また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 148705 全員に公開 沢登り丹沢

沢登り 延長戦! 丹沢 早戸川水系 本間沢

日程 2011年11月12日(土) [日帰り]
メンバー
 stk
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
早戸川国際マス釣場を越えて、丹沢観光センター(閉鎖中)へ。途中ゲートがあるが、開いているので通れる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.2〜2.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

10:30本間橋〜13:20 F10〜15:00無名ノ頭〜16:50本間橋
コース状況/
危険箇所等
表丹沢にくらべゲレンデ化はされてません。看板もなければ、埋め込みボルトもほとんどなし。途中の滝で一箇所だけボルト+スリングが残置されてました。
核心のゴルジュ。トイ状滝のあとの10m滝は難しそうです。左から巻きました。
F10は、チャレンジしませんでしたが、事故が多いらしいです。
くだりのルートはテープが多い上に踏み跡もあるので、あまり迷う心配はありません(とはいえGPSはちょろちょろ見てましたが)。
過去天気図(気象庁) 2011年11月の天気図 [pdf]

写真

スタート前の準備中
2011年11月12日 20:40撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート前の準備中
ちょっとは紅葉のいい色が出てます。
2011年11月12日 20:40撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとは紅葉のいい色が出てます。
本間の頭への道は左。入渓は右側を進みます。
2011年11月12日 21:36撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本間の頭への道は左。入渓は右側を進みます。
これまでは、北に向かって進むのがほとんどだった。初めての南行は、逆光でまぶしかった。
2011年11月12日 20:41撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまでは、北に向かって進むのがほとんどだった。初めての南行は、逆光でまぶしかった。
水流が美しかった
2011年11月12日 20:41撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水流が美しかった
1
小滝を登るt-kinjouを上から
2011年11月12日 20:41撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝を登るt-kinjouを上から
1
小滝を登るt-kinjouを上から
2011年11月12日 20:41撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝を登るt-kinjouを上から
1
大休憩中。
2011年11月12日 21:38撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大休憩中。
核心部。写真で見ると流れも細くて迫力がでないな〜
2011年11月12日 20:46撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部。写真で見ると流れも細くて迫力がでないな〜
核心部の続き。t-kinjouがチャレンジしたが、手ごわいので撤退。ただ、撤退も強烈なシャワーで足場が見えず相当緊張したとの事
2011年11月12日 20:47撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部の続き。t-kinjouがチャレンジしたが、手ごわいので撤退。ただ、撤退も強烈なシャワーで足場が見えず相当緊張したとの事
シャワーを浴びてズブ濡れなので、釜にも突進し勢いよく登るt-kinjou
2011年11月12日 20:48撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャワーを浴びてズブ濡れなので、釜にも突進し勢いよく登るt-kinjou
1
F10
ここは事故多発地帯のようだ。本間沢の事故はほぼここらしい。見た感じは易しく見えるが、終了点が相当難しいらしい。事故のレポートをたくさん読んでいたので巻いた。
2011年11月12日 20:48撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F10
ここは事故多発地帯のようだ。本間沢の事故はほぼここらしい。見た感じは易しく見えるが、終了点が相当難しいらしい。事故のレポートをたくさん読んでいたので巻いた。
巻き道はズルズルで超恐ろしい〜! 雨の翌日はコンディション悪いです。
2011年11月12日 20:49撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道はズルズルで超恐ろしい〜! 雨の翌日はコンディション悪いです。
プチ天然ダム(笑)
2011年11月12日 20:52撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチ天然ダム(笑)
下山は足袋で。ダイレクトに地面を感じます。落ち葉の上は気持ちいい。岩場はツライ。
2011年11月12日 21:40撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は足袋で。ダイレクトに地面を感じます。落ち葉の上は気持ちいい。岩場はツライ。
無名ノ頭。本当は本間ノ頭につくはずだった(笑)
2011年11月12日 20:52撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名ノ頭。本当は本間ノ頭につくはずだった(笑)
霧に覆われた丹沢
2011年11月12日 20:54撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧に覆われた丹沢
ここから少し北行したところから、半バリエーションルートに入る。
2011年11月12日 20:54撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから少し北行したところから、半バリエーションルートに入る。
本間ノ頭で休憩中。
2011年11月12日 21:45撮影 by NIKON 1 J1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本間ノ頭で休憩中。
霧に覆われた丹沢2
2011年11月12日 20:54撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧に覆われた丹沢2
1
すてきな道標
2011年11月12日 20:54撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すてきな道標
丹沢観光センターに戻ってきました。立派な建物だが、閉鎖されている。
2011年11月12日 20:54撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢観光センターに戻ってきました。立派な建物だが、閉鎖されている。

感想/記録
by stk

前回の勘七ノ沢で、今期の沢登りは終了。。とのつもりであったが、待望の積雪期までまだあり(今年は雪が少ない)11月になっても暖かい日が多いのでついいってきました(笑)
今回も丹沢だが、北側から南行する沢を選んだ。早戸川水系の本間沢だ。本間ノ頭方面に伸びる沢で、遡行グレードは1級上。沢4回目の自分には丁度よい修行の場だ。
感想をポイントごとに。。

■さすがに寒い。。
沢のルート紹介の本には、丹沢の沢は11月までOKと書かれているルートが多い。それを参考に行ったが、、やはり装備は見直さないと厳しい事が分かった。濡れた服で快適にクライムするには短パンの方が明らかに登りやすいのだが、、11月のシャワークライムはヘタしたら停体温症になりますね(笑) ルート中盤に、手がかりがないため体と足で支えながら登る滝があったのだが、それを思いつくまでに試行錯誤したため相当ズブぬれに。。その後核心部の前に休憩した際は、冬山か!?というくらい震えが着ました。急遽着込んで、あったかい食べ物を食べたら収まりましたが、いくらポカポカ陽気でも水に濡れるってのは山では相当危険だと再認識しました。。

■カメラ・ビデオは防水用買わないと。。
いかにNikonの防滴・防塵構造が優れていても、限界がありそうだ。これまで何度も滝に打たれたが動作に支障をきたすことはなかった。しかし、今日ついに、誤動作が! 帰りに暗いところでフラッシュ撮影したが光らない! 回線ショートしたか〜〜!? あと、ファインダー内のピントエリアが光らない!
・・両方とも家の防湿庫で乾かした結果回復したが、さすがに危機感を感じた。こんなムチャな使い方で高い修理料払うのもバカらしいので、次からはしっかりしまうか防水ビデオ・カメラを準備しないとだな。。実はデジタルビデオの方は、源次郎沢で故障。修理代が15000以上かかった。ただ原因は、水濡れではなく岩への打撃による液晶部接触不良であった。打撃といえば、今日も岩場でレンズを岩にヒットしフィルターがバリバリに。。レンズでなくてよかったが、沢登り中に首から下げるのは厳禁だな。。

■詰上げ失敗
またやりました。。まぁ、沢の分岐点で相当迷ったあげく、間違いそうだな。。と思ってたら間違えました。終盤の滝が終わったあと、分岐を左に行くべきなのだが、方向と地形図を読み「これは右に違いない!」と判断し失敗。。結局無名ノ頭に詰め上げました。雨の後だったので急斜面のズルズル状態、、かなり危なかったです。

■真の核心F10
事前の調査でここの滝で相当な数の事故を発生していることが判明。下から見た感じだと容易に見えるのだが、それが危ないポイント。終了点が核心になっているため、退くに退けず。強引に突破をすると落ちるという事らしい。ランニングビレイするポイントもないためグラウンドフォールになる。今回この沢を登って思ったが、今までの表丹沢に較べ岩が「ヌメって」いる。これも事故を起こす原因になっているのだろうか?


■読図訓練
くだりは、駐車位置まで戻るため本間ノ頭のちょい北から、半バリエーションルートをたどった。事前に25000分の1地図に尾根、水線を入れた準備をしていたが、、迷うところはほとんど無かった。薄いが踏み跡もあり、テープも多数。危険箇所にはトラロープもあり、地図にはルートがないがバリエーションという感じでは無かった。丹沢観光センターが閉鎖になり廃道になった感じであろうか?


いろいろマイナートラブルもあったが、やはり沢は楽しい。今度こそは今年最後になると思うので、来春までにじっくり研究してレベルを上げていきたいと思う。

感想/記録

本間沢は、巻あり撤退ありでヒヤヒヤした場面もありましたが、
小滝が多く、全体的に楽しい滝登りとなりました。

また、核心部のゴルジュ帯にあるトイ状の滝は、ストンと落ちる感じが
美しい滝でした。
ただ、この時期に頭に滝の直撃を受けるとキッツいですね。
あまりの寒さで、頭がキーンとなりました。

核心部のゴルジュ


訪問者数:1648人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/5/8
投稿数: 1432
2011/11/15 15:47
 ハマッてますね
stkさん、こんにちは。

沢登り、ハマッてますね
滝登りがたまらないって感じでしょうか。
丹沢は基本的に滝登りの沢ばかりなので、近いし、志向
に合っているし、言う事無しですね。
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2011/11/15 22:23
 yoshi629さん、こんばんは〜
ハマってしまってますね〜〜
本間沢は核心のゴルジュをちょい遠めの下から見たとき、全体の高さに結構ビビリました。寒くて体が固まってたので登れるかな〜?と。
ただ、登ってみるとホールド、スタンスともしっかりしていて問題ありませんでした。
丹沢に近いのをこれほど嬉しく思ったことはありません
登録日: 2010/12/5
投稿数: 1917
2011/11/18 0:10
 あれ、今年最後のはずが…
こんばんわ〜。

今年最後の沢登を先日拝見したのに、すでに二つ行かれていますね?
今年の予想外の暖かさの恩恵?でしょうか。

未だ沢登はよく分かりませんが、なんだかお二人のレコで勉強している気分です。
そのうち行ったことないのに、知ったかしてるかもしれません。笑

14番の写真、t-kinjouさんと岩がかっこよく映ってますね!
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2011/11/18 0:53
 tamaさん、どうも〜〜
(笑)延長戦しちゃいました。
確かに暖かかったですね。ここ数日急に寒くなりましたが。
沢は1回で+岩1回です。さすがにズブ濡れになると寒いので、今年はもうないかな〜、と。低体温症になるかと思ったので
沢は自分もやるまでは??の世界でしたね。
やっぱ自分は岩場が好きなようで、アルプスの高峰に行かずとも岩場に出会える+近い+空いてる、というのがヒットの要因のようです

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ