また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1525533 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山 富士宮口から山頂小屋で宿泊 福岡から

日程 2018年07月15日(日) 〜 2018年07月16日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
JR博多発のぞみ2号06:10(始発)
      ↓
新神戸08:25着乗り換えひかり460号08:29発
      ↓
静岡10:32着こだま640号10:52発
      ↓
新富士11:04着
新富士駅発の登山バスだと時間が会わないのでタクシー利用
富士宮定額タクシー(要予約)9890円 


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間52分
休憩
1時間33分
合計
4時間25分
S富士宮口五合目12:4612:57富士宮口新六合目13:0113:01六合目雲海荘13:35新七合目御来光山荘13:5314:20元祖七合目山口山荘14:3015:03八合目池田館15:1915:51九合目萬年雪山荘16:1016:27九合五勺胸突山荘16:4517:03富士宮口頂上17:1117:11宿泊地
2日目
山行
2時間1分
休憩
42分
合計
2時間43分
ス宿泊地タート地点04:4604:46富士山04:52三島岳04:56富士宮口頂上04:5705:11九合五勺胸突山荘05:1605:24九合目萬年雪山荘05:3605:51八合目池田館05:5306:15元祖七合目山口山荘06:2106:37新七合目御来光山荘06:4307:07六合目宝永山荘07:1607:17六合目雲海荘07:28富士宮口五合目07:2907:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

博多発の始発の新幹線で出発し定額タクシーで、富士宮5合目に12畤半過ぎに到着です。
山頂小屋のチェックインが18畤までなので、先を急ぎます。
この時は休憩含めて5時間ぐらいかなあ。とは思ってました。
頂上を見るとガスってます。

2018年07月15日 12:39撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
博多発の始発の新幹線で出発し定額タクシーで、富士宮5合目に12畤半過ぎに到着です。
山頂小屋のチェックインが18畤までなので、先を急ぎます。
この時は休憩含めて5時間ぐらいかなあ。とは思ってました。
頂上を見るとガスってます。

宝永山が見えてきます。
2018年07月15日 13:26撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山が見えてきます。
3
ガスが取れて来て青空に。
2018年07月15日 13:26撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが取れて来て青空に。
2
頂上を見ます。20数年前に来たときは富士山レーダーのドームが見えていました。
2018年07月15日 13:46撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を見ます。20数年前に来たときは富士山レーダーのドームが見えていました。
3
八合目下辺りより、登りと下りの交互通行となることが多く、渋滞し待ちが長くなります。
2018年07月15日 14:51撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目下辺りより、登りと下りの交互通行となることが多く、渋滞し待ちが長くなります。
下を見ます。雲海が・
2018年07月15日 15:39撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を見ます。雲海が・
8号目より頂上を見ます。
2018年07月15日 16:03撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8号目より頂上を見ます。
山頂小屋へ宿泊予定なので、ゆっくり山小屋で休憩して高度にならしながら登っていきます。
2018年07月15日 16:31撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂小屋へ宿泊予定なので、ゆっくり山小屋で休憩して高度にならしながら登っていきます。
2
雲海が広がって行きます。良い景色。
下界が見えず。
2018年07月15日 16:56撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が広がって行きます。良い景色。
下界が見えず。
1
10合目より下を見ます。
2018年07月15日 18:04撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10合目より下を見ます。
今日お世話になる頂上富士館。23年ぶりの宿泊です。
内装が大分変わったような・・・?
予約が必要ですがほぼ満員なようでした。

右奥のピークが剣が峰3776m。
2018年07月15日 18:05撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日お世話になる頂上富士館。23年ぶりの宿泊です。
内装が大分変わったような・・・?
予約が必要ですがほぼ満員なようでした。

右奥のピークが剣が峰3776m。
2
翌朝、山小屋で早い朝食後外に出ます。
富士山最高峰の剣ヶ峰3776mを見ます。
すでにヘッテンで一杯なようで。
2018年07月16日 04:20撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、山小屋で早い朝食後外に出ます。
富士山最高峰の剣ヶ峰3776mを見ます。
すでにヘッテンで一杯なようで。
3
日の出が近づきご来光が見えてきます。。
2018年07月16日 04:27撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出が近づきご来光が見えてきます。。
2
沢山の団体ツアーの方々と剣ヶ峰へ登って行きます。
頂上は順番待ちです。
2018年07月16日 04:27撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢山の団体ツアーの方々と剣ヶ峰へ登って行きます。
頂上は順番待ちです。
剣ヶ峰から見るご来光です。
2018年07月16日 04:30撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰から見るご来光です。
2
朝日が出ました。
2018年07月16日 04:39撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が出ました。
4
今年の富士山は雪が少ないです。
お鉢の内側も雪はほぼなしです。
2018年07月16日 04:43撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の富士山は雪が少ないです。
お鉢の内側も雪はほぼなしです。
2
下界を見ると雲海が広がっています。
2018年07月16日 04:46撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界を見ると雲海が広がっています。
1
富士宮への下山道へもどり。降りて行きます。
2018年07月16日 04:55撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮への下山道へもどり。降りて行きます。
1
途中、8合目上付近で太陽の周りにリングが出現です。
2018年07月16日 05:27撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、8合目上付近で太陽の周りにリングが出現です。
5
今日は雲海が広がっています・
降りて来て新富士駅に行くと回りは曇空でしたね。
2018年07月16日 06:28撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は雲海が広がっています・
降りて来て新富士駅に行くと回りは曇空でしたね。
1
宝永山を見ます。
2018年07月16日 06:33撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山を見ます。
2
富士宮5合目に到着しました。

やれやれ・福岡に帰ります。
2018年07月16日 07:28撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮5合目に到着しました。

やれやれ・福岡に帰ります。

感想/記録

去年に引きつづき、4回目となる富士山へ登ってみました。
富士山に登り、梅雨明けの厳しい暑さをしのぎながら、ご来光と景観を楽しむのも目的ですが、今年のお盆休みもヨーロッパアルプスへの山登りを予定しており、日本の最高峰である富士山山頂にある山小屋に宿泊して、高度に順化させておきたいのも目的です。

梅雨も明けており、気温も高く富士宮口からも汗だくだく。お鉢にも雪がなく、日の出時の山頂も風がなく、寒さはあまり感じませんでした。

雲海も広がっており、23年前に見た東京横浜はまだ夜で夜景がきれいなのに、頂上は朝!という独特の雰囲気はなかったですが、ご来光は望めましたので感謝です。

来年か再来年は現在9歳と6歳になる子供を連れてきたいと思いました。遠方からなので、ここ2年の富士山登頂へのアプローチの仕方は子供達との富士山登頂への参考になります。
訪問者数:208人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ