また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1442250 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

大無間山 田代からピストン

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間11分
休憩
40分
合計
9時間51分
S諏訪神社06:2306:59雷段07:0008:20小無間小屋08:3208:54P309:13P209:23P110:07小無間山10:1810:29唐松谷の頭10:3010:49中無間山10:5011:55大無間山12:0712:54中無間山13:15唐松谷の頭13:26小無間山13:2713:59P114:10P214:27P314:46小無間小屋15:48雷段16:12諏訪神社16:1316:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道は全体的に想像以上に明瞭で安心して歩けました。

落ち葉や枯れ枝に埋もれていて不明瞭な箇所は確かにありましたが、あれ?と思ったら周りをよく見るとリボンやテープがあるので不安は感じませんでした。
崩壊地。ナイフリッジと言われている所、思ったより幅あります。最初の一歩目が崩れやすかったです。ロープはしっかりしてますが慎重に使って通過しました。
ただ下は見ない方がいいと思います。ロープの部分が終わるとガレのふちの林の中を進みますが、ここが急で手も使って全身で這い上がって行く感じになるのでこちらの方が大変でした(登りも下りも)
大無間山手前のルートは雪に埋もれてましたが、踏み抜き跡や踏み跡がついているので、それを追って行けば問題なかったです。頂上には雪がなかったので、のんびり座る事が出来ます。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

県道189号線。富士見峠手前の朝日と富士山。
2018年04月29日 05:23撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道189号線。富士見峠手前の朝日と富士山。
2
富士見峠の展望台から。朝の大無間、大きい。
2018年04月29日 05:27撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠の展望台から。朝の大無間、大きい。
3
南アルプスの皆様も朝日で紅く染まってました。
2018年04月29日 05:27撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの皆様も朝日で紅く染まってました。
4
神社の鳥居をくぐってスタート。
2018年04月29日 06:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の鳥居をくぐってスタート。
1
一旦林道を横切って階段を登って行きます。
2018年04月29日 06:27撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦林道を横切って階段を登って行きます。
注意書き。
2018年04月29日 06:27撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注意書き。
広い道を少し行くと登山届の小屋があります。広い道とは分かれて小屋の左横の細い道が登山道です。
2018年04月29日 06:33撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い道を少し行くと登山届の小屋があります。広い道とは分かれて小屋の左横の細い道が登山道です。
1
鉄塔の下を通過。
2018年04月29日 06:43撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔の下を通過。
青テープが巻かれた木が現れると
2018年04月29日 06:58撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青テープが巻かれた木が現れると
雷段。道は看板の後ろから来て、直角に曲がって看板の前を通ります。
2018年04月29日 07:00撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷段。道は看板の後ろから来て、直角に曲がって看板の前を通ります。
明るい林を進みます。
2018年04月29日 07:16撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい林を進みます。
贈田中さんの標識が全行程の要所に付けられていました。
2018年04月29日 07:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
贈田中さんの標識が全行程の要所に付けられていました。
2
この辺の標高辺りは咲いてましたが、少し上だとまだ蕾。さらに上は葉っぱだけでした。徐々に開花前線を上げて行くのでしょう。
2018年04月29日 07:35撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺の標高辺りは咲いてましたが、少し上だとまだ蕾。さらに上は葉っぱだけでした。徐々に開花前線を上げて行くのでしょう。
2
急坂になっています。
2018年04月29日 07:55撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂になっています。
喰われてる看板
2018年04月29日 08:08撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喰われてる看板
突然大岩が現れると小無間小屋です。
2018年04月29日 08:17撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然大岩が現れると小無間小屋です。
大岩の裏側広い平坦地になっています。
2018年04月29日 08:20撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の裏側広い平坦地になっています。
1
小無間小屋
2018年04月29日 08:33撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小無間小屋
1
小屋内部
2018年04月29日 08:33撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋内部
4
小屋を過ぎると鋸歯のアップダウンが始まります。尾根も細くなります。
2018年04月29日 08:38撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋を過ぎると鋸歯のアップダウンが始まります。尾根も細くなります。
3
富士山も所々で見えます。
2018年04月29日 08:52撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も所々で見えます。
3
ピークを見上げて。
2018年04月29日 08:59撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを見上げて。
1
下って、コル。
2018年04月29日 09:01撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って、コル。
1
またピーク。何回もアップダウンを超えて。
2018年04月29日 09:13撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またピーク。何回もアップダウンを超えて。
ついにボス登場。
2018年04月29日 09:25撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついにボス登場。
6
突入前に富士山。見納めにならないようにW
2018年04月29日 09:30撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突入前に富士山。見納めにならないようにW
2
もう一回見とこ。
2018年04月29日 09:30撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一回見とこ。
3
一歩目がズルっとしました。
2018年04月29日 09:31撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一歩目がズルっとしました。
5
突破を富士山に報告。
2018年04月29日 09:35撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突破を富士山に報告。
5
この青い物がある地点が崩壊地の大体一番上の辺りになります。
2018年04月29日 09:42撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この青い物がある地点が崩壊地の大体一番上の辺りになります。
5
小無間山が近くに。
2018年04月29日 09:55撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小無間山が近くに。
小無間山。樹林帯の中なので展望はありません。
2018年04月29日 10:07撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小無間山。樹林帯の中なので展望はありません。
3
中無間に向かう途中の唐松谷の頭のガレ地から。
2018年04月29日 10:30撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中無間に向かう途中の唐松谷の頭のガレ地から。
3
中無間山のすぐ手前。ここ左へ。
2018年04月29日 10:49撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中無間山のすぐ手前。ここ左へ。
すぐ中無間山。大無間山のレコに必ずと言っていいほど出てくる標識。
2018年04月29日 10:50撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ中無間山。大無間山のレコに必ずと言っていいほど出てくる標識。
2
雪が出て来ました。
2018年04月29日 10:59撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が出て来ました。
富士山。手前のガレはさっき通って来た唐松谷の頭のガレ。
2018年04月29日 11:26撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。手前のガレはさっき通って来た唐松谷の頭のガレ。
2
展望開けてる所もあります。
2018年04月29日 11:29撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望開けてる所もあります。
1
南の皆様。手前の大根沢山の長い尾根。現地で見ると大無間山とこの尾根を周回する人ってすごいなぁってつくづく感じました。
2018年04月29日 11:30撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の皆様。手前の大根沢山の長い尾根。現地で見ると大無間山とこの尾根を周回する人ってすごいなぁってつくづく感じました。
3
こんなに雪が残ってるとは思わなかった。
2018年04月29日 11:36撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに雪が残ってるとは思わなかった。
1
大無間山到着。やったー!って気分。
2018年04月29日 11:49撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大無間山到着。やったー!って気分。
4
頂上の様子。
2018年04月29日 11:50撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の様子。
1
写真に写る事嫌いなので自分を撮ることないんですが、登頂がうれしくて、これは記念に残さなきゃって思って初めて撮ってもらいました。期間限定公開W消すかも。
2018年04月29日 12:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真に写る事嫌いなので自分を撮ることないんですが、登頂がうれしくて、これは記念に残さなきゃって思って初めて撮ってもらいました。期間限定公開W消すかも。
9
帰り中無間山通過。
2018年04月29日 12:53撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り中無間山通過。
帰り。大無間山、またねえ。
2018年04月29日 13:12撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り。大無間山、またねえ。
2
帰りの崩壊地を見下ろして。
2018年04月29日 13:44撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの崩壊地を見下ろして。
2
慎重に通過。
2018年04月29日 13:52撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に通過。
2
また鋸歯のアップダウン。
2018年04月29日 14:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また鋸歯のアップダウン。
取付きのロープあるピークの登り返しが一番きつかった。
2018年04月29日 14:19撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付きのロープあるピークの登り返しが一番きつかった。
1
小無間小屋の広場。
2018年04月29日 14:47撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小無間小屋の広場。
雷段。直進するしっかりした道に入らず、ここは細い道を左折。
2018年04月29日 15:49撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷段。直進するしっかりした道に入らず、ここは細い道を左折。
1
登山届の小屋の裏側から降りて来ます。
2018年04月29日 16:07撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届の小屋の裏側から降りて来ます。
ゴール。
2018年04月29日 16:14撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール。
2
鳥居のすぐ脇に湧水があります。お賽銭入れてペットボトルにいただいて来ました。
2018年04月29日 16:18撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居のすぐ脇に湧水があります。お賽銭入れてペットボトルにいただいて来ました。
4
南アルプスユネスコエコパーク井川ビジターセンターに寄りましたが営業時間過ぎてました。静岡といえばちびまる子ちゃん。
2018年04月29日 16:43撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスユネスコエコパーク井川ビジターセンターに寄りましたが営業時間過ぎてました。静岡といえばちびまる子ちゃん。
2
井川ダム見て帰りました。
2018年04月29日 16:52撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井川ダム見て帰りました。
3

感想/記録

むか〜し昔、19か20歳の時、3月の残雪期に寸又峡温泉側から大無間山に登った事あったのですごく久しぶりの大無間になりました。
また行かなきゃなって目標の一つにしていました。
若い時は勢いだけで行ちゃったけど、鋸歯のアップダウン・・小無間の崩壊地・・大無間って強面のイメージがあって今の自分に行けるかなってずっと躊躇していました。
でも、案ずるより産むが易し。小無間の崩壊地は、千頭ダムより先の崩壊した林道のトラバースの方が数段怖かった。
今回はベストコンディションに恵まれたので、優しい(←難易度的にではないです)大無間山の顔を見る事が出来ました。大満足。
訪問者数:794人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ