また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1512023 全員に公開 ハイキング 近畿

東近江市の和田山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年06月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間40分
休憩
0分
合計
1時間40分
S和田山11:4413:17和田山13:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 日よけ帽子 ザック 行動食 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

今回、歩いたルート。和田山山頂へは 銑のルートで登れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回、歩いたルート。和田山山頂へは 銑のルートで登れます。
和田の神社から出発します。
2018年06月30日 11:24撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田の神社から出発します。
ここを登ります
2018年06月30日 11:24撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ります
本殿にお詣りしてから右の石段を進みます
2018年06月30日 11:26撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本殿にお詣りしてから右の石段を進みます
石段を登った先は和田山城址の石碑。ここの右に道がありました。
2018年06月30日 11:28撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段を登った先は和田山城址の石碑。ここの右に道がありました。
1
途中から笹だらけ。今年は手入れされてないようです。でも、足元の道は丸太で区切った階段があり、古いけどしっかりしています。目の前には蜘蛛の巣。ストックが大活躍です。
2018年06月30日 11:32撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から笹だらけ。今年は手入れされてないようです。でも、足元の道は丸太で区切った階段があり、古いけどしっかりしています。目の前には蜘蛛の巣。ストックが大活躍です。
笹だらけの和田山山頂180m。これしかありません。山の銘板も道標もなし。
2018年06月30日 11:37撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹だらけの和田山山頂180m。これしかありません。山の銘板も道標もなし。
2
もう1つのピーク150mくらいかな。ここは何もない。木にひもが巻かれている程度。
2018年06月30日 11:49撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう1つのピーク150mくらいかな。ここは何もない。木にひもが巻かれている程度。
2つのピークの鞍部を右、長勝寺、神郷方面に下るとお墓があります。佐野さん、昔の武将でしょうか。
2018年06月30日 11:57撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つのピークの鞍部を右、長勝寺、神郷方面に下るとお墓があります。佐野さん、昔の武将でしょうか。
お墓の下に広場があり、お地蔵さんとお墓があります。ここから右に行くと、左に行くと△鵬爾蠅泙后
2018年06月30日 11:58撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お墓の下に広場があり、お地蔵さんとお墓があります。ここから右に行くと、左に行くと△鵬爾蠅泙后
ルートの登り口。神郷のお墓。この写真の正面右側を山に向かって登ります。
2018年06月30日 12:04撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートの登り口。神郷のお墓。この写真の正面右側を山に向かって登ります。
を再び登りなおします。登りやすい苔むした石段の径
2018年06月30日 12:09撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
を再び登りなおします。登りやすい苔むした石段の径
登った先の広場を直進してルート△鯆江〇に下ります
2018年06月30日 12:12撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った先の広場を直進してルート△鯆江〇に下ります
ルート△療个蠍。長勝寺。
2018年06月30日 12:15撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート△療个蠍。長勝寺。
長勝寺を西に回り込んで、長勝禅寺に登ってみました。
2018年06月30日 12:24撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長勝寺を西に回り込んで、長勝禅寺に登ってみました。
1
お寺の墓地を回り込むと、車道があり、途中に舎利塔への道標。この付近には手ごろな岩が多数あり、登ると楽しそう。お寺の岩だったら、登ると叱られるかな。
2018年06月30日 12:27撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お寺の墓地を回り込むと、車道があり、途中に舎利塔への道標。この付近には手ごろな岩が多数あり、登ると楽しそう。お寺の岩だったら、登ると叱られるかな。
長勝禅寺から登路は見つからなかったので、さらに西に回り込んで、の神郷の先、消防学校横の階段を登ります。やっぱり、ここもお墓。
2018年06月30日 12:39撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長勝禅寺から登路は見つからなかったので、さらに西に回り込んで、の神郷の先、消防学校横の階段を登ります。やっぱり、ここもお墓。
お墓の奥から竹林の踏み跡を見つけて登りましたが、途中で倒れた竹に行く手を遮られました。やぶ蚊の攻撃を受け、蜂も飛んできたので敗退。
2018年06月30日 12:47撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お墓の奥から竹林の踏み跡を見つけて登りましたが、途中で倒れた竹に行く手を遮られました。やぶ蚊の攻撃を受け、蜂も飛んできたので敗退。
神郷から再び登りなおして、,惺澆蠅泙后上から見ても笹だらけ。でも、深くなく、斜度も大したことないので問題ありません。
2018年06月30日 13:16撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神郷から再び登りなおして、,惺澆蠅泙后上から見ても笹だらけ。でも、深くなく、斜度も大したことないので問題ありません。
撮影機材:

感想/記録
by m-kit

東近江市の和田山。
私が小学生の時は頂上でお昼を食べたはず。ルート調査に行きました。標高180mの小さな山。
麓を周回しながらルート探しました。その結果、ルートは3本見つかりました。

]妥陳の神社へ登り、右側から登るルート。笹が茂っていて、誰も登ってないみたい。でも、足元は古い木製の階段などしっかりしています。◆↓からのルートと合流してリボンに従って登ると小高い部分が右手に見えます。これが山頂。
長勝寺町からのルート。石材店の前の道から。石段を登り地蔵さんのいらっしゃるところから右に山道を登る。
神郷町の墓地横からのルート。墓地の右の山道。石段を登ると、△里地蔵さんのところで合流。

まず、小学生の時に登ったはずの和田神社からスタートします。本殿前の御手洗で手を清めてお詣りします。ここから右に広い石段があり、和田山城址の石碑があります。戦国時代、繖山に城を構えた佐々木六角は、出城としてこの和田山城、箕作山城を有していたそうです。羽柴秀吉がこれらの出城を落としてしまったので、佐々木六角は繖山から落ち延びたようです。父からの口承ですので不正確かもしれません。
石碑の右から登れそうな道が見つかりました。しかし、すぐに笹だらけの道になりました。少なくとも今年は整備されていません。ここを登るもの好きもいないのか蜘蛛の巣だらけです。ストックを前に向けて左右を交互に上下に振ります(バタ足の要領)。これで頑固なく蜘蛛の巣にかからずに進めます。登りは緩く、ほとんど負荷なく登りますが、炎天下で暑い。まもなく、右手の高みに進む分岐があり、リボンがついています。ここに登る方もいらっしゃるようで少し安心。和田山の山頂は180mですが、名板すらありません。もちろん、展望がありません。小学生の時、ここでお弁当を食べたんだよね。
この先、北東に進んでみますが、倒木で下ることはできませんでした。そこで、元のリボンのところに戻って、西への道を進みます。この山は、もう一つ、150mくらいのピークがあり、踏み跡もしっかりあります。ただし、150mピークには何もありません。この先にも踏み跡がありましたが、途中で消えていました。無理すれば降りられそうですが、引き返します。

上記2つのピークの鞍部から、明瞭な分岐がありました。ここを下ると、お墓があり、その下の広場にはお地蔵さん。ここから左右に下る道がありました。どちらもすぐに麓につきました。ここが◆↓

山頂にに直ぐに着くので、スパッツ、ストック姿の私は異様だったかもしれません。もちろん誰にも会いませんでしたが。

ほかにもルート探りましたが、倒木がひどくて、進めない箇所もありました。また、夏はやぶ蚊、蜂がいるので、探りにくいです。ヘビには遭遇せず、サルなども見かけませんでした。獣除けのネットはないので、動物はいないのかもしれません。

炎天下で風もないので、この辺で引き上げました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:223人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ