また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1562863 全員に公開 ハイキング奥秩父

【大菩薩嶺】あの暑さはいずこ?最適な陽気の山歩き(上日川峠〜大菩薩嶺〜大菩薩峠〜上日川峠)

日程 2018年08月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ→曇り
上日川峠から涼しくて気持ちが良かった♪
いったん、暑さの盛りが過ぎて山の上は肌寒いくらい。
ノンビリペースだったこともありますが、汗をかくこともなく、ちょうどいい気温。はや、秋の気配でした。
アクセス
利用交通機関
電車バス
■行き
◇自宅〜甲斐大和
 最寄り駅から東上線、武蔵野線、中央線で高尾へ。

 JR中央本線・小淵沢行
 08:44 高尾発
 09:44 甲斐大和着

◇甲斐大和〜上日川峠
 大菩薩上日川峠線
 09:50 甲斐大和駅発
 10:31 上日川峠着
 http://eiwa-kotsu.jp/media/root_1_tt.pdf

■帰り
◇上日川峠〜甲斐大和
 大菩薩上日川峠線
 15:00 上日川峠発
 15:45 甲斐大和駅着

◇甲斐大和〜自宅
 JR中央本線・高尾行
 16:15 甲斐大和発
 17:08 高尾着
 二人別々で、座れました。やっぱりソコソコの混雑。

 高尾から中央線、武蔵野線、東上線で自宅最寄駅へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間1分
休憩
1時間11分
合計
4時間12分
S上日川峠10:4311:04福ちゃん荘11:1012:04雷岩12:0712:14大菩薩嶺12:1512:26雷岩13:1313:20神部岩13:40賽ノ河原13:43親不知ノ頭13:4813:55大菩薩峠14:0214:27勝縁荘14:2914:32富士見山荘14:37福ちゃん荘14:55上日川峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体に整備されており、特段、危険な個所はありません。
ガレたところは気をつけて。
大菩薩の鉄板ルートですが、大菩薩峠から上日川峠への道は初めて歩きました。安全ではありますが、さすがに山歩きの気がしません・・・

装備

個人装備 ザック(26L) ザックカバー クッカー ガスボンベ コッヘル 昼ご飯 非常食 レインウェア 帽子 手袋 ストック ヘッドランプ ライター サングラス 地図 スマホ カメラ ロールペーパー 救急用品 サバイバルシート 予備靴ひも 携帯簡易トイレ 保険証 タオル
備考 涼しかったため、昼メシと、食後のコーヒーで水分を摂取した以外には、道中、水分の摂取なし。

写真

上日川峠から遅めのスタート♪
この時点ですでに涼しい。
2018年08月19日 10:50撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上日川峠から遅めのスタート♪
この時点ですでに涼しい。
陽も差して、まずまずの天気。
2018年08月19日 11:08撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽も差して、まずまずの天気。
福ちゃん山荘。
2018年08月19日 11:12撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ちゃん山荘。
ありゃりゃ???
登っていくにつれてガスが濃く・・・
2018年08月19日 11:36撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありゃりゃ???
登っていくにつれてガスが濃く・・・
開けて振り返ると富士山!!!
のポイントですが、残念ながら雲に阻まれてしまい、なんとか大菩薩湖が見える程度・・・
予報よりも雲が出てくるのが早かったか???
2018年08月19日 11:56撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けて振り返ると富士山!!!
のポイントですが、残念ながら雲に阻まれてしまい、なんとか大菩薩湖が見える程度・・・
予報よりも雲が出てくるのが早かったか???
気を取り直して雷岩へ。
2018年08月19日 12:02撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を取り直して雷岩へ。
そのまま、とりあえず山頂へ。
山頂付近はシャツ1枚だと肌寒さを感じるくらい。
2018年08月19日 12:23撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま、とりあえず山頂へ。
山頂付近はシャツ1枚だと肌寒さを感じるくらい。
1
雷岩でご飯タイムにしていると鹿が姿を現しました。
鹿の食害の柵を見てはいましたが、実際に大菩薩で鹿に遭遇したのは初めてでした。
2018年08月19日 13:04撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩でご飯タイムにしていると鹿が姿を現しました。
鹿の食害の柵を見てはいましたが、実際に大菩薩で鹿に遭遇したのは初めてでした。
1
もう1頭。
最終的には3頭、出てきました。
まったく動じる様子もなく。人馴れしてるな〜
2018年08月19日 13:05撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう1頭。
最終的には3頭、出てきました。
まったく動じる様子もなく。人馴れしてるな〜
1
多少、雲が切れて甲府盆地の方面が見えるタイミングも。
2018年08月19日 13:17撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少、雲が切れて甲府盆地の方面が見えるタイミングも。
奥には薄らと南アルプスの南部が見えていたり。
2018年08月19日 13:18撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥には薄らと南アルプスの南部が見えていたり。
1
これから進む稜線にもうっすらと雲。
2018年08月19日 13:21撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む稜線にもうっすらと雲。
1
稜線を進んで行くと、雲の合間から富士山が・・・
2018年08月19日 13:35撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を進んで行くと、雲の合間から富士山が・・・
1
上層に厚い雲は残っていますが、しっかりと富士山が姿を見せてくれました。
雲が厚い感じだったので、見えると思っていませんでした。
2018年08月19日 13:38撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上層に厚い雲は残っていますが、しっかりと富士山が姿を見せてくれました。
雲が厚い感じだったので、見えると思っていませんでした。
4
振り返っての大菩薩。お約束の好きな景色♪
2018年08月19日 13:41撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っての大菩薩。お約束の好きな景色♪
2
賽の河原。ちょっとだけ登り返し。
2018年08月19日 13:48撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原。ちょっとだけ登り返し。
歩いてきた稜線。
2018年08月19日 13:52撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。
1
見えたり隠れたりの南アルプス、間ノ岳〜北岳〜甲斐駒あたりがうっすらと。
2018年08月19日 13:52撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見えたり隠れたりの南アルプス、間ノ岳〜北岳〜甲斐駒あたりがうっすらと。
2
富士山はだいぶ雲のなかにお隠れに・・・
いいタイミングで姿を拝むことができました。
2018年08月19日 13:54撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山はだいぶ雲のなかにお隠れに・・・
いいタイミングで姿を拝むことができました。
2
大菩薩峠。意外と人が少ないのは、時間が遅めだから?
2018年08月19日 14:05撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠。意外と人が少ないのは、時間が遅めだから?
2
大菩薩峠からの奥多摩三山。
この辺りでも涼しく登山日和だったのでしょう。
2018年08月19日 14:04撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠からの奥多摩三山。
この辺りでも涼しく登山日和だったのでしょう。
3
大菩薩峠から上日川峠に向かう道で、コケ蒸す道。
沢になっているわけではありませんが、上から下に向かってコケの一本道。地下水脈に沿った形でコケコケしているのでしょうね、きっと。
2018年08月19日 14:24撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠から上日川峠に向かう道で、コケ蒸す道。
沢になっているわけではありませんが、上から下に向かってコケの一本道。地下水脈に沿った形でコケコケしているのでしょうね、きっと。
1
広く整備されて歩きやすいのですが、ダラダラと下る道・・・
2018年08月19日 14:24撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広く整備されて歩きやすいのですが、ダラダラと下る道・・・
1
目の前の沢。涼しげ〜
おいしそうな水だったのですが、ここまで全くのどが渇かず。
2018年08月19日 14:36撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前の沢。涼しげ〜
おいしそうな水だったのですが、ここまで全くのどが渇かず。
3
福ちゃん山荘まで戻ってきました。
2018年08月19日 14:43撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ちゃん山荘まで戻ってきました。
1
そのまま上日川峠に。ちょうどバスの出発時間で、ラッキー♪
2018年08月19日 15:03撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま上日川峠に。ちょうどバスの出発時間で、ラッキー♪
撮影機材:

感想/記録
by dai_t

8/7から、所用で長野方面に行っており、隙間時間の8/8に嫁さんと一緒に北八散策を予定するも、台風の影響で雨の白駒池を周遊したのみで断念。
その行った足で、8/10、11と白馬、不帰を予定しましたが、これまた天候がイマイチ予報だったため断念。
8/18、19の週末は乾いた空気が入って登山日和予報でしたが、8/18は仕事。
残った8/19を有効活用すべく、白駒池のリベンジもあり嫁さんを誘っての登山。

元々、ハイキングレベルの興味はありつつも、ちょっと本格的な山登りには興味をまったく示さなかった嫁さんが、子どもも大きくなったからか、最近になって「行ってもいいよ」と言い始めました。
で、お手軽、(晴れていれば)富士、南アルプスの絶景、たおやかな稜線歩きを楽しむことができ、天気予報もマズマズだった大菩薩へ。

子どもに朝メシを食べさせてからの出発だったため、ノンビリスタート。
甲斐大和からの第三便のバスに乗ったのは初めてでした。
第一便のバスと違い、電車を降りてからのダッシュがないのが新鮮でした(笑)。

登り初めは陽が差していましたが、登るに連れてガスガス・・・
振り返ると富士の絶景が!!!というポイントで、分厚い雲の覆われて、何も見えず・・・
残念ですが、こればかりはしょうがない。
景色がない分、二人でコケコケした山頂付近の道を、コケをつつきながらノンビリ歩いていました。

と、思っていたら、雷岩から大菩薩峠に向かう稜線を歩いていると、雲の隙間から南アルプス♪
さらには足を進めているうちに上層の雲と下層の雲の間から富士山も!
長い時間とは言えませんし、晴れているときのような絶景とはいきませんでしたが、それでも富士山が見える、見えないで気分はまったく違います(なんでなのでしょうね?)。
山の神様たちに感謝!ですね。
これで大菩薩からの富士山は7戦6勝1敗と、かなりの勝率(空気が乾いた時期に行くことが多いからではありますが)。

天候に恵まれたとは言えませんでしたが、嫁さんもそれなりには楽しんでいた様子。一番の身近に山登り仲間を増やせそうな感じなので、収穫は大きな登山でした。
あとは、いかに騙し騙し、時間をかけて泊まり登山に持っていくか・・・
訪問者数:227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 食害 ガレ ガスガス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ