また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1526096 全員に公開 ハイキング大峰山脈

王天上.250本30点70(洞川温泉-大天井岳-四寸岩岳-吉野)

日程 2018年07月16日(月) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車
行き:宿から直行
帰り:吉野-(近鉄吉野線)-橿原神宮前-(近鉄橿原線、京都線)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間35分
休憩
47分
合計
7時間22分
Sスタート地点07:4508:13稲村ヶ岳登山口08:1408:29母公堂08:3109:29五番関09:4110:20大天井ヶ岳10:3811:15二蔵宿小屋11:1612:00足摺の宿跡12:16四寸岩山12:1713:27青根ヶ峰13:3013:46金峯神社13:5213:55奥千本口バス停14:02高城山14:11吉野水分神社14:1314:49金峯山寺14:55吉野山駅14:5615:06近鉄吉野駅15:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
概ねわかりやすいですが、大天井岳からKoboトレイルに入ってしまいました。
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

朝食。小ぶりの茶碗とは言え、4杯を食べることができました。後々を考えると、たくさん食べておいてよかった。
2018年07月16日 06:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食。小ぶりの茶碗とは言え、4杯を食べることができました。後々を考えると、たくさん食べておいてよかった。
4
さて、洞川温泉にはコンビニエンスストアがなく、昼食の確保をどうしようかと思っていました。ここにパン屋さんがあることはネットの情報で知っていたのですが、その情報では8時開店と書いてあるも、8時を過ぎても開店準備の気配も感じられず、いつまでも待っているわけにもいかないので、出発することにしました。ザックに非常食があるので、朝食食いだめと非常食でなんとかしようと。
2018年07月16日 07:58撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、洞川温泉にはコンビニエンスストアがなく、昼食の確保をどうしようかと思っていました。ここにパン屋さんがあることはネットの情報で知っていたのですが、その情報では8時開店と書いてあるも、8時を過ぎても開店準備の気配も感じられず、いつまでも待っているわけにもいかないので、出発することにしました。ザックに非常食があるので、朝食食いだめと非常食でなんとかしようと。
3
朝の光が美しいです。
2018年07月16日 08:19撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の光が美しいです。
3
さて、「ごろごろ水採水場」に着きました。ネット情報では9時オープンと言うことだったのですが、夏期期間は8時オープンだとのこと。うーん、昨日確認しておいたらよかった(ただ、昨日は立ち寄る余裕がなかったんですよ)。
2018年07月16日 08:21撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、「ごろごろ水採水場」に着きました。ネット情報では9時オープンと言うことだったのですが、夏期期間は8時オープンだとのこと。うーん、昨日確認しておいたらよかった(ただ、昨日は立ち寄る余裕がなかったんですよ)。
3
奥に見えるのがごろごろ茶屋。しかし、まだ食物は販売していません。また、写っていませんが左にお手洗いがあります。
2018年07月16日 08:21撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えるのがごろごろ茶屋。しかし、まだ食物は販売していません。また、写っていませんが左にお手洗いがあります。
2
採水場の注意。
2018年07月16日 08:24撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採水場の注意。
2
1回500円と言うことで、1-2L採水するには高いかなあと思っていたら、歩行者は無料で頂けるみたいですね。ただ、私はその辺がわかっていなかったので、ペットボトルの水とお茶を1500mL買ってしまいました。ごろごろ水飲みたかったのに。
2018年07月16日 08:25撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1回500円と言うことで、1-2L採水するには高いかなあと思っていたら、歩行者は無料で頂けるみたいですね。ただ、私はその辺がわかっていなかったので、ペットボトルの水とお茶を1500mL買ってしまいました。ごろごろ水飲みたかったのに。
3
川原と光が美しい。
2018年07月16日 08:26撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川原と光が美しい。
3
母公堂にやってきました。女人結界の石柱はありますが、母公堂ではそもそも安産の祈祷をやっているので、なんだか矛盾ですよね(ちなみに、本当の結界はもっと先に進んだ箇所にあります)。
2018年07月16日 08:30撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
母公堂にやってきました。女人結界の石柱はありますが、母公堂ではそもそも安産の祈祷をやっているので、なんだか矛盾ですよね(ちなみに、本当の結界はもっと先に進んだ箇所にあります)。
2
このまままっすぐ行くと、山上ヶ岳ですが、ここを左に曲がります。
2018年07月16日 08:43撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このまままっすぐ行くと、山上ヶ岳ですが、ここを左に曲がります。
1
水が澄んでいます。
2018年07月16日 08:50撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が澄んでいます。
1
洞川温泉から1時間余り。ようやく登山口到着です。
2018年07月16日 09:17撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞川温泉から1時間余り。ようやく登山口到着です。
1
地図あります。
2018年07月16日 09:18撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図あります。
1
ここから五番関を目指します。
2018年07月16日 09:19撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから五番関を目指します。
1
距離的には500mないくらいなんですが、かなりがしがし登る必要があります。さらに、谷筋のガレ道で、滑りやすい箇所もあるし、いきなり強烈なジャブを食らった感じです。
2018年07月16日 09:26撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
距離的には500mないくらいなんですが、かなりがしがし登る必要があります。さらに、谷筋のガレ道で、滑りやすい箇所もあるし、いきなり強烈なジャブを食らった感じです。
1
やっと登り切りました。見下ろしです。ただ、女性を含むパーティはここを通らざるを得ないんですね。
2018年07月16日 09:35撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登り切りました。見下ろしです。ただ、女性を含むパーティはここを通らざるを得ないんですね。
1
女人結界。今日はどなたもおられませんでした。
2018年07月16日 09:35撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女人結界。今日はどなたもおられませんでした。
5
結界撤廃との誤報が流れたことがあるとのこと。
2018年07月16日 09:36撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結界撤廃との誤報が流れたことがあるとのこと。
1
まあ、女人結界について言いたいことはあるのでしょうが、こういう子供じみたことはやめてほしいし、カトリックの司祭・枢機卿に女性がなれるようにするのが先だろと思います。
2018年07月16日 09:37撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあ、女人結界について言いたいことはあるのでしょうが、こういう子供じみたことはやめてほしいし、カトリックの司祭・枢機卿に女性がなれるようにするのが先だろと思います。
1
絶景絶景。
2018年07月16日 09:49撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景絶景。
4
尾根を登ればまた次の尾根が出てきます。
2018年07月16日 10:11撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を登ればまた次の尾根が出てきます。
1
やっと大天井の山頂だ。
2018年07月16日 10:20撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと大天井の山頂だ。
2
三角点。
2018年07月16日 10:21撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点。
3
山と高原地図では、近いところに小天井があるみたいな感じでしたが、実際にはかなり離れているようです。
2018年07月16日 10:22撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山と高原地図では、近いところに小天井があるみたいな感じでしたが、実際にはかなり離れているようです。
3
大天井山頂にはKoboトレイルの標識があり、これ有難いとそれについていったら、間違った方向に降りてしまいました。この標識が正解でした。ただ、大天井の北側は激下りです。
2018年07月16日 10:39撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井山頂にはKoboトレイルの標識があり、これ有難いとそれについていったら、間違った方向に降りてしまいました。この標識が正解でした。ただ、大天井の北側は激下りです。
3
大天井山頂を振り返り。
2018年07月16日 10:45撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井山頂を振り返り。
3
山頂近くまで続くモノレールです。四寸岩付近にもモノレールがありました。
2018年07月16日 10:48撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くまで続くモノレールです。四寸岩付近にもモノレールがありました。
1
やっと激下りが終わりました。
2018年07月16日 11:17撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと激下りが終わりました。
1
今度は四寸岩への登りが始まります。
2018年07月16日 11:28撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は四寸岩への登りが始まります。
1
林道から登山道に入ります。
2018年07月16日 11:29撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から登山道に入ります。
1
苔が印象的な岩。
2018年07月16日 11:59撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔が印象的な岩。
3
足摺宿。
2018年07月16日 12:00撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足摺宿。
3
ここは右へ。まだ登ります。四寸岩の前後もなかなかきつい坂でした。
2018年07月16日 12:02撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは右へ。まだ登ります。四寸岩の前後もなかなかきつい坂でした。
1
四寸岩山頂。
2018年07月16日 12:17撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四寸岩山頂。
5
山名標のすぐ裏に三角点。
2018年07月16日 12:18撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名標のすぐ裏に三角点。
3
比較的雲が多かったのですが、それでも充分暑い日でした。
2018年07月16日 12:19撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比較的雲が多かったのですが、それでも充分暑い日でした。
5
モノレールの起点。ようやく四寸岩からの下りが終わりました。
2018年07月16日 13:00撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレールの起点。ようやく四寸岩からの下りが終わりました。
2
川上村に入ります。しばらく舗装路歩きです。
2018年07月16日 13:08撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川上村に入ります。しばらく舗装路歩きです。
2
やっと吉野まで戻ってきました。このあたり、杉を刈って桜を植えています。林業より観光なんですね。
2018年07月16日 13:26撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと吉野まで戻ってきました。このあたり、杉を刈って桜を植えています。林業より観光なんですね。
3
青根が峯山頂。
2018年07月16日 13:29撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青根が峯山頂。
3
三角点あります。
2018年07月16日 13:29撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点あります。
3
女人結界。もちろん、これは守る必要はありません。
2018年07月16日 13:38撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女人結界。もちろん、これは守る必要はありません。
1
大峰奥駆道の解説。
2018年07月16日 13:43撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰奥駆道の解説。
2
金峯神社。
2018年07月16日 13:47撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峯神社。
1
修行門。
2018年07月16日 13:56撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修行門。
1
抹茶のソフトクリーム。おいしかったのですが、結果的にこれを食べたから特急に乗り遅れました。
2018年07月16日 14:43撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抹茶のソフトクリーム。おいしかったのですが、結果的にこれを食べたから特急に乗り遅れました。
4
ロープウェイはメカトラで運休中。
2018年07月16日 15:05撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイはメカトラで運休中。
2
吉野駅ゴールです。
2018年07月16日 15:06撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉野駅ゴールです。
3

感想/記録
by pers

レポタイには特に意味はありません。昔、南海に王天上(本名フランク・オーテンジオ)という外国人選手(当時は「外人選手」)がいて、「王貞治を上回る」願いを込めて登録名を王天上にしたのですが、思いも虚しく2年で退団したそうです。で、この日の最高峰は大天井岳。ここから王天上のネタはありません。

この日は、前日に稲村ヶ岳と山上ヶ岳に登り、洞川温泉に宿泊してからの出発です。

実は宿の部屋には冷房がなく、「もうじき涼しくなるでしょう」とか言いながら、結局廊下側の引き戸も開けないと暑くてたまりませんでした。夜間も、ポットのお湯をさかんに消費しました。朝食は7時にお願いしてほぼ完食。小さな茶碗とはいえ、4杯食べられたし、下肢に痛みも感じず、これはDNSは回避できそう。

ただ、問題は水と食料の手配で、部屋には冷蔵庫がなかったので、凍結ペットが作成できず、またごろごろ水は9時から汲めるようなので、やむなく自販機の水とお茶を1500ml購入。食料はかんばしのパン屋さんをあてにしていたのですが、ネット情報では8時開店らしいのに、8時を過ぎても開店準備もしている様子でなく。不安に思いつつも、朝食を腹一杯食べたし、あとは非常食でなんとかすることにして、そのまま出発しました。なお、夏季期間はごろごろ水は8時から汲めたし、歩行者はお金がいらないようでした。うーん、もったいないことをした。

途中までは山上ヶ岳への道と同じ道を歩き、途中から川上村への分岐に入ります。本当は、昨日の道の途中から五番関への分岐があるので、そちらを通るのが筋なんでしょうが、そうすると5km以上長くなってしまうため、ショートカットルートの採用です。ただ、女性は五番関から先へは入れないので、女性を含むパーティはこっちを通っている筈なんでしょうね。さて、舗装された林道を1時間ほど歩くと登山口に着きます。ここから登るんですが、いきなり試練です。距離は500mくらいしかありませんが、谷筋のガレ道を急登します。滑りやすかったり、ロープがあったり、ここだけでかなり疲れました。五番関まで登ると、先述のように女人結界があります。ただし、今日は山上ヶ岳には行かないので、そのまま大天井岳へと北上。この箇所、しばらく尾根筋を登って、やっと登り切ったと思ったら、また次の登りが見えてくると言う、コンピュータゲームのような展開を繰り返します。でも、あまり嫌な感じはしません。

大天井岳山頂に到達し、うっかり弘法トレイルの掲示に従って歩いて行きすぎてしまいました。この辺は正解の道も結構激下りで歩きにくいです。ひとしきり下ると、今度は四寸岩山への登りが始まるのですが、これがまたきつい道です。昨年、吉野に桜を見に来た時、「時間があるし、四寸岩か大天井まで行っちゃう?」とか思ったものですが、いざ歩いてみると、思いつきで行かなくてよかったと感じています。上り下りの波状攻撃が、実際の標高グラフ以上に辛いです。

ようやく青根が峰に到達したら、もう吉野駅は指呼の間と思ったものの、実際にはまだ数キロを残しています。既に飲料水は3本目のボトルに手をつけていて、自販機やソフトクリームを補給しながら長々と歩きました。噂では、山上ヶ岳まで往復する行者さんがそろそろ戻ってくる頃だという話で、見かけられればと期待していたのですが、残念でした。また、吉野駅に着いた時には特急は発車した直後で、ここも残念なことをしました。なお、登り始めてから青根が峯まで、本当に誰にも会いませんでした。前日の喧噪が嘘のようです。

このレポートはYAMAPにミラーしてあります。
https://yamap.co.jp/activity/2135957
訪問者数:373人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ