また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1442062 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

祝・復活!上高地ハイキング

日程 2018年04月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
岐阜県側・あかんだな駐車場よりシャトルバスで30分。駐車料金は600円。上高地バスターミナルまでのシャトルバスは往復で2050円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
車道にも遊歩道にも雪はなし。
その他周辺情報新平湯温泉・平湯温泉など多数。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖Tシャツ 長ズボン ベスト サングラス 日よけ帽子

写真

9時半過ぎのあかんだな駐車場。思いのほか空いていました。ここからシャトルバスで上高地へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時半過ぎのあかんだな駐車場。思いのほか空いていました。ここからシャトルバスで上高地へ。
2
大正池付近は人が多かったので、今日は上高地バスターミナルから出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大正池付近は人が多かったので、今日は上高地バスターミナルから出発。
2
予想通り雪は少ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想通り雪は少ない。
3
河童橋。渡らずにキャンプ場経由の道を取る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋。渡らずにキャンプ場経由の道を取る。
3
明神に到着。ここまで快調。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神に到着。ここまで快調。
3
休まず徳沢へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休まず徳沢へ向かう。
2
花を発見。この時季は数少ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花を発見。この時季は数少ない。
1
北欧の森みたいな風景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北欧の森みたいな風景。
1
左手にずっと槍ヶ岳が見えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手にずっと槍ヶ岳が見えている。
1
徳沢に到着。テントがいっぱい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢に到着。テントがいっぱい。
2
特澤園のカレーとコーヒー。店内はアイリッシュパブ風。ここで呑んでみたい…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特澤園のカレーとコーヒー。店内はアイリッシュパブ風。ここで呑んでみたい…
2
明神橋の上から眺めた槍。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神橋の上から眺めた槍。
猿がすぐそばを通る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿がすぐそばを通る。
2
明神橋が遠くなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神橋が遠くなる。
1
この黄色いカエル、あちこちにいて、保護色だから踏んづけそうになる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この黄色いカエル、あちこちにいて、保護色だから踏んづけそうになる。
3
この山の名前は何だろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山の名前は何だろう?
2
体長12センチほどのイワナが泳いでいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体長12センチほどのイワナが泳いでいた。
1
河童橋の上から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋の上から。
2
河童橋にはたくさんの人。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋にはたくさんの人。
1
それではまた来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それではまた来ます。
2

感想/記録

昨年8月の交通事故以来、1時間程度のハイキングしかできず、すっかり身体が重くなってしまいました。左足のケガの影響がどのくらいか、また靴も買い換えたので、まずは遭難の心配がない場所で、慣らし運転をしようということになりました。

前日は新平湯の旅館に泊まって、しっかり朝ごはんを食べてからの出発でしたので、
行きはほぼ休憩なしで徳沢までガシガシ歩きました。大正池からスタートしなかったのは、昨年5月に来た時、前日呑みすぎて徳沢にたどり着けず、徳澤園でカレーを食べられなかったから。今回ようやくその宿題を果たすことができました(笑)。

帰りはかなり脚にきて筋肉痛になり、指にもマメができてしまいました。やはりブランクは大きかったです。今年は頑張って再び3000mクラスの山に挑戦したいです。
訪問者数:217人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ