また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1449691 全員に公開 ハイキング甲信越

岩殿山〜百蔵山〜扇山(富士山鑑賞の旅)

日程 2018年04月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
リパーク大月駅北(24時間600円)を起点に扇山から鳥沢駅に下山しJRで大月駅に戻った。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間20分
休憩
1時間5分
合計
10時間25分
S大月駅04:5005:20浅利登山口06:05稚児落し06:25天神山07:45岩殿山08:0008:35岩殿山登山口09:05福泉寺前バス停10:00金比羅宮10:42大同山10:55百蔵山11:3012:00宮谷分岐13:30扇山13:4515:15鳥沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
扇山からは山谷を経由して下山
コース状況/
危険箇所等
岩殿山には西側の登山口(浅利)から入山したが低山だからか赤テープなど見かけず、また、岩の上を歩いたり、鎖を使って段差を降りたりと満足感が高い(注意すれば危険なことは無い)。また、現時点では「鎖場の巻き道あり」となっていますが、山中案内では「巻き道は途中崩壊」となっているため鎖場しか選択肢が無い。
岩殿山下山は東登山口へのルートは崩壊で通行止めのため「ふれあいの館」に向けて下山。
その他周辺情報山バッチ(600円)は大月駅前の観光案内所でのみ販売(岩殿山、高川山?)。また、12山の山頂標識「秀麗富嶽十二景 ○番山頂」をかたどったストラップ(600円)が販売されていました。
他の「10山の山バッチ」や「12山を記した暖簾や手ぬぐい」も作りたいのだけれど予算が無くて作れないのよ〜ごめんなさいね。。。とのことでした。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 計画書 ヘッドランプ 予備電池 常備薬 携帯 時計 タオル ストック カメラ
共同装備 地図(地形図) コンパス 筆記用具 ファーストエイドキット ツェルト
備考 クエン酸を溶かしたもの+予備の水分は2リットル持ったが丁度飲み切ってしまった。行程の長さと気温(低山なので気温は高め)のバランスを読み誤った。これからますます水分が必要な季節になるので、細心の注意を払って準備をする必要がある。

写真

大月駅前でストレッチして、いざ!スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月駅前でストレッチして、いざ!スタート
駅前の観光案内図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前の観光案内図
本日の三山(岩殿、百蔵、扇)部分の拡大写真
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の三山(岩殿、百蔵、扇)部分の拡大写真
本日は、西側の登山口から入ります。まずは浅利橋を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は、西側の登山口から入ります。まずは浅利橋を目指す。
ここまで舗装路を登ってきましたが、いよいよ山中に入ります。次の目標は「稚児落し」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで舗装路を登ってきましたが、いよいよ山中に入ります。次の目標は「稚児落し」
まだまだ舗装路でした。ここは標識に従って右の道へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ舗装路でした。ここは標識に従って右の道へ
「稚児落し 表通り(一般ルート)」とありますが、一般ではないルートがどこにあるかは分からず。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「稚児落し 表通り(一般ルート)」とありますが、一般ではないルートがどこにあるかは分からず。。。
今度こそ本当に山中へ。もちろん岩殿山を目指して。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度こそ本当に山中へ。もちろん岩殿山を目指して。
こんな岩の上も歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩の上も歩きます。
山つつじが咲いていました。この後、度々目にします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山つつじが咲いていました。この後、度々目にします。
「これより 稚児落し」・・・期待が膨らみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「これより 稚児落し」・・・期待が膨らみます。
ドキドキしてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドキドキしてきました。
また、岩の上を歩くようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、岩の上を歩くようです。
岩壁が見えてきました。かなり下まで切れ落ちています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁が見えてきました。かなり下まで切れ落ちています。
これ以上、前に・・・出れない。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ以上、前に・・・出れない。。。
この2号/3号の意味が理解できず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この2号/3号の意味が理解できず。
先ほどは、この岩壁の上を歩いていた訳です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどは、この岩壁の上を歩いていた訳です。
もう一度見ておきましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度見ておきましょう。
危険地帯は抜けたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険地帯は抜けたようです。
山つつじさんは、きれいだ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山つつじさんは、きれいだ〜
天神山まできました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神山まできました。
岩殿山には2ルートあるようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩殿山には2ルートあるようです。
これでは「林間コース」は選べませんね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これでは「林間コース」は選べませんね。
間もなく「クサリ場」との案内が。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなく「クサリ場」との案内が。。。
下が見えませんが、ここを降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下が見えませんが、ここを降ります。
一難去ってまた一難です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一難去ってまた一難です。
まだまだ、降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ、降ります。
今度は岩壁をクサリというより鉄棒を伝って横切ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は岩壁をクサリというより鉄棒を伝って横切ります。
こんな幅感覚です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな幅感覚です。
一歩一歩しっかりと鉄棒に掴まって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一歩一歩しっかりと鉄棒に掴まって
林間コースの合流地点にも”崩落”とありますから、やはり回避して良かったようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林間コースの合流地点にも”崩落”とありますから、やはり回避して良かったようです。
また、クサリ場のようですが、何故かここだけ漢字で「鎖」となっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、クサリ場のようですが、何故かここだけ漢字で「鎖」となっています。
こんなところを降りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところを降りました。
岩殿山の城址のはずれにやってきたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩殿山の城址のはずれにやってきたようです。
城門に進み入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城門に進み入ります。
雲一つない富士山のお目見えです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲一つない富士山のお目見えです。
岩殿山の展望所に「秀麗富嶽十二景」の標識がありました。山頂はもう少し先のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩殿山の展望所に「秀麗富嶽十二景」の標識がありました。山頂はもう少し先のようです。
その前に、岩殿城の歴史を勉強します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その前に、岩殿城の歴史を勉強します。
本当の山頂はアンテナの裏にこっそりとありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当の山頂はアンテナの裏にこっそりとありました。
東登山口に至るルートは通行禁止です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東登山口に至るルートは通行禁止です。
下山前に改めて富士山を眺めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山前に改めて富士山を眺めます。
「ふれあいの館」に向かっての下山路は人工の舗道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ふれあいの館」に向かっての下山路は人工の舗道です。
「ふれいあの館」から見た富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ふれいあの館」から見た富士山
車道に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出ました。
この辺りから百蔵山に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから百蔵山に向かいます
こんなゆるい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなゆるい感じです。
いざ、百蔵山へ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ、百蔵山へ!!
この山は花が咲き始めていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山は花が咲き始めていました。
この辺りにもつつじが咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りにもつつじが咲いています。
百蔵山・山頂です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百蔵山・山頂です
富士山に雲がかかってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山に雲がかかってきました。
山桜が残っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山桜が残っていました。
扇山・山頂です。だいぶ疲れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇山・山頂です。だいぶ疲れています。
鳥沢駅に下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥沢駅に下山します。
陽射しにもよると思いますが、場所によって輝きが異なります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽射しにもよると思いますが、場所によって輝きが異なります。
群生地!?だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群生地!?だそうです。
山肌が崩落して整備された道路が完全に埋まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山肌が崩落して整備された道路が完全に埋まっています。
駅近道とあります。疲れているので素直に従うこととします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅近道とあります。疲れているので素直に従うこととします。
またまた、「近道」の表示が・・・有り難い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた、「近道」の表示が・・・有り難い。
あと3Km。大分近づきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと3Km。大分近づきました。
と、思ったら。。。中々近づきません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と、思ったら。。。中々近づきません。
ようやく鳥沢駅に到着。あとはJRで大月駅に戻るだけです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく鳥沢駅に到着。あとはJRで大月駅に戻るだけです。

感想/記録

天気の良い日でしたが、岩殿山でしっかりと見えていた富士山は、百蔵山で雲がかかり始め扇山からの眺望は得られませんでしたので、眺望が良いと言われる犬目丸まで行かずに鳥沢駅に下山しました。約10時間の行程の疲れもありましたが。。。
1日で十二景の三山を巡ることができましたので満足感がありました。
初めての稚児落しは、稚児落しの途中を鎖を頼りに歩くのかとビビりながら向かいましたが、そんなこともなく景観として堪能させていただきました。
訪問者数:170人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ