また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1462538 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

酉谷山、天目山、蕎麦粒山!トリテンソバ!

日程 2018年05月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
さわらびの湯、名栗湖を左に見ながら逆川林道をひたすら登り、有馬峠に停めさせていただきました。4/30から飯能方面からに加えてこちらからも通れるようになったようです。全面舗装道路なので意外と走りやすいです。峠は14-5台は停めれそうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間27分
休憩
38分
合計
7時間5分
S有間峠06:0706:16仁田山06:1606:31新秩父線51号鉄塔06:3106:42オハヤシの頭06:4206:51桂谷ノ峰06:5107:10蕎麦粒山07:1407:36棒杭ノ頭07:3607:52一杯水07:5207:56一杯水避難小屋07:5608:12ハンギョウノ頭(板形ノ峰)08:1208:18ハナド岩08:2008:24大栗山08:2509:00坊主山(割谷ノ峰)09:0009:11酉谷山避難小屋09:1609:18酉谷峠09:1809:25酉谷山09:4509:51酉谷峠09:5110:05坊主山(割谷ノ峰)10:0510:21七跳山(犬麦スダレノ峰)10:2110:38大栗山10:3910:42ハナド岩10:4310:48ハンギョウノ頭(板形ノ峰)10:4810:59天目山10:5911:13一杯水避難小屋11:1411:17一杯水11:1711:29棒坑尾根分岐11:2911:43仙元峠11:4311:52蕎麦粒山11:5212:10桂谷ノ峰12:1012:18オハヤシの頭12:1812:22日向沢ノ峰12:2312:34新秩父線51号鉄塔12:3412:48仁田山12:4813:09仁田山13:1213:16有間峠13:1713:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道標が多く、整備されているので迷うことはありません。自分は最後にルートミスしてしまいましたが。
また県境の主稜線はアップダウンありますが巻道もありますので疲れ具合で選択可能です。危険箇所もありません。
その他周辺情報さわらびの湯で汗を流せます。この辺りは棒の峯や川苔山など人気の山が沢山ありますので登山客ご多いですね。
過去天気図(気象庁) 2018年05月の天気図 [pdf]

写真

文明の利器で高度を稼いで、有馬峠から出発です。6時前に到着しましたが既に4台停まってました。
2018年05月12日 06:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文明の利器で高度を稼いで、有馬峠から出発です。6時前に到着しましたが既に4台停まってました。
少し飯能よりのここから山道です。
2018年05月12日 06:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し飯能よりのここから山道です。
新緑のGOODトレイル!
2018年05月12日 06:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑のGOODトレイル!
見えてきた蕎麦粒山!すぐ行くからね。
2018年05月12日 06:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えてきた蕎麦粒山!すぐ行くからね。
鉄塔横を通過。
2018年05月12日 06:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔横を通過。
尾根筋、気持ち良い。
2018年05月12日 06:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋、気持ち良い。
ミツバツツジ。
2018年05月12日 06:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ。
シロヤシオ。
2018年05月12日 06:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオ。
オハヤシノ頭。主稜線に着きました。ここから東京都と埼玉県境の尾根を歩き通します。
2018年05月12日 06:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オハヤシノ頭。主稜線に着きました。ここから東京都と埼玉県境の尾根を歩き通します。
ハイキング状態。
2018年05月12日 06:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイキング状態。
ミツバツツジも鮮やかです。
2018年05月12日 06:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジも鮮やかです。
1
蕎麦粒山への登り返しがキツイ。
2018年05月12日 06:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山への登り返しがキツイ。
ここにもシロヤシオ満開です!
2018年05月12日 06:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもシロヤシオ満開です!
2
蕎麦粒山に到着です。先客お一人は、これから棒の峯、高水三山まで縦走されるとのことでした。
2018年05月12日 07:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山に到着です。先客お一人は、これから棒の峯、高水三山まで縦走されるとのことでした。
紅白のコラボ!いいですね。
2018年05月12日 07:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅白のコラボ!いいですね。
1
道標もいたるところにあります。
2018年05月12日 07:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標もいたるところにあります。
一杯水です。飲みませんでしたが冷たかったです!
2018年05月12日 07:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水です。飲みませんでしたが冷たかったです!
天目山避難小屋通過。
2018年05月12日 07:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目山避難小屋通過。
明るいトレイル。左が東京都、右が埼玉県です。県境を歩きます。
2018年05月12日 08:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るいトレイル。左が東京都、右が埼玉県です。県境を歩きます。
コースよりちょっと離れた眺望地点ハナド岩より。富士山が。
2018年05月12日 08:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースよりちょっと離れた眺望地点ハナド岩より。富士山が。
アップ!
帰路も見えましたが、この早朝の方がくっきりと。
2018年05月12日 08:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップ!
帰路も見えましたが、この早朝の方がくっきりと。
黒ドッケ(酉谷山)へ行く途中の木の橋。唯一緊張する箇所です。
2018年05月12日 08:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒ドッケ(酉谷山)へ行く途中の木の橋。唯一緊張する箇所です。
酉谷山山頂直下の分岐。まっすぐ行けば雲取山、上に行くと山頂、下は、、、
2018年05月12日 08:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山山頂直下の分岐。まっすぐ行けば雲取山、上に行くと山頂、下は、、、
酉谷山避難小屋です。
2018年05月12日 09:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山避難小屋です。
1
中はこんな感じ。小綺麗です。
2018年05月12日 09:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中はこんな感じ。小綺麗です。
2
鷹ノ巣山と富士山。
2018年05月12日 09:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山と富士山。
今日の最終目的地、最高峰、酉谷山到着!
2018年05月12日 09:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の最終目的地、最高峰、酉谷山到着!
1
三角点タッチ!
2018年05月12日 09:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点タッチ!
富士山も!
2018年05月12日 09:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も!
アップ!
2018年05月12日 09:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップ!
で、富士山見ながら早めのランチ。今日は7-11ののり弁です。
2018年05月12日 09:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、富士山見ながら早めのランチ。今日は7-11ののり弁です。
この向こうは熊倉山への破線ルート。立入禁止🚧表示です。
2018年05月12日 09:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この向こうは熊倉山への破線ルート。立入禁止🚧表示です。
1
山頂は結構広いです。20分ほどいましたが独り占めでした。
2018年05月12日 09:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は結構広いです。20分ほどいましたが独り占めでした。
あれがこの前開山式に参加した熊倉山かな?
奥多摩と奥秩父が繋がってるのですね。
2018年05月12日 09:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれがこの前開山式に参加した熊倉山かな?
奥多摩と奥秩父が繋がってるのですね。
酉谷山避難小屋近くての標識。この辺りは東京都の水道水水源林のようです。
2018年05月12日 09:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山避難小屋近くての標識。この辺りは東京都の水道水水源林のようです。
1
ピストンの帰りに天目山(三ドッケ)に寄ります。ので左側を登っていきます。右の道は往路に使った巻道。
2018年05月12日 10:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピストンの帰りに天目山(三ドッケ)に寄ります。ので左側を登っていきます。右の道は往路に使った巻道。
天目山(三ドッケ)到着!
2018年05月12日 11:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目山(三ドッケ)到着!
1
アップして富士山!
2018年05月12日 11:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップして富士山!
天目山山頂からミツバツツジと鷹ノ巣山方面。
2018年05月12日 11:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目山山頂からミツバツツジと鷹ノ巣山方面。
県境トレイルには所々ミツバツツジ、シロヤシオが咲いています。
2018年05月12日 11:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境トレイルには所々ミツバツツジ、シロヤシオが咲いています。
鮮やか鮮やか。
2018年05月12日 11:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鮮やか鮮やか。
1
天目山避難小屋に戻って来ました。
2018年05月12日 11:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目山避難小屋に戻って来ました。
中はこんな感じです。何もありませんが綺麗です。
2018年05月12日 11:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中はこんな感じです。何もありませんが綺麗です。
蕎麦粒山に戻りました。往路の早朝と違ってお昼時だったので7-8名の方が休息、ランチされてました。
2018年05月12日 11:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山に戻りました。往路の早朝と違ってお昼時だったので7-8名の方が休息、ランチされてました。
仁田山を通過。この後、駐車場まですぐのはずでしたが、山頂でお会いしたトレランの方をそのまま追って下って行くと、ん⁈何か違う。別の支尾根を下ってたようでした。で、登り返し。
2018年05月12日 12:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田山を通過。この後、駐車場まですぐのはずでしたが、山頂でお会いしたトレランの方をそのまま追って下って行くと、ん⁈何か違う。別の支尾根を下ってたようでした。で、登り返し。
30.分ほどロスしましたが無事駐車場が見えました。トレランの方は有馬山経由でさわらびの湯まですぐ下山するとのことでした。
2018年05月12日 13:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30.分ほどロスしましたが無事駐車場が見えました。トレランの方は有馬山経由でさわらびの湯まですぐ下山するとのことでした。
1
下山後はさわらびの湯で汗を流しました。
2018年05月12日 14:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後はさわらびの湯で汗を流しました。
撮影機材:

感想/記録

この日土曜日は天気も良い予報だったので、皆さんのレコを拝見して東京都埼玉県境のトレイルに行ってみました。有馬峠からのピストンで酉谷山まで行けるかチャレンジしてみましたが、ミツバツツジとシロヤシオも満開予想だったので疲れを癒してもらいました。
訪問者数:280人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/8
投稿数: 195
2018/5/13 11:06
 あれ・・のり弁なのに?・・トリテンソバの意味後から判りました。
kojicoonさん おはようございます!
今回はロングトレールの走りでしたか!
いつも思うのですがkojicoonさんは行動開始が早いですね!
私は年がいってから睡眠不調で朝早く始動するのが苦手になってしまって駄目ですね!ちょっと改善しなければと思ってます!
この山は雲取山と峰続きなんですね!雲取山近辺の山では「ドッケ」と言う言葉が良く出てきますが関西ではあまり聞かないので気になります。
いつも通りに富士山が出てくると羨ましい!富士山があるだけでのり弁も三ツ星ランチに匹敵しますよ!
登録日: 2015/10/19
投稿数: 43
2018/5/13 12:57
 Re: あれ・・のり弁なのに?・・トリテンソバの意味後から判...
こんにちは yoshimaiさん!
登頂した順番でトリテンソバになりました。蕎麦粒山は往路でも登りましたが。
ので下山後は蕎麦屋を探しましたか見つからないし渋滞なる前に帰宅です。
この時期になると4時半ともなると明るいので冬のKSN(暗い寒い眠い)から脱出して早出早帰を目指してます。自分的には午前中に登って下って、その後プファが最高のパフォーマンスと考えてるのですが^ ^
三ドッケ(天目山)、黒ドッケ(酉谷山)、芋の木ドッケ(雲取山に行く途中の峰)とこのエリアはドッケが多いようです。尖った峰という意味らしいです。丹沢には檜洞丸、畦ヶ丸とか山を表す丸が多いですが。
ランチは、のり弁でも富士山見ながらだと三つ星になりますね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ