また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1497351 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走札幌近郊

狭薄山(万計沼コース)〜札幌岳縦走

日程 2018年03月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
行きは乗用車で送ってもらい、バス使用時より1時間早いスタート
バスを使用するなら、真駒内駅から空沼二股行き(中央バス)
帰りは定山渓温泉から真駒内行きのバス(じょうてつバス)を使用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間42分
休憩
7分
合計
8時間49分
S日鉄鉱業(株)常盤採石所07:0007:34入林届小屋07:35空沼岳登山口08:47青沼08:53万計山荘09:02万計沼09:0510:59狭薄山11:0113:02札幌岳13:0314:10冷水小屋14:1114:58札幌岳登山口15:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
新雪はほとんどなく快適に歩けますが、
万計沼から狭薄岳、札幌岳までは地形と進行方向の把握は必須
狭薄山および札幌岳山頂付近は急登で滑りやすい。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ソフトシェル 雨具下 輪かんじき ストック 長袖インナー 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 ゲイター マフラー 毛帽子 ザック ザックカバー 行動食 非常食 地図(地形図) コンパス 日焼け止め 保険証 携帯(GPS用) サングラス カメラ

写真

だんだん暖かくなって水量が増えています。
2018年03月10日 07:03撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん暖かくなって水量が増えています。
カワガラス きれいな沢でよく見かけます。
2018年03月10日 07:29撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カワガラス きれいな沢でよく見かけます。
登山口からほぼ1kmのところ
2018年03月10日 07:50撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からほぼ1kmのところ
シジュウカラ 野鳥を見かけると狙ってしまいます。
2018年03月10日 07:53撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シジュウカラ 野鳥を見かけると狙ってしまいます。
冬は滝の脇を通らず、西のほうから万計小屋に向かいます。
2018年03月10日 08:48撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬は滝の脇を通らず、西のほうから万計小屋に向かいます。
万計沼に到着
2018年03月10日 08:52撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計沼に到着
1
万計沼を東のほうから回りこみました
2018年03月10日 09:04撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計沼を東のほうから回りこみました
このあたりは空沼岳への冬ルートと被ります
2018年03月10日 09:13撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは空沼岳への冬ルートと被ります
真簾沼の東にある1180ピークは霧氷が付いてます。
2018年03月10日 09:25撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真簾沼の東にある1180ピークは霧氷が付いてます。
2
もうすぐ真簾沼
2018年03月10日 09:26撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ真簾沼
真簾沼(パノラマ) 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真簾沼(パノラマ) 
真簾沼を通過し、西のほうへ進みます。左側は空沼岳〜札幌岳の縦走路
2018年03月10日 09:38撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真簾沼を通過し、西のほうへ進みます。左側は空沼岳〜札幌岳の縦走路
左が狭薄岳 右側(北側)からぐるっと回り込むように近づきます
2018年03月10日 10:23撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が狭薄岳 右側(北側)からぐるっと回り込むように近づきます
1
手前のピークへの取り付き
2018年03月10日 10:36撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前のピークへの取り付き
手前のピークを過ぎ、いよいよ狭薄山への登り
2018年03月10日 10:45撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前のピークを過ぎ、いよいよ狭薄山への登り
1
カリカリ雪面の急勾配。慎重に登ります
2018年03月10日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カリカリ雪面の急勾配。慎重に登ります
下が抜けたところ
2018年03月10日 10:54撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下が抜けたところ
狭薄岳山頂から 羊蹄山から無意根山までバッチリ
2018年03月10日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭薄岳山頂から 羊蹄山から無意根山までバッチリ
2
恵庭岳と漁岳
2018年03月10日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵庭岳と漁岳
札幌岳方面
2018年03月10日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札幌岳方面
崩れそうな雪庇を見て狭薄山を後にします  奥は漁岳
2018年03月10日 11:04撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れそうな雪庇を見て狭薄山を後にします  奥は漁岳
1158ピーク 沢地形を突っ切って1036コル付近を目指します。
2018年03月10日 11:29撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1158ピーク 沢地形を突っ切って1036コル付近を目指します。
何とか登れそうなところを探します。
2018年03月10日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか登れそうなところを探します。
正面に1157ピーク ここは右側を抜けます
2018年03月10日 11:54撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に1157ピーク ここは右側を抜けます
1147ピークへののぼり
2018年03月10日 12:28撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1147ピークへののぼり
登りきると札幌岳がしっかり見えます。
2018年03月10日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきると札幌岳がしっかり見えます。
豊滝コースと合流しましたが、最後の難関が待ってます。
2018年03月10日 12:39撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豊滝コースと合流しましたが、最後の難関が待ってます。
1
札幌岳への急登
2018年03月10日 12:55撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札幌岳への急登
1
ちょっと怖かったです。
2018年03月10日 12:55撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと怖かったです。
1
札幌岳山頂
2018年03月10日 13:01撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札幌岳山頂
モンスターはなくなり、霧氷だけとなりました。
2018年03月10日 13:09撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスターはなくなり、霧氷だけとなりました。
霧氷を見ながら下ります
2018年03月10日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷を見ながら下ります
山頂近くにヘリコプター。何かの訓練だったのでしょうか。
2018年03月10日 13:55撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くにヘリコプター。何かの訓練だったのでしょうか。
冷水小屋近くで冬のメジャールートに合流しました
2018年03月10日 14:06撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷水小屋近くで冬のメジャールートに合流しました
暖気で雪が緩み始めていました。
2018年03月10日 14:34撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暖気で雪が緩み始めていました。
札幌岳登山口に到着。あとはバス停まで5kmほど歩き終了です。
2018年03月10日 14:57撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札幌岳登山口に到着。あとはバス停まで5kmほど歩き終了です。
後日、スノーシューのフレーム割れを確認。おそらく再起不能。
相当ハードに使い込んだので仕方なし。
2018年03月17日 16:28撮影 by Canon PowerShot SX50 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後日、スノーシューのフレーム割れを確認。おそらく再起不能。
相当ハードに使い込んだので仕方なし。
撮影機材:

感想/記録

週末と好天のタイミングが合わず、週末に晴れ予報が出るのは久しぶり。
前日までの荒天の影響が気になりますが、1年ぶりに狭薄山へ向かいました。
状況によっては、札幌岳への縦走も視野に入れます。

万計沼までは空沼岳までのルートと全く同じで、積雪も思ったより少なく
トレースも見えて渡渉以外で問題となりそうなところはありません。
万計沼で一息つき、沼を東側から回り込んで空沼岳の冬専用ルートへ、
240°位の方向に進み急登が一段落したところで、真西へ進路を変更します。
途中左手に見える1180ピーク付近は霧氷に覆われ、天候もよくなり、道中の景色も期待できそうです。
真簾沼を過ぎ、平坦な地形を歩いていると、空沼〜札幌岳の縦走路からと思われる雪崩の跡がありました。
昨年行ったときにルートミスしたところは無事に回避し、確実なルートをとって狭薄山へ近づきます。
前衛峰〜狭薄山はカリカリの急勾配で滑りやすく、ピッケルがあったほうがよさそうです。
空沼岳の登山口から4時間ほどで狭薄山へ到着。札幌岳への縦走に臨めそうです。
沢地形への下り、コルやピークの方向を確認しつつ、札幌岳へ近づきます。
豊滝コースとの合流点(残り500m)からは、狭薄山よりも厳しいカリカリの急登
手を雪面に突っ込んで、何とか登りきりましたが、想像以上の厳しさでした。
狭薄山からは2時間ほどで札幌岳に到着。ダケカンバの霧氷がきれいでした。
雪崩の跡が多い冬ルート〜冷水小屋を経由し、定山渓の登山口へ無事に下山。
登山口近くは、暖気で歩きにくくなっていましたが、久々の快晴登山でした。
後日、スノーシューを見るとフレーム部分が割れており、再起不能となりました。

※3ヶ月ほど前の積雪期の記録で、既に別のところで公開しております。
訪問者数:97人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ