また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1561006 全員に公開 ハイキング中央アルプス

風越山(木曽) 駅から周回、思わぬ徒渉が

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車
上松駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間54分
休憩
33分
合計
9時間27分
S上松駅09:0610:50風越山登山口10:5412:41カヤトの丘12:4312:54風越の頭13:0113:19風越山13:2013:27中央アルプス展望所13:4613:54風越山15:20敬神への尾根道1360M地点16:20滑川徒渉点(1180M地点)18:33上松駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
敬神への下山道は、問題が多く、現状では利用しない方がいい。
踏み跡は薄く、マーキングのテープ頼りだが、最後の数百メートルはブッシュに覆われた道らしきところを強行突破して河原に。滑川は徒渉を強いられた。さらに、そこから木曽駒登山口への道路に上がるのに苦労した。道路脇に風越山登山口の立派な道標が見えるが、法面高く上がれず、道に沿って藪漕ぎし、どうにか這い上がった。
その他周辺情報夕方、上松の駅前は居酒屋一軒、地元のスモールマーケットのみ

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ

写真

上松は、ご当地御嶽海優勝祝賀ムード満載
2019年08月18日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上松は、ご当地御嶽海優勝祝賀ムード満載
木曽駒がはるかに
2019年08月18日 09:38撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒がはるかに
1
木曽古道もとおる吉野集落集会所前からの風越山。もっとも、集落の真ん中を圃場整備でできたと思われる道がまっすぐ伸びていたのが印象的。
2019年08月18日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽古道もとおる吉野集落集会所前からの風越山。もっとも、集落の真ん中を圃場整備でできたと思われる道がまっすぐ伸びていたのが印象的。
1
このあたり、なぜか彼岸花がピンク。後で調べると、ヒガンバナ科ヒガンバナ属のナツズイセンのようです。
2019年08月18日 10:01撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり、なぜか彼岸花がピンク。後で調べると、ヒガンバナ科ヒガンバナ属のナツズイセンのようです。
4
鷹鳥屋登山口から急登がはじまります。今日は涼しいから我慢できるかな
2019年08月18日 12:16撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹鳥屋登山口から急登がはじまります。今日は涼しいから我慢できるかな
1
いよいよカヤトの原 萩は咲けど、ここは暑い
2019年08月18日 12:22撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよカヤトの原 萩は咲けど、ここは暑い
1
コオニユリかな 
2019年08月18日 12:44撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コオニユリかな 
1
ツリガネニンジン? マツムシソウも咲いていました
2019年08月18日 12:47撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン? マツムシソウも咲いていました
2
中央アルプス展望点。宝剣が雲の合間から それにしても沢が深い
2019年08月18日 13:32撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス展望点。宝剣が雲の合間から それにしても沢が深い
2
敬神への下山道はマーキングテープを慎重にたどる
2019年08月18日 15:23撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敬神への下山道はマーキングテープを慎重にたどる
滑川の徒渉点です。浅いところを探したが、膝までの深さ。安全のため靴のままズブズブと、直後は実に爽快だ。
2019年08月18日 16:07撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑川の徒渉点です。浅いところを探したが、膝までの深さ。安全のため靴のままズブズブと、直後は実に爽快だ。
3
ようやく、上松・木曽駒登山口に通じる道に這い上がりました
2019年08月18日 16:35撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、上松・木曽駒登山口に通じる道に這い上がりました
歴史ある登山道だけあって、道標にも風格が
2019年08月18日 17:16撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歴史ある登山道だけあって、道標にも風格が
夕やみ迫る中をゆっくりと駅を目指します
2019年08月18日 17:30撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕やみ迫る中をゆっくりと駅を目指します
1

感想/記録

上松は、亡き母が戦前唯一登った高山、木曽駒ケ岳の登山口。今回は、ここから歩いての登山。吉野集落を抜け、木曽古道をたどって、登山口に。色々な花に出会えるカヤトは、なんだか今でも名残が感じられます。木曽馬は盛んに農耕馬として重宝されたから、採草地の山だったのだろう。山頂展望点からは、木曽駒、宝剣の大きさを実感した山旅であった。
それにしても、山頂付近の不用心な道標は、考えものである。
訪問者数:165人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/10/5
投稿数: 18
2018/8/20 7:39
 興味を惹かれたのでルートを確認しました
ヤマレコの地形図で「みんなの足跡」を確認すると結構踏まれていますね。
「風越山 敬神」で検索するとヒットしますよ。
途中まででやめたのは以下、2018年08月09日(木) [日帰り]
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1549584.html
これも興味深い
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-75976.html
「風越山 上松」で検索すると以下もあった
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1215353.html

以下によれば
 江戸時代には、当時の山麓の様子が木曽八景に数えられました。草原を夏の風が吹き渡り、爽やかにそよぐ美しさを伝えたといわれます。しかし近代化とともに酪農家も減り、里山の需要がなくなってくると、木曽八景の美しさも失われていきます。かつて夏の風にそよいだ草原は雑木に覆われ、カヤの平の名残は山頂付近にわずかに残るのみとなりました。
昭和40年代までは、美しい草原が広がっていた風越山。その美しさを少しでも取り戻そうと、住民有志の活動が実施されたこともあります。上松町も過疎・高齢化の波の中、景観と観光資源の保全も課題の一つと言えます。
http://www.avis.ne.jp/~hinoki/04tozan.html
先人の築いた山道がいたるところで維持されなくなってきたのは寂しい気もします。
登録日: 2018/8/1
投稿数: 4
2018/8/20 8:15
 Re: 興味を惹かれたのでルートを確認しました
的確に調べてくれて、ありがとうございます。山行記録のID1215353を見ると、ほぼ今回の下山コースが確認できます。あの道路脇の妙な道標も同じ。帰路靴のまま滑川を徒渉というのも同じ判断なのかと思います。
吉野集落は、歴史が古いようです❗興味が持たれました。写真に「風越青嵐の里」の碑を載せておきました。
登録日: 2016/10/5
投稿数: 18
2018/8/20 12:55
 Re[2]: 興味を惹かれたのでルートを確認しました
最近、共有地がなくなり馬の飼育も大変なようです。

以下で納得しました。
この山は、吉野という集落の共有地で、木曽馬のための、草かっぱ(草刈り場)、採草地でした。
風越山が採草地だった里山の原風景
https://kisouma26.exblog.jp/21815375/
登録日: 2018/8/1
投稿数: 4
2018/8/20 20:41
 Re[3]: 興味を惹かれたのでルートを確認しました
またまた、調べていただきありがとうございます。
その後私も調べてみましたが、井領 邦弘さんが「上松町吉野の歴史」として「木曽吉野小史」という冊子をご自身のHPにのせておられるものが、実に秀逸です。http://kuiryo.webcrow.jp/kyoudo/yosino/index.html
特に第2章の「中世以降の歴史に見る木曽と吉野」の中の「木曽古道」の部分や第3章の「追憶の吉野(昭和10年〜昭和20年頃)」の馬や風越山の記事などが、今回の山行に直接関連するものです。そのほか、「夜明け前の木曽」など興味が尽きません。
私たちも山に登るときに、その山の歴史、文化、暮らしなどに親しみながら登ると一層山登りの奥行きが広がるように感じました。
登録日: 2016/10/5
投稿数: 18
2018/8/21 7:03
 無題
最近は石碑の説明文なども積極的に写真撮っています。文字起こしをしてみようとすると多くはインターネット上に記載されています。興味が広がる環境が徐々に蓄積されている気がします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ