)

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々くもり
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
●戸田峠駐車場(無料)
早めにスタートするために、こちらに車を停めて縦走、バスを乗り継いで車を回収

●天城峠から東海バスで移動
・天城峠〜修善寺(1,190円)※最終17:49
・修善寺〜戸田峠(740円)※最終18:50
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間52分
休憩
1時間3分
合計
7時間55分
S戸田峠06:1806:23三等三角点石原沢06:33小達磨山06:3406:39あせびヶ原駐車場06:54達磨山06:5807:03戸田駐車場07:10古稀山07:1107:18小土肥駐車場07:1907:22伽藍山07:25土肥駐車場07:2707:49船原峠07:5008:12棚場山08:1808:24吉奈峠08:38南無妙峠08:49土肥峠08:5209:22魂の山09:2309:46宇久須峠10:0010:10風早峠10:1110:31仁科峠10:3210:37仁科峠展望台10:4010:50後藤山11:02猫越岳展望台11:0611:09猫越岳山頂の池11:1011:14猫越岳11:1511:27猫越峠11:58ツゲ峠12:0512:21三蓋山の山名標識12:2412:27三蓋山12:45滑沢峠13:00二本杉峠(旧天城峠)13:0113:28古峠13:51天城山隧道13:56天城峠13:5914:05旧天城トンネル北口園地14:0914:13天城峠バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
猫越岳の少し手前で、薄茶で中型犬くらいの大きさの四つ足動物に遭遇。
咄嗟にイノシシかと思ったけど、すぐに逃げてしまったのでよく見えず確証はありません。(ただ、この辺り、猪料理をやっているところが多いのでやっぱりイノシシだったのかも…汗)
イノシシがいたところには2匹の抱き合った大きなカエルがいてダブルでビックリ!
コース状況/
危険箇所等
●道中に水場、トイレはなし。これからの時期は水は多めに持参のこと。

●戸田峠〜仁科峠
開放的な稜線歩きができる。整備された階段や道標が多く、西伊豆スカイラインと平行した道が続く。一部樹林帯もあり。

●仁科峠〜つげ峠
樹林帯の道が続く。途中に展望台や池がある。つげ峠手前から細いトラバース道が続くため要注意。

●つげ峠〜天城峠
ほとんどが落ち葉の積もった細いトラバース道。涸れた沢も出てくるが崩落しているところもあるため通行注意。

●参考サイト
http://www.trailrunning-ohkoku.jp/guide/izu-sanryo/
http://www.amagigoe.jp/images/hiking/pdf/map_izusan.pdf
その他周辺情報●ホテル滝亭(日帰り入浴750円)
http://www.takitei.net/
20時まで営業。ぬるつきのあるアルカリ性単純温泉。

●イズーラ修善寺
http://www.izuhakone.co.jp/shop/shuzenji/
修善寺駅構内にあるお土産屋+軽食できる施設
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

まずはだるま山高原レストハウスへ。ここでトイレや身支度を済ませます。ここにもバス停があるので、ここに車を停めてスタートも可能。
2018年04月29日 06:04撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはだるま山高原レストハウスへ。ここでトイレや身支度を済ませます。ここにもバス停があるので、ここに車を停めてスタートも可能。
3
奥の展望台からの景色。霞が強くぼんやりですが、素晴らしい眺め。
2018年04月29日 06:00撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の展望台からの景色。霞が強くぼんやりですが、素晴らしい眺め。
5
こんな風に見えます。
2018年04月29日 06:00撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな風に見えます。
1
だるま山高原レストハウスから車で3分程度で戸田峠に到着。駐車場とバス停があります(トイレはなし)。ここに車を停めてスタート!
2018年04月29日 06:14撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だるま山高原レストハウスから車で3分程度で戸田峠に到着。駐車場とバス停があります(トイレはなし)。ここに車を停めてスタート!
ガイドマップは品切れ中。
2018年04月29日 06:15撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガイドマップは品切れ中。
1
早速いい道が!
2018年04月29日 06:24撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速いい道が!
10
戸田港と戸田の街。
2018年04月29日 06:24撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸田港と戸田の街。
6
小達磨山。
2018年04月29日 06:32撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小達磨山。
1
ワクワクする景色。
2018年04月29日 06:36撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワクワクする景色。
4
西伊豆スカイラインを歩きます。
2018年04月29日 06:39撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西伊豆スカイラインを歩きます。
1
笹の道は丹沢並の階段地獄。
2018年04月29日 06:40撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の道は丹沢並の階段地獄。
5
振り返ると富士山がずっと見えます。雪減ったなぁ。
2018年04月29日 06:47撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると富士山がずっと見えます。雪減ったなぁ。
11
達磨山にとうちゃーく!
2018年04月29日 06:52撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達磨山にとうちゃーく!
6
気持ちいい〜!南アルプスも見えましたが霞んで上手く写らず…泣
2018年04月29日 06:53撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいい〜!南アルプスも見えましたが霞んで上手く写らず…泣
8
何度も振り返ってしまいます。
2018年04月29日 07:08撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も振り返ってしまいます。
6
古希山。小さなピークが次々と。
2018年04月29日 07:09撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古希山。小さなピークが次々と。
2
再び西伊豆スカイラインを歩き、小土肥駐車場を超えて車道脇に出てくる道標は伽藍山。影ピース。
2018年04月29日 07:20撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び西伊豆スカイラインを歩き、小土肥駐車場を超えて車道脇に出てくる道標は伽藍山。影ピース。
3
稜線上は風があるので涼しい!けど汗冷え注意。
2018年04月29日 07:21撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上は風があるので涼しい!けど汗冷え注意。
4
土肥駐車場を超え、右側に道標が出てくるまでしばらく西伊豆スカイラインの車道歩き。この時間はバイクが多い!
2018年04月29日 07:33撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土肥駐車場を超え、右側に道標が出てくるまでしばらく西伊豆スカイラインの車道歩き。この時間はバイクが多い!
2
馬酔木やヒメシャラが多い樹林帯。
2018年04月29日 07:46撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木やヒメシャラが多い樹林帯。
1
棚場山。ベンチがあります。
2018年04月29日 08:11撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棚場山。ベンチがあります。
2
今日の行動食。
2018年04月29日 08:13撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の行動食。
10
ミツバツツジの蕾。咲いているのもここまで結構ありました。
2018年04月29日 08:18撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジの蕾。咲いているのもここまで結構ありました。
3
吉奈峠。
2018年04月29日 08:23撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉奈峠。
新緑のいい道。
2018年04月29日 08:24撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑のいい道。
4
南無妙峠。
2018年04月29日 08:36撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南無妙峠。
仲のいい乞食の夫婦がここで行き倒れ、無縁の墓石を建てたのが南無妙峠の由来だそう。若いカップルがここに来ると、夫婦がやきもちを焼いて急にお腹が空いてくるそうです…何だかカワイイやきもち。笑
2018年04月29日 08:36撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仲のいい乞食の夫婦がここで行き倒れ、無縁の墓石を建てたのが南無妙峠の由来だそう。若いカップルがここに来ると、夫婦がやきもちを焼いて急にお腹が空いてくるそうです…何だかカワイイやきもち。笑
5
土肥峠。
2018年04月29日 08:48撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土肥峠。
なだらかな道はゆっくり走ります。
2018年04月29日 09:02撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな道はゆっくり走ります。
4
階段地獄再び!でも緑が気持ちいい。
2018年04月29日 09:07撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段地獄再び!でも緑が気持ちいい。
7
馬酔木の木もあちこちに。明るくなってきた。
2018年04月29日 09:14撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木の木もあちこちに。明るくなってきた。
4
馬酔木の赤い新芽が紅葉のよう。
2018年04月29日 09:19撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木の赤い新芽が紅葉のよう。
6
振り返ると雲がかかった富士山。
2018年04月29日 09:20撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると雲がかかった富士山。
3
どーんと1枚。
2018年04月29日 09:20撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どーんと1枚。
11
馬酔木のトンネルがあちこちに。
2018年04月29日 09:35撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木のトンネルがあちこちに。
5
開けていて気持ちいい道。
2018年04月29日 09:36撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けていて気持ちいい道。
6
ここにも美しく咲いたミツバツツジが。青空に映えます。
2018年04月29日 09:38撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも美しく咲いたミツバツツジが。青空に映えます。
7
どうやらこの辺りが魂の山(こんのやま。たましいのやまではない。)だったっぽい。眺めに感動してたら山頂標見落としました…泣
2018年04月29日 09:38撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやらこの辺りが魂の山(こんのやま。たましいのやまではない。)だったっぽい。眺めに感動してたら山頂標見落としました…泣
6
少し下って振り返る。
2018年04月29日 09:40撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下って振り返る。
4
笹原の道がずーっと延びる。
2018年04月29日 09:40撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の道がずーっと延びる。
3
そしてまた振り返る。最高です♪
2018年04月29日 09:43撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてまた振り返る。最高です♪
6
眼下に宇久須峠。気持ちいい稜線。
2018年04月29日 09:43撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に宇久須峠。気持ちいい稜線。
5
宇久須峠にとうちゃーく!ここには東屋があり、ベンチもたくさんあるので休憩に最適です。私も東屋の日陰でおにぎりのもぐもぐタイム。
2018年04月29日 09:45撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇久須峠にとうちゃーく!ここには東屋があり、ベンチもたくさんあるので休憩に最適です。私も東屋の日陰でおにぎりのもぐもぐタイム。
1
石仏に手を合わせます。
2018年04月29日 09:45撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石仏に手を合わせます。
8
宇久須峠を振り返ると歩いてきた笹の稜線が美しい。
2018年04月29日 10:00撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇久須峠を振り返ると歩いてきた笹の稜線が美しい。
6
ミツバツツジのピンクが混じった山肌。
2018年04月29日 10:06撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジのピンクが混じった山肌。
3
風早峠にもベンチあり。名前の通りここでは風が通り抜けて気持ちいい!
2018年04月29日 10:09撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風早峠にもベンチあり。名前の通りここでは風が通り抜けて気持ちいい!
ベンチに座ってこの景色を眺めながら小休憩。
2018年04月29日 10:09撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチに座ってこの景色を眺めながら小休憩。
3
青空最高!
2018年04月29日 10:22撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空最高!
5
鹿よけの柵沿いを歩く(走る?)。逆周りの方が後半の高低差は厳しいですが、富士山に向かって歩けるので楽しいかも。
2018年04月29日 10:24撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿よけの柵沿いを歩く(走る?)。逆周りの方が後半の高低差は厳しいですが、富士山に向かって歩けるので楽しいかも。
3
仁科峠にとうちゃーく!車でも来られる場所です。
2018年04月29日 10:31撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁科峠にとうちゃーく!車でも来られる場所です。
1
仁科峠から登りきったところの岩の上からの眺め。サイコー!
2018年04月29日 10:36撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁科峠から登りきったところの岩の上からの眺め。サイコー!
3
じみ〜に後藤山。
2018年04月29日 10:49撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じみ〜に後藤山。
1
猫越岳手前の展望台まではすぐ。
2018年04月29日 11:06撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫越岳手前の展望台まではすぐ。
展望台からの景色はこんな感じ。
2018年04月29日 11:05撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの景色はこんな感じ。
6
猫越岳近くにある池。かつて猫越火山がありここは火口湖と言われていたが、火口はすでに侵食されているため、溶岩でできた斜面にできた湖ということです。
2018年04月29日 11:08撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫越岳近くにある池。かつて猫越火山がありここは火口湖と言われていたが、火口はすでに侵食されているため、溶岩でできた斜面にできた湖ということです。
6
伊豆山稜線歩道の最高峰、猫越岳(ねっこだけ)。猫っぽさ全然なし。笑
2018年04月29日 11:13撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆山稜線歩道の最高峰、猫越岳(ねっこだけ)。猫っぽさ全然なし。笑
8
ブナが増えてきた樹林帯は新緑が眩しい。
2018年04月29日 11:19撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナが増えてきた樹林帯は新緑が眩しい。
6
猫越峠。なぜか灰皿がありました。
2018年04月29日 11:26撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫越峠。なぜか灰皿がありました。
1
ブナの原生林は巨木が多い。
2018年04月29日 11:28撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの原生林は巨木が多い。
7
この先こういった鉄製、木製の橋が崩落地にかかっています。細いトラバース道が増えてきます。
2018年04月29日 11:48撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先こういった鉄製、木製の橋が崩落地にかかっています。細いトラバース道が増えてきます。
つげ峠にいたご夫婦とおしゃべりしながらしばし休憩。行程残り約1/3で足がパンパンになってきた…汗
2018年04月29日 11:56撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つげ峠にいたご夫婦とおしゃべりしながらしばし休憩。行程残り約1/3で足がパンパンになってきた…汗
1
生きているブナと、サルノコシカケがついた立ち枯れたブナ。生と死が隣り合わせになった光景に登山や人生の本質を思う。
2018年04月29日 12:10撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生きているブナと、サルノコシカケがついた立ち枯れたブナ。生と死が隣り合わせになった光景に登山や人生の本質を思う。
6
三蓋山(みかさやま)。ここにもベンチがあり少し休憩。
2018年04月29日 12:19撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三蓋山(みかさやま)。ここにもベンチがあり少し休憩。
2
新緑がキラキラで気持ちいい!
2018年04月29日 12:19撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑がキラキラで気持ちいい!
6
これはマムシグサかな。
2018年04月29日 12:33撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはマムシグサかな。
1
三蓋山からの下りは走れると思いきや、ツルツルで滑るこの葉に埋め尽くされたトレイルばかりでほとんど走れません。トラバースも細く、急斜面で落ちたらケガは免れないので慎重になります。
2018年04月29日 12:34撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三蓋山からの下りは走れると思いきや、ツルツルで滑るこの葉に埋め尽くされたトレイルばかりでほとんど走れません。トラバースも細く、急斜面で落ちたらケガは免れないので慎重になります。
こんな崩落地も。とにかく気を使う道が続くので疲れる…。
2018年04月29日 12:39撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな崩落地も。とにかく気を使う道が続くので疲れる…。
3
ここは木の根っこをくぐります。
2018年04月29日 12:40撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは木の根っこをくぐります。
4
ようやく滑沢峠。
2018年04月29日 12:43撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく滑沢峠。
滑沢峠から少し進むと二本杉峠。東屋とベンチがあります。
2018年04月29日 12:59撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑沢峠から少し進むと二本杉峠。東屋とベンチがあります。
1
これが地名の由来の二本杉かな。
2018年04月29日 13:00撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが地名の由来の二本杉かな。
3
宗太郎園地方面は今は通行止めのようです。私は天城峠方面へ。でも実は予定していた道ではないところを歩いていたことに後で気づくことに。
2018年04月29日 13:01撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宗太郎園地方面は今は通行止めのようです。私は天城峠方面へ。でも実は予定していた道ではないところを歩いていたことに後で気づくことに。
1
なんと、ギンリョウソウに会えました!
2018年04月29日 13:04撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと、ギンリョウソウに会えました!
11
まさか見られると思っていなくて、うれしさのあまりここで思わず撮影大会。
2018年04月29日 13:07撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさか見られると思っていなくて、うれしさのあまりここで思わず撮影大会。
4
古峠。もう少しだけど相変わらず細いトラバースの道が続く。
2018年04月29日 13:26撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古峠。もう少しだけど相変わらず細いトラバースの道が続く。
久々に富士山に会えました〜!
2018年04月29日 13:42撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々に富士山に会えました〜!
3
天城峠にとうちゃーく!が、ここで予定の下山口ではないことが分かりガッカリ…(予定では道の駅「天城越え」に出てバスに乗る前にトイレを済ませるつもりだった)。ただ天城峠にもバス停があるし、気を取り直して天城トンネル方面へ向かいます。
2018年04月29日 13:50撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天城峠にとうちゃーく!が、ここで予定の下山口ではないことが分かりガッカリ…(予定では道の駅「天城越え」に出てバスに乗る前にトイレを済ませるつもりだった)。ただ天城峠にもバス停があるし、気を取り直して天城トンネル方面へ向かいます。
2
天城山隧道。ここにはトイレがあったので結果オーライ!逆に諦めてたこのトンネルが見られてよかったぁ。
2018年04月29日 14:04撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天城山隧道。ここにはトイレがあったので結果オーライ!逆に諦めてたこのトンネルが見られてよかったぁ。
13
渋すぎます。明治38年(1905年)開通。
2018年04月29日 14:07撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋すぎます。明治38年(1905年)開通。
5
石を積み上げる工法でできたトンネル。
2018年04月29日 14:07撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石を積み上げる工法でできたトンネル。
3
天城峠バス停から、一旦修善寺駅に向かいます。
2018年04月29日 14:14撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天城峠バス停から、一旦修善寺駅に向かいます。
2
小一時間ほどで修善寺駅に到着。
2018年04月29日 15:20撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小一時間ほどで修善寺駅に到着。
1
ここで戸田峠を通るバスに乗り換え。券売所で行き先を行ってチケット購入することもできます。
次の戸田行きのバスまで30分近く時間があるので腹ごしらえしたい…。
2018年04月29日 15:19撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで戸田峠を通るバスに乗り換え。券売所で行き先を行ってチケット購入することもできます。
次の戸田行きのバスまで30分近く時間があるので腹ごしらえしたい…。
1
駅構内のイズーラ修善寺で椎茸そばを。甘辛く煮た伊豆産の肉厚の椎茸が載っていて、疲れた身体に染み渡る〜!
2018年04月29日 15:23撮影 by DSC-W170, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅構内のイズーラ修善寺で椎茸そばを。甘辛く煮た伊豆産の肉厚の椎茸が載っていて、疲れた身体に染み渡る〜!
5
戸田峠で車を回収してからだるま山高原レストハウスで黒米ソフトを購入。この後、修善寺温泉で汗を流してから帰路に。
2018年04月29日 16:35撮影 by MHA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸田峠で車を回収してからだるま山高原レストハウスで黒米ソフトを購入。この後、修善寺温泉で汗を流してから帰路に。
11

感想/記録

伊豆トレイルジャーニーのコースの一部でもある伊豆山稜線歩道。
富士山の見える美しい笹の稜線を一度歩いてみたくて、今の自分にできるささやかなチャレンジ…GWなので思い切ってトレランスタイルで行ってみました。
日帰りで30km超えは初。行動可能時間を増やすために、戸田峠に車を停めて早朝スタートにします。

コース全域整備が行き届いていて、道標もしっかりあるので迷うところはありません。
途中までは西伊豆スカイラインと平行しているので何となく安心感もあります。
開放的な稜線歩きと馬酔木のトンネルやヒメシャラ、ブナの森広がる樹林帯を楽しむことができました。

ただ、つげ峠の手前からトラバース道が増え、三蓋山以降はツルツルの落ち葉にも足を取られ、崩落地も増えていくので慎重に歩く道が続きます。
景色を楽しむのなら仁科峠あたりまでで、富士山と稜線を見ながら歩ける今回の逆回りの方がいいかもしれません。

帰りは東名の大渋滞にやられ、途中下道を使いつつ空いた道を遠回りして結局4時間半かかり帰着。
疲れたけどやり切った感の強いGWの始まりになりました!
訪問者数:519人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/1/15
投稿数: 1533
2018/4/30 12:53
 お疲れさまー
umicoさん、こんにちは!

今回はトレランですかっ(・ω・)
でも新緑と景色の良い稜線を楽しめたようで何よりです。
行動食をちゅーちゅー吸ってる姿を想像するとなかなかワイルドっすw

中型犬くらいの四つ足動物となると、イノシシかもしれないですね。
(はい、ワタシも伊豆の出身でござーます)
ご無事で何より!
登録日: 2016/5/13
投稿数: 777
2018/4/30 14:13
 ぜひぜひ!
umico721さん、こんにちは。
エイドもなくこの暑さの中を30劼眩ってくるとは…ひとりプチITJなんて言わずに、本物のITJに参加してくださいよ〜。
今年はもう間に合わないと思うので、来年応援にいきますよ!
登録日: 2014/11/14
投稿数: 1080
2018/4/30 19:05
 Re: お疲れさまー
renswhさん、こんばんは😊

トレランとは名ばかりの単なるスピードハイクでした💦
でも身軽に稜線歩きができたのは気持ちよかったです〜!
行動食、ワイルドだろぉ(古い…すみません。笑)
ショルダーポケットに突っ込んでおくだけでゴミも出ないのでなかなか便利なのです。

やっぱりあれはイノシシだったのか…一瞬アセりましたが逃げてくれてよかったです。
咄嗟にはなにもできませんでした。
これがクマさんだったらと思うと震えます💦

renさんは伊豆産なのですね💡伊豆、とってもいいところですね〜✨
登録日: 2014/11/14
投稿数: 1080
2018/4/30 19:10
 Re: ぜひぜひ!
yomo-nyanさん、こんばんは😊

ほぼ歩きのスピードハイクでしたが、なんとか30km踏破できました
でもホンモノのITJはこの倍以上の距離…出るならちゃんとトレーニング、いや、その前にダイエットしなきゃ💦
ただ達成感が気持ちいいので、これからも少しずつ長い距離を挟んでいけたらいいなぁ。
いつかはITJ✨その時は私の鬼マネもよろしくね!笑

今日は意外に上半身も筋肉痛です😅
登録日: 2011/4/30
投稿数: 805
2018/4/30 19:12
 伊豆トレイルジャーニー
umicoさん!こんばんは〜(*^_^*)

ITJ、何のことが分からず検索しました!
すごいっ!走っちゃったんですね!!
金冠山から達磨山を歩いた時に昼食をいただいたお店のおかみさんが
「走る大会があるよ」とおっしゃってました。

伊豆スカイラインからの階段はかなりの数でした、指標の下でしたか、数字が書いてあったように思います。
笹原、新緑のブナ、歴史を感じる建物と盛りだくさんの風景・景色も感じながら完走、
お疲れさまでした!
登録日: 2014/11/14
投稿数: 1080
2018/4/30 19:25
 Re: 伊豆トレイルジャーニー
asariさん、こんばんは😊

ITJの笹の稜線を見て、歩いてみたいと思い行ってみました!
(昨年Yomoさんが出場されてたんですよ!)
カテゴリをトレランにしましたが、実際のところは走るというより早歩きでした💦

金冠山も眺望がいいそうですね!
行ってみて分かりましたが、笹の稜線歩きなら金冠山から仁科峠で充分でした。笑
今度は逆回りで、富士山を見ながら歩いてみたいです

丹沢並の階段地獄、数字が書いてあったのは気づきませんでした…😅
進むごとに植生が変わってブナが増え、新緑がキラキラしてました
見どころ盛りだくさんでなかなかいいコースでした✨
登録日: 2013/12/17
投稿数: 1120
2018/5/1 0:22
 長い!
umico721さん、こんばんは、

凄いことをやってるね。30kmオーバーとは驚き!
20km超ぐらいまでならあるとは思うけど、30kmを超えるとは。歩いている最中に足が痛くなってくるレベルのような・・・。

30kmはあまりに長いけど、ルートは素晴らしいですね。
特に前半の笹原の部分は、丹沢山ー蛭ヶ岳を思い起こさせるような感じのうえに伸びやかで気持ちよく歩けそう。

抱き合った大きなカエルを見たかったな。

帰りは沼津周り?それとも真鶴経由?
登録日: 2014/11/14
投稿数: 1080
2018/5/1 5:23
 Re: 長い!
takatan_tさん、おはようございます😄

確かに今回長かったですし、アップダウンもあってきつかったですが、やり切った感があります✌
憧れのルートを歩けた喜びもありましたが、後半のトラバース続きには辟易でした💦
まさに丹沢山〜蛭ヶ岳のような笹原に伸びる道、気持ちよく歩けました🎶

カエルの写真はビビって撮れず…😅
帰りは沼津経由でしたが、結局平塚方面まで下ったので真鶴経由にすればよかったです。
登録日: 2017/2/6
投稿数: 292
2018/5/1 23:12
 凄い!!
umicoさん、こんばんは。

この暑さの中、30キロは驚きです😲
しかもトレラン。早歩きにしても私には無理です。長く歩くと足の裏が痛くなっちゃうのよね〜。って長くなくてもすぐ痛くなっちゃう時もあるけど。
こんな素敵なところだったら足の痛みも気にならずに歩けそう。でもやっぱり30キロは無理だわ〜
私もいつかチャレンジできるようになったらいいなと思います。
登録日: 2014/11/14
投稿数: 1080
2018/5/3 12:19
 Re: 凄い!!
Etsunoさん、こんにちは😊

トレランと言っても走りっぱなしではなく、荷が軽い分楽に歩けるという感じです。
途中水場やトイレがないのがツライのですが、山奥深いところではないのでエスケープもできます。
この季節、やはりずっと先まで見える稜線を歩くのは気持ちがいいです✨富士山も見えますしね
Etsunoさんの脚力ならたぶん余裕で歩き切れると思いますよ
足が痛くても長い距離をあのスピードで歩けるのはスゴイです!
ホント、ステキなところだったので、ぜひぜひ行ってみてください!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ