また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1528656 全員に公開 沢登り大峰山脈

神童子谷(ノウナシ谷)〜オソゴヤ谷下降

日程 2018年07月14日(土) 〜 2018年07月15日(日)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間39分
休憩
15分
合計
3時間54分
Sスタート地点11:3613:00赤鍋の滝13:1514:30鎌滝15:30宿泊地
2日目
山行
5時間23分
休憩
5時間0分
合計
10時間23分
宿泊地07:1207:30ノウナシ滝08:15千手滝09:1509:35地蔵滝11:00脇の宿下のコル11:3012:15大普賢岳12:4413:31国見岳13:45稚児泊14:1515:00ノウナシ谷17:3117:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報洞川温泉600円 20時まで
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

通行止め手前
2018年07月14日 11:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止め手前
えぐられて通行止め
2018年07月14日 11:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えぐられて通行止め
入渓はこの橋から
2018年07月14日 11:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓はこの橋から
1
コンクリート道あり
2018年07月14日 11:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンクリート道あり
階段を降りて入渓
2018年07月14日 11:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を降りて入渓
最初の釜から泳ぐが水が冷たい
2018年07月14日 12:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の釜から泳ぐが水が冷たい
1
最初の釜から泳ぐが水が冷たい
2018年07月14日 12:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の釜から泳ぐが水が冷たい
1
赤鍋の滝まで朽ちた作業道あり
2018年07月14日 12:13撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤鍋の滝まで朽ちた作業道あり
斜面が崩れている
2018年07月14日 12:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面が崩れている
1.へっついさんかな
2018年07月14日 12:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1.へっついさんかな
2
赤鍋の滝。3m滝の下を泳いで突破
2018年07月14日 13:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤鍋の滝。3m滝の下を泳いで突破
1
上から見下ろす
2018年07月14日 13:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見下ろす
泊適地は本当に適地
2018年07月14日 14:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泊適地は本当に適地
1
ノウナシ滝
2018年07月15日 07:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノウナシ滝
1
リッジの高巻
2018年07月15日 07:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リッジの高巻
1
千手滝(馬頭滝は見逃し)
2018年07月15日 08:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千手滝(馬頭滝は見逃し)
2
ルンゼを登る
2018年07月15日 08:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼを登る
ルンゼから見下ろす。ビレイ中
2018年07月15日 09:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼから見下ろす。ビレイ中
1
炭焼き跡かな
2018年07月15日 09:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭焼き跡かな
トイ状のナメ
2018年07月15日 10:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイ状のナメ
2条4mを見て東斜面を登る
2018年07月15日 10:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2条4mを見て東斜面を登る
東斜面を登る
2018年07月15日 10:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東斜面を登る
大普賢岳山頂
2018年07月15日 12:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳山頂
1
稚児泊から下降
2018年07月15日 13:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児泊から下降
窪地にて沈
2018年07月15日 14:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窪地にて沈
西へ下る、ガレ斜面で落石だらけ
2018年07月15日 14:37撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西へ下る、ガレ斜面で落石だらけ
下部は岩斜面。
2018年07月15日 14:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部は岩斜面。
ワイヤーだらけのオソゴヤ谷
2018年07月15日 15:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワイヤーだらけのオソゴヤ谷
こんな感じできれいでない
2018年07月15日 15:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じできれいでない
植林で斜面も貧弱
2018年07月15日 15:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林で斜面も貧弱
林業小屋跡か
2018年07月15日 15:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林業小屋跡か
ドラム缶滝の巻きで
2018年07月15日 16:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドラム缶滝の巻きで
一回だけ軽く泳ぐ
2018年07月15日 16:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一回だけ軽く泳ぐ
2
大崩壊。ここも杉の植林→間引かず→崩壊
2018年07月15日 16:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大崩壊。ここも杉の植林→間引かず→崩壊
1
お助け紐で降りる
2018年07月15日 17:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お助け紐で降りる
この顔にピンときたら・・・
2018年07月15日 17:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この顔にピンときたら・・・
麻婆茄子定食
2018年07月15日 21:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麻婆茄子定食
1

感想/記録

3連休を利用して本当は四国の沢に行く予定だったが、リーダーの闘将が仕事で参加不可ということで(残りのメンバーでは登れないため)行先変更に。どこに変更するか、残りの参加者でメール上で激しいバトルがあり、さらには金曜夜発が不可な参加者も出て、自分も仕事で疲弊しており2泊3日行く気力も失せたので、1泊2日で大峰の沢に行くことにした。

3人がおのおの3箇所の代替案を提出しても、結局は9箇所の代替案が示されただけで、まとめる人がいないのでまとまらない。強いリーダーがいれば組織は引き締まるが、逆にリーダーの存在が強すぎるために、リーダー不在時にまとまらないという諸刃の剣。計画書上自分がリーダーになったが、計画書とルート研究は提案者に丸投げした。出発前夜に確認したらルートが間違っていることに気づいた。いろいろとグダグタ感があったが、結果的にはいいルートで充実した1泊2日だった。珍しく快晴の3日間だったので、強欲を言えば当初予定の2泊3日で四国の沢に行ければ最高だったが。。

快晴の3連休ということで高速も下道もそこそこ混雑していた。入渓時間が当初予定よりも2時間ほど遅れそうなので、1泊で抜けられるかぎりぎりのタイミングに。あらかじめ2泊になるかもしれないということを予防線として事前に関係各位に連絡。

入渓地点は橋の下にコンクリートの歩道が見つかり、迷わず入れた。こういうルートファインディングはいつも我ながらうまい。さっそく釜に入ってみるが、水が冷たい!下界は猛暑だが、沢の水は逆にずっと浸かれないほど冷たい。ギャップに驚きつつ進む。∪崙蕕梁譴任魯蹇璽廚鮟个靴討澆燭、思ったよりも簡単。ただ滑りやすい。3滝では先行Pの若い方々が絶妙な石アートを作成中。魚も泳いでいたが先を急ぐ。泊適地にはすでに立派なテントが一張り。見事に泊適地。その上の4m滝は右岸を巻くが、ちょっとだけ微妙で注意。イハシ谷手前付近で泊。

焚火をするが、相変わらずの下手さで、2時間かかってもうまくつかない。youtubeで勉強するようにお達しがでる。蛍の光が見えてきれいだ。上部にも星がかなり出ているみたいだが、残念ながら樹林であまりよくみえない。21時に就寝。朝は4時半にいち早く起きて再度焚火をおこすがやっぱりうまくいかない。他人にまかせる。

出発してすぐにぅ離Ε淵径譟7觜渋腓く高巻く。さらに高巻きすぎそうになる先頭を制して落ち口に降りる。相変わらずルートファインディングができる俺(2回目)。すぐにダ藜蠡譟B譴留Δ離襯鵐爾ら登るが、千手滝のすぐ右手の岩場にピンクテープがあるのに気が付く。おそらくこのテープ沿いに登らないと馬頭滝を見逃して登ってしまうのではないかと感じたが、そうすると登攀に時間がかかり面倒なので、気にせずにルンゼから高巻く。途中のトラバースがいやらしいのでザイルを出す(2回目)。先頭はやはりそのまま登ってしまい、馬頭滝は見逃したが、途中で落ち口に降りるのも面倒なので問題ない。ただ登っている途中に馬頭滝を見逃すことになることに気が付いた自分はルートファインディングができている(3回目)。γ和滝はきれい。ノウナシ滝は高さだけ。その後脇の宿谷左俣を進み、トイ状のナメを進み、2条4mが見えたところで遡行終了し、斜面を詰めて主稜線のコルへ抜ける。

コルで着替えて、ここから2時間ほど主稜線を縦走したが、河童先輩が皿が乾いてやや遅れる。大普賢岳で昼食休憩を取り、稚児泊で河童先輩が力尽き?当初の下降地点よりも手前でノウナシ谷に下ることになる。下降始まりでいきなり単なる窪地(GPS
参照)にハマってしまう。この時点ですでに14時だったため、2泊目も頭をよぎる。窪地を登り返し、西へまっすぐ降りるが、人跡なき斜面のため、地面に隠れた大岩もちょっと踏んだだけで転がる不安定な斜面で苦労する。斜面の下部は岩斜面でこちらも不安定。なんとかオソゴヤ谷の沢筋に近づくと獣道?があり安定する。

オソゴヤ谷には難しい滝はなく、基本的に沢沿いを歩けば下れる。途中のドラム缶滝ではうまく巻けず7m懸垂をすることになってしまったが。

神童子谷は自然林で覆われており植生も豊かで美しかったが、オソゴヤ谷は杉の人工林で覆われており植生は貧弱。さらにワイヤーロープが上流から下流までひっきりなしに転がっており、沢中も倒木だらけできたない。泊適地もない。途中で林業小屋の跡があったがここも廃ビンだらけできたない。さらに下流では植林でやせた土壌が原因と思われる大規模な土砂崩れが起こっていた。今後も温暖化による豪雨も増えることから、いつまでも沢が同じ姿であることはないだろう。

最後はちょっとだけ面倒な高巻きをして橋に出て終了。3連休の中日ということもあり家族連れを中心に混んでいて天の川温泉には入れず、洞川温泉に入るも混雑で洗い場待ち。夕食はいつものところで麻婆茄子定食。今回は腹がすいていたのでだいぶ食べたが、やはり唐揚げを1個お持ち帰りになってしまった。




訪問者数:1021人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ