また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1534772 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八幡平・岩手山・秋田駒

裏岩手縦走(八幡平〜畚岳〜大深山荘〜三ツ石山〜松川温泉)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年06月25日(月) ~ 2018年06月26日(火)
メンバー
天候6/25,26ともに晴れ。
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 飛行機
FDAで名古屋小牧空港〜青森空港へ。
そこからレンタカーで八幡平へ移動。
裏岩手縦走して松川温泉に下山後は八幡平自然散策バスで八幡平へ戻る。
http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/archives/14759/#time
http://www.hachimantai.or.jp/event/2018/sansakubus3.pdf
専用チケットを峡雲荘で買おうとしたら、区間が短い場合は路線バスと同じ料金になり、運転手に現金で払ったほうが安いとのこと。松川温泉〜八幡平レストハウス:520円でした。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
20:09
距離
21.9 km
登り
827 m
下り
1,502 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間26分
休憩
30分
合計
3時間56分
S八幡平山頂レストハウス12:1912:34八幡平12:3612:43ガマ沼12:4412:50見返峠12:5112:58鏡沼分岐13:0513:09八幡平山頂レストハウス13:1113:22裏岩手縦走路入口13:2813:34藤七温泉分岐13:41畚岳分岐13:48畚岳13:5814:02畚岳分岐14:39諸桧岳14:57石沼15:07前諸桧15:0815:50嶮岨森16:15大深山荘
2日目
山行
3時間4分
休憩
39分
合計
3時間43分
大深山荘04:4004:43大深山荘水場まで0.4km道標04:4604:47大深岳分岐04:52大深岳04:5305:02八瀬森分岐05:0405:35小畚山05:5506:09三ツ石 覘標ノ台06:16三ツ沼06:1706:38三ツ石山06:4207:13三ツ石山荘07:1707:43松川温泉・奥産道方面分岐07:4408:14三ツ石山松川登山口08:1708:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・畚岳〜嶮岨森で雪解け水がコース上に流れ出て足元に気をつけた方がいいところがあった。
・大深山荘〜三ツ石山荘にかけて雪渓が数箇所残っていたが、平坦で踏み跡もしっかりしており特に危険な箇所はなかった。
・ブヨ等の虫は特に見かけなかった。トンボも見てないのでまだ早かったのかも。
その他周辺情報松川温泉に3つ日帰り入浴できる旅館がある。どれも朝8時頃からやっている。
過去天気図(気象庁) 2018年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ テントマット シェラフ 熊鈴

写真

撮影機材:

感想/記録
by nori

何年かぶりにバースデー登山を計画。
天気予報を見てFDAのバースデー割引が取れそうだったので、名古屋小牧〜青森空港とレンタカーを予約。
当初は南八甲田に行く予定だったけど、八幡平や岩手山の方の天気がよさそうだったので、直前で大深山荘泊まりの裏岩手縦走に変更。
移動時間がちょっとタイトだったけど何とかほぼ予定通りに行ってこれました。

八幡平レストハウスのところからやや東にある無料駐車場にレンタカーを置き、まずはドラゴンアイを見に行きがてら、山頂含めてぐるっと周回。
その後、裏岩手縦走登山口に徒歩へ移動し、今回のメインコースへいざ出発。
岩手山を眺めながら快晴でたおやかなトレイルは気持ちよく、花もたくさん咲いておるのでたくさん写真撮っててついつい歩みが止まりやすくなってしまう。
それでも予定より早いペースで16時過ぎには大深山荘に着くことができました。

きれいで木の香りがする避難小屋。最近建て直されたのかな?
少し離れた水場にはあふれんばかりにおいしい水がたくさん出ており、おまけにドコモLTEがバリバリ入る快適な小屋でした。
そんな小屋に自分以外に青森から来た方が一人だけだったので、広々と使えることができました。(紅葉時期の土日は土間に寝る人や外でテントの人もいるという混雑らしい)
ちなみに東北でも北の方なので名古屋の方に比べて結構日の入りが遅く20時くらいまで明るく日の出は早く3時頃にはご来光を見ました。

次の日はコースタイム的にバスの時間から逆算して5時前には出発。
天気予報的には曇りのはずだったけど朝早い時間だからか思ったよりもよく、青空が!
途中雪渓をいくつか越えていったけど特に危険な箇所もなく順調に三ツ石山荘へ。
この辺から標高を下げていくのでだんだん暑く感じるくらいでした。
途中ルートのすぐ近くでガサガサってしたので、もしかしてクマ!?と思ったら単に山菜採りの人でした。
ビックリしたなぁ・・・この時期山菜採りの人、下手したら登山者より多いです。

ガンガン下ると予定よりだいぶ早く、8時過ぎには松川温泉の登山口に下山。
八幡平自然散策バスの時間まで2時間半はあったので、一番遠い松楓荘のお風呂に入りに行ってきました。名物だった洞窟風呂や吊橋は雪崩で崩落してしまい休止状態でしたが、
混浴露天風呂と内風呂にゆっくり浸かり登山の疲れを癒やしました。
正直松川温泉の中で一番鄙びた雰囲気でしたが、逆になんだか実家を思い出させるような懐かしさを感じるいい宿でした。ちなみに宿で飼ってる黒猫かわいいです(笑)

バス停のある峡雲荘に戻ると定刻にやや遅れてバスがやってきました。
なんとほぼ満員!みんな八幡平へ登山に行くのでしょうか?
何とか座れてラッキー。しかし今日平日なのにすごいな・・・土日とかどうなっちゃうんだろう?

八幡平でレンタカーを無事回収、東北道で青森空港へ。途中時間があったので道の駅田舎館村で田んぼアートや石ころアートを見たけどここはよかった。展望台入るのに300円かかるけどおすすめです。
青森空港からはビューンと名古屋小牧空港へひとっ飛び。
そういえば行きも帰りもバースデー割引利用だったのでポーチやら風呂敷やらいただきました。ありがとうございます。
なお、名古屋に着いた瞬間、ものすごい温度と湿度にめげそうになりました。
まさかこの後梅雨明けが早く猛暑が続くとはそのときには思いもしりませんでしたが・・・


お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1506人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ご来光 ブヨ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ