また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1453047 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

大山 ネクタイ尾根

日程 2018年05月05日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:伊勢原から七沢行きバス 広沢寺温泉入口下車
帰り:蓑毛から秦野行きバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間23分
休憩
54分
合計
6時間17分
S広沢寺温泉入口07:3207:42河鹿ノ沢07:47広沢寺温泉駐車場07:53大沢川 トイレ08:11二の足林道ゲート08:17山の神沢広場08:39不動尻08:4709:36唐沢峠09:5410:36ネクタイ尾根(通称)10:3711:50大山12:1612:2625丁目12:3620丁目12:4216丁目12:4312:59西の峠13:48蓑毛13:49蓑毛バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ネクタイ尾根は目印となるテープはほとんどありませんでした。
ただ、登りの場合はあまり迷う様なところはないと思います。
他は特に危険なところはありません。

写真

広沢寺温泉入口バス停近くのセブンイレブン。
ここでお昼ご飯を調達して出発します。
2018年05月05日 07:50撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広沢寺温泉入口バス停近くのセブンイレブン。
ここでお昼ご飯を調達して出発します。
ゲートがあります。ここまでは車で上がってくることができそうです。
2018年05月05日 08:29撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートがあります。ここまでは車で上がってくることができそうです。
しばらくはアスファルトの道路を歩いて行きます。
途中にトンネルがあります。
2018年05月05日 08:26撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくはアスファルトの道路を歩いて行きます。
途中にトンネルがあります。
不動尻を過ぎると唐沢峠まで本格的な登りになります。
2018年05月05日 09:03撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尻を過ぎると唐沢峠まで本格的な登りになります。
唐沢峠まで登ると休憩ポイントがあります。
ここで休憩。
2018年05月05日 10:00撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢峠まで登ると休憩ポイントがあります。
ここで休憩。
前はここに東屋がありましたが、今回は無くなっていました。
解体された様です。
2018年05月05日 10:00撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前はここに東屋がありましたが、今回は無くなっていました。
解体された様です。
1
東屋を解体した廃材の裏に山林管理道があります。
ネクタイ尾根へはまずこの管理道を下って石尊沢におります。
2018年05月05日 10:09撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋を解体した廃材の裏に山林管理道があります。
ネクタイ尾根へはまずこの管理道を下って石尊沢におります。
1
降りていく途中で大山の山頂が見えました。
2018年05月05日 10:16撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りていく途中で大山の山頂が見えました。
沢に降りると堰堤があります。
私たちは少し上流で反対岸の鹿柵があるところへ
上がりました。
2018年05月05日 10:10撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に降りると堰堤があります。
私たちは少し上流で反対岸の鹿柵があるところへ
上がりました。
そして、鹿柵沿いに上流に向かって歩いて行きます。
2018年05月05日 10:12撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、鹿柵沿いに上流に向かって歩いて行きます。
途中、崩落しているところがあります。
2018年05月05日 10:16撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、崩落しているところがあります。
鹿柵は途中で折り返しているとこがあります。そこも鹿柵沿いに歩いて行くと尾根に入る階段がありました。この階段を上がって行きます。
2018年05月05日 10:19撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵は途中で折り返しているとこがあります。そこも鹿柵沿いに歩いて行くと尾根に入る階段がありました。この階段を上がって行きます。
1
少し歩くとテープがありました。
尾根では全部で4つのテープを見つけることができました。
2018年05月05日 10:33撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し歩くとテープがありました。
尾根では全部で4つのテープを見つけることができました。
1
2つ目のテープ
2018年05月05日 10:39撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ目のテープ
途中でシロヤシオが咲いていました。
今回の行程ではシロヤシオは見れないと思っていたのでちょっと嬉しかった。
2018年05月05日 10:30撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でシロヤシオが咲いていました。
今回の行程ではシロヤシオは見れないと思っていたのでちょっと嬉しかった。
2
3つ目は紫のテープ。
2018年05月05日 11:13撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3つ目は紫のテープ。
4つ目は黄色のテープ。このテープのすぐ上にモノレールがあります。
2018年05月05日 11:18撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4つ目は黄色のテープ。このテープのすぐ上にモノレールがあります。
モノレール。これで北尾根に合流。
2018年05月05日 11:19撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレール。これで北尾根に合流。
大山までは北尾根を少し歩きます。
富士山と塔ノ岳が見えます。
2018年05月05日 11:52撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山までは北尾根を少し歩きます。
富士山と塔ノ岳が見えます。
1
この脚立を登って柵を越えれば大山。
ここまではほとんど人に会いませんでしたがこの柵を越えると大賑わいでした。
2018年05月05日 11:55撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この脚立を登って柵を越えれば大山。
ここまではほとんど人に会いませんでしたがこの柵を越えると大賑わいでした。
あまりの人で下山の写真はなし。
蓑毛まで降りてわんこの写真。
2018年05月05日 14:07撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりの人で下山の写真はなし。
蓑毛まで降りてわんこの写真。
1
そしてコーラを飲んでバスで秦野駅へ。
2018年05月05日 14:08撮影 by EX-ZR1300 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてコーラを飲んでバスで秦野駅へ。
1

感想/記録
by knuma

今年最初の山登り。
前から気になっていたネクタイ尾根で大山に行くことにしました。
ネットで色々と調べてみると、もうネクタイは無くっているとのこと。
また、取り付きが判りにくいということなので入念に下調べして行きました。

ヤマレコなどで色々と情報収集した結果、迷うことなく尾根に取り付き、登る
ことができました。バリエーションルートのため途中、テープなどの目印も
ほとんどありませんでしたが登りの場合、尾根に取り付いてしまえばあまり
迷うことはないと感じました。ただ、登山道が整備されている訳ではないので
直登的に登ることが多く、結構な急登という感じです。まぁまぁ疲れました。

広沢寺からネクタイ尾根を登って大山まではほとんど人に会うことはありませ
んでしたが、大山は一変して大賑わい。
トイレも長蛇の列、山頂も人でいっぱいでした。さすがゴールデンウィーク。

当初は下社に降りてバスで伊勢原駅へと考えていましたが、予定変更。
蓑毛に降りて秦野駅に行くことにしました。下社までの分岐はさすがにたくさん
の方が歩いていましたが、分岐を蓑毛方面に行くと静か。
蓑毛からのバスも座れて正解でした。
訪問者数:124人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ