また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1537406 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 日高山脈

幌尻岳新冠陽希コース

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年07月26日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
札幌から苫小牧東インター手前まで行き日高道に入る。日高道は未だ無料。日高門別、厚賀とドンドン延伸されている。最終の厚賀インターまで行き235号に入り新冠方面に向かう。15分くらいで左折し209号線通称サラブレッドロードに入る。信号のない道をひたすら進み泉地区に入る右折道路あるので右折。そこからが長い!泉地区の集落を抜け暗闇の中、それらしい農道を探す。因みになんの看板もない。基本的には農作業、土木作業のための通行路なのを登山口にアクセスする道としているだけなので…。自分は夜中12時過ぎだったので余計にわからない。結論は泉地区集落を越えて数キロ先を右折すると合っていた。右折して少し行って ここから国有林です……の大きな看板あれば正解、この前後看板、標識は一切ない。自分が正しい道に進んでいるかも半信半疑。ガイドブックにもあったがこの未舗装路が半端なく長い。38キロを未舗装って初めてだった。夜中だと横が崖なのか川なのかダムなのかもわからない。途中新冠ダムのところでまさかの右折路分岐。しかし真っ直ぐもそれらしい林道。ここでは各社スマホは使えない!結論は正しい道は右折。私も考えた末に右折した。しかし全く着く気配なし!15分くらい走って不安で戻る。そしてまた新冠ダムの電力施設の分かれ道に戻る。そして直進方向に行く。しばらく進むと轍はあるがさっきより路面の状態かなり悪い!しかし作業中で無人になったユンボがある工事現場などあってそれらしい林道。結局は自分の判断でまた戻ることに…。ところどころ崩落箇所あり変な場所で方向転換できないから広めな場所探して転回。そして分岐点に戻りガイドブックを読みかえす。すると新冠ダムの堰堤を渡るという文言が。曲がるとは書いてないが!思い切って右折して最初のとおりに行く。ここから30キロ以上進んでなかったらもう帰ろう!と心に決めて!そして進むこと約20キロ。ナビでも出ないイドンナップ山荘に到着。すでに2時前であった。昼間なら周りのダムなど見えるので堰堤もよく見えるので迷わなかったかも。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間9分
休憩
50分
合計
11時間59分
Sイドンナップ山荘03:3103:37奥新冠発電所ゲート03:3704:09いこい橋ゲート04:0906:27岩清水06:2706:57新冠ポロシリ山荘07:0007:30幌尻沢徒渉点07:3208:17見晴台08:1708:23中間点08:2708:46水場08:5609:04お花畑09:1209:35大岩09:3809:45振内・新冠コース分岐09:4509:52幌尻岳10:0410:10振内・新冠コース分岐10:1010:14大岩10:1410:32お花畑10:3210:40水場10:4310:55中間点10:5511:00見晴台11:0011:28幌尻沢徒渉点11:3011:59新冠ポロシリ山荘11:5912:28奥新冠ダム12:3014:49いこい橋ゲート14:5015:25奥新冠発電所ゲート15:2615:31イドンナップ山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
イドンナップ山荘から新冠ポロシリ山荘までは長いだけで危険箇所はない。幌尻岳登山口から山頂までは3回くらい徒渉あるが飛び石で行けた。熊笹をかき分けて行くようなところもある。後半、山頂が見えてからが急登で大変。下りは楽だが急なので転落、転倒に注意。
その他周辺情報新冠レコードの湯
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

新冠陽希コースのモニュメント
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新冠陽希コースのモニュメント
これよじ登るか掴まって横から行くか?とにかく越えないと進まない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これよじ登るか掴まって横から行くか?とにかく越えないと進まない。
2
下の方に川が。魚釣れそう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方に川が。魚釣れそう!
1
単調な林道歩き。途中にこういう沢、川がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
単調な林道歩き。途中にこういう沢、川がある。
2
たくさん同じのが自生。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさん同じのが自生。
2
この他白もたくさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この他白もたくさん。
3
普通の林道だからペースは速い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普通の林道だからペースは速い。
今日もいい天気。絶景を期待!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もいい天気。絶景を期待!
2
今までの長丁場を思えばあとたった5キロって思えた!札幌で5キロは地下鉄3駅以上あるが…。マヒしている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今までの長丁場を思えばあとたった5キロって思えた!札幌で5キロは地下鉄3駅以上あるが…。マヒしている。
大きな川も林道横から流れてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな川も林道横から流れてくる。
1
どこかの渓谷の中のよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこかの渓谷の中のよう
1
山荘到着。これがガイドブックにもあったバイオトイレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘到着。これがガイドブックにもあったバイオトイレ
2
雰囲気ある新冠ポロシリ山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気ある新冠ポロシリ山荘
5
爽やかな風と水流の音が睡眠不足の身体を癒してくれる!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爽やかな風と水流の音が睡眠不足の身体を癒してくれる!
1
右手に川を見ながら進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に川を見ながら進む。
2
更に川の左手を進み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に川の左手を進み
1
これを渡り右岸側に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを渡り右岸側に進みます
2
右岸から本格的な登りが始まる!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸から本格的な登りが始まる!
上を向いてもまだ幌尻岳は見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上を向いてもまだ幌尻岳は見えない。
2
見晴らし台。この辺り笹被りで単調で辛い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし台。この辺り笹被りで単調で辛い。
こんなところばかり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところばかり
1
暑くて汗💦が止まらない。でもまだ中間点…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑くて汗💦が止まらない。でもまだ中間点…
1
突然景色が開けて川と花畑が広がった!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然景色が開けて川と花畑が広がった!
2
ここがガイドブックでは水場となっている場所。飲料たくさん持っているがヌルいのでここで水を飲む。すごい冷たい!顔も洗いタオル濡らしクビに巻く。ここでかなり回復…他の方たちも同じこと感じたと思う。登山者の姿は多数。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがガイドブックでは水場となっている場所。飲料たくさん持っているがヌルいのでここで水を飲む。すごい冷たい!顔も洗いタオル濡らしクビに巻く。ここでかなり回復…他の方たちも同じこと感じたと思う。登山者の姿は多数。
2
この水場を渡りこの辺りでははっきり山頂が確認できる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この水場を渡りこの辺りでははっきり山頂が確認できる。
2
この場所で飛び石で渡る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この場所で飛び石で渡る。
1
ここから急登。ロープあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急登。ロープあり
花🌸もまさに咲き乱れている感じ。写真では上手く表現出来ないが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花🌸もまさに咲き乱れている感じ。写真では上手く表現出来ないが。
3
急登でみなさん写真撮影しながらゆっくり登っている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登でみなさん写真撮影しながらゆっくり登っている
2
新冠ダムでせき止めたポロシリ湖が遠くに臨める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新冠ダムでせき止めたポロシリ湖が遠くに臨める
ここもチェックポイントの一つの大岩。水分補給した川からずっとこの大岩目指して登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもチェックポイントの一つの大岩。水分補給した川からずっとこの大岩目指して登る。
2
上から撮った大岩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から撮った大岩
ここが他のコースとの合流地点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが他のコースとの合流地点
少し暗くなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し暗くなった。
山頂。幌と岳の字が一部剥がれ落ちていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂。幌と岳の字が一部剥がれ落ちていた。
6
いつかはあちらのコースも…拡大すると道見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつかはあちらのコースも…拡大すると道見える。
4
こちらが戸蔦別方面か。しかし日帰りはここで限界
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが戸蔦別方面か。しかし日帰りはここで限界
1
下りは楽で写真撮る余裕がある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは楽で写真撮る余裕がある
2
遠目に写すとよく見えないが沢山花が咲いてるのがわかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠目に写すとよく見えないが沢山花が咲いてるのがわかる。
1
黄色い花に蝶が…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色い花に蝶が…
1
登りで気がつかず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りで気がつかず。
3
ここまで戻った!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで戻った!
また笹被りの中進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また笹被りの中進む
新冠ポロシリ山荘到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新冠ポロシリ山荘到着
3
奥新冠ダム。誰がこれを作ったのだろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥新冠ダム。誰がこれを作ったのだろう
3
この時間も暑い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間も暑い。
1
林道でもこんなところは気持ちいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道でもこんなところは気持ちいい。
1
逆算するとあと8キロくらいか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆算するとあと8キロくらいか?
キツネ。写す瞬間後ろ向いてしまう…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツネ。写す瞬間後ろ向いてしまう…
1
もうすぐ着く。まだ暑い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ着く。まだ暑い。
入口の看板、朝は気がつかず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口の看板、朝は気がつかず。
イドンナップ山荘横の看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イドンナップ山荘横の看板
イドンナップ山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イドンナップ山荘
翌日は家族でランチ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日は家族でランチ
4
デザート!あらメインのパスタ写真撮影忘れた…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デザート!あらメインのパスタ写真撮影忘れた…
3

感想/記録

連休だったので100名山で難易度高と言われる幌尻岳挑戦。長く歩くのは苦痛ではないので新冠陽希コースを選択。日帰りできるように3時半スタート。ライトつけて出発。長い長い林道を歩く。奥新冠ダムが見えたらもうすぐ。新冠ポロシリ山荘から登山道。長い笹被り道を超えて何度か川も渡り1600m過ぎ地点で水場となっている川に出る。そこからは山頂が見えてやる気が出る。高山植物も多くなる。山頂まではかなりの急登。天気が良く花の時期もベストだったようでベテランっぽい方たちも今日は最高だと言っていた。登りが大変な分下りは楽。しかし滑って転んだり落ちたりしそうなのは下り。今日は天気が良く行程の中で何十人もの方たちとすれ違った。ガイドツアーの方も多い。私も今日という絶好のタイミングでここに登れて幸せだと思った。翌日も休みで最高の天気だが約12時間、43キロも歩くと翌日も登山っていう気にならず。今日まで休みなので家族とランチして犬とまったり…。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1518人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ