また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1565429 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

北八ヶ岳)麦草峠−天狗岳−にゅう

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
麦草ヒュッテに前泊・駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間7分
休憩
2時間10分
合計
9時間17分
S麦草ヒュッテ07:2108:18丸山08:2108:38高見石小屋08:4008:42高見石08:5108:55高見石小屋08:5809:56中山展望台10:1510:20中山10:33中山分岐10:40見晴らし台10:43中山峠11:29天狗岳分岐11:38天狗の鼻11:4311:48東天狗岳12:4412:46天狗の鼻12:5112:58天狗岳分岐13:33天狗の奥庭13:3613:45黒百合ヒュッテ13:5113:56中山峠14:01見晴らし台14:08中山分岐14:48ニュウ15:0015:23白駒にゅう分岐15:2616:03白駒荘16:0616:08白駒の池16:15白駒の池 駐車場16:24白駒の奥庭16:2516:38麦草ヒュッテG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はなし

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

麦草ヒュッテ
前泊しました
2018年08月18日 07:16撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦草ヒュッテ
前泊しました
ミヤマシシウド
花火のようです
2018年08月18日 07:20撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマシシウド
花火のようです
標高2127m
麦草峠の標識
2018年08月18日 07:20撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2127m
麦草峠の標識
1
右:丸山・高見石  左:白駒池
今日は右へ行きます 白駒池は帰りに通ります
2018年08月18日 07:25撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右:丸山・高見石  左:白駒池
今日は右へ行きます 白駒池は帰りに通ります
北八ヶ岳針葉樹とコケの森
2018年08月18日 07:47撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳針葉樹とコケの森
八ヶ岳火山の溶岩流を、いろいろな植物等が土に変えていく、長い時間の流れを感じることができます。
2018年08月18日 07:48撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳火山の溶岩流を、いろいろな植物等が土に変えていく、長い時間の流れを感じることができます。
1
スギゴケと思っていましたが、葉にギザがあるので別種ですね。
2018年08月18日 07:49撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スギゴケと思っていましたが、葉にギザがあるので別種ですね。
1
きれいなコケです。
いろいろな種類がありますね!
2018年08月18日 07:50撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいなコケです。
いろいろな種類がありますね!
1
ここの溶岩はずいぶん丸められています。
2018年08月18日 07:52撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの溶岩はずいぶん丸められています。
2
針葉樹とコケの森の中を登山道が延びています。
2018年08月18日 07:59撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹とコケの森の中を登山道が延びています。
人が通るところにはコケはなくなり、根っこと岩が出っ張ります。
2018年08月18日 08:01撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が通るところにはコケはなくなり、根っこと岩が出っ張ります。
これがスギゴケ
2018年08月18日 08:03撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがスギゴケ
2
地衣類 樹枝状のもの オオキゴケ のようです
地衣類は、菌類と光合成生物(藻類)の共生体
2018年08月18日 08:05撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地衣類 樹枝状のもの オオキゴケ のようです
地衣類は、菌類と光合成生物(藻類)の共生体
地衣類のヤグラゴケ
かなり原始的な生物です
2018年08月18日 08:11撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地衣類のヤグラゴケ
かなり原始的な生物です
1
高見石小屋は高見石のそばにあります。
2018年08月18日 08:41撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石小屋は高見石のそばにあります。
高見石から白駒池が見下ろせます。
左奥には浅間山、右奥は群馬・山梨の山々
2018年08月18日 08:44撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石から白駒池が見下ろせます。
左奥には浅間山、右奥は群馬・山梨の山々
1
高見石小屋です。
2018年08月18日 08:58撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石小屋です。
ここは大きな岩石が主体で、少し歩きにくい道です。

2018年08月18日 09:09撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは大きな岩石が主体で、少し歩きにくい道です。

胞子体が伸びているスギゴケ。
2018年08月18日 09:24撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胞子体が伸びているスギゴケ。
キノコもあります。
2018年08月18日 09:31撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコもあります。
中山展望台近くからの槍・穂高
2018年08月18日 09:56撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山展望台近くからの槍・穂高
1
中山展望台から 御嶽
2018年08月18日 10:12撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山展望台から 御嶽
1
中山展望台から 乗鞍
2018年08月18日 10:12撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山展望台から 乗鞍
1
天狗岳が見えました
2018年08月18日 10:22撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳が見えました
1
これも立派なスギゴケ
2018年08月18日 10:29撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも立派なスギゴケ
花が咲いた後のイワカガミ、そして
大きな丸いテカテカの葉はイワカガミのもの
小さな葉はコケモモかな
2018年08月18日 10:37撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が咲いた後のイワカガミ、そして
大きな丸いテカテカの葉はイワカガミのもの
小さな葉はコケモモかな
天狗岳 左奥は硫黄岳
今回はまっすぐ登ります
2018年08月18日 10:38撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳 左奥は硫黄岳
今回はまっすぐ登ります
1
黒百合ヒュッテを経由するコースは岩だらけ
2018年08月18日 10:51撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテを経由するコースは岩だらけ
イワオトギリ
2018年08月18日 11:08撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワオトギリ
コケモモの実
2018年08月18日 11:09撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケモモの実
イワカガミ
雪融け直後にここに来るとすごいやろね!
2018年08月18日 11:10撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ
雪融け直後にここに来るとすごいやろね!
ナナカマドの赤い実
2018年08月18日 11:12撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの赤い実
天狗岳の中腹から北八ヶ岳を見る
なだらかですが、溶岩ゴロゴロで針葉樹とコケの森
2018年08月18日 11:29撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳の中腹から北八ヶ岳を見る
なだらかですが、溶岩ゴロゴロで針葉樹とコケの森
2
イワオトギリ
2018年08月18日 11:31撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワオトギリ
コバノコゴメグサ
2018年08月18日 11:33撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバノコゴメグサ
トウヤクリンドウ
なかなか開きません
2018年08月18日 11:33撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ
なかなか開きません
山頂手前は急登
2018年08月18日 11:35撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前は急登
ずいぶん高くなりました。
もう少しで山頂です。
2018年08月18日 11:39撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずいぶん高くなりました。
もう少しで山頂です。
1
山頂手前の天狗の鼻。
あんな所に立っている人がいます。
2018年08月18日 11:45撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の天狗の鼻。
あんな所に立っている人がいます。
1
八ヶ岳の盟主 赤岳はトンガリ山!
右は阿弥陀岳 これもトンガリ山!
稜線にはたくさんの人が歩いています。
2018年08月18日 12:34撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の盟主 赤岳はトンガリ山!
右は阿弥陀岳 これもトンガリ山!
稜線にはたくさんの人が歩いています。
1
タカネヒゴダイ
2018年08月18日 12:37撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネヒゴダイ
縦走路はやや渋滞中
2018年08月18日 12:41撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路はやや渋滞中
1
天狗岳山頂はたくさんの人でした
2018年08月18日 12:43撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳山頂はたくさんの人でした
コケモモの実
2018年08月18日 12:46撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケモモの実
トウヤクリンドウはなかなか開いてくれません
2018年08月18日 12:53撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウはなかなか開いてくれません
ウメバチソウ
2018年08月18日 12:56撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ
1
天狗の奥庭上
2018年08月18日 13:13撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭上
蓼科山頂と北横岳が高さ比べをしています
ケルンの勝ち!
2018年08月18日 13:29撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山頂と北横岳が高さ比べをしています
ケルンの勝ち!
秋の空です。
2018年08月18日 13:32撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の空です。
くぼみ池。
背景の双耳峰が天狗岳です。
2018年08月18日 13:41撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くぼみ池。
背景の双耳峰が天狗岳です。
1
黒百合ヒュッテ
2018年08月18日 13:48撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ
ヤツタカネアザミ
2018年08月18日 13:49撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤツタカネアザミ
黒百合ヒュッテ
2018年08月18日 13:51撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ
次はにゅうへ行きます。
2018年08月18日 14:08撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はにゅうへ行きます。
この岩体が「にゅう」
2018年08月18日 14:44撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩体が「にゅう」
「にゅう」のてっぺんからは360°の眺望
富士山も見えます
2018年08月18日 14:51撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「にゅう」のてっぺんからは360°の眺望
富士山も見えます
1
この坂を登ると高見石へ戻ります。
2018年08月18日 16:02撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この坂を登ると高見石へ戻ります。
白駒荘は白駒池の池畔にあります。
2018年08月18日 16:03撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒荘は白駒池の池畔にあります。
白駒池 北八ヶ岳最大の池。
2018年08月18日 16:06撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池 北八ヶ岳最大の池。
1
麦草ヒュッテが見えてきました
2018年08月18日 16:33撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦草ヒュッテが見えてきました
鹿による食害を防ぐための網が張り巡らされています。
2018年08月18日 16:35撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿による食害を防ぐための網が張り巡らされています。

感想/記録
by omurat

お盆休みの天気が不安定で晴れのタイミングがなかなかつかめず、
日程とコースの都合で北八ヶ岳の天狗岳へ行ってきました。
前日から急に気温が下がり、前泊した麦草ヒュッテでは寒いくらいでしたが、
青空の下、気持ちよく苔の森を歩くことができました。

麦草峠を出発。最初は草原。すぐに森へ。
北八ヶ岳の特徴的な針葉樹とコケの森をゆるゆると登っていきます。
足下は大きな石が積み重なった地形。
八ヶ岳火山の溶岩流を、長い時間をかけて植物が侵蝕していった歴史を感じます。
高見石、中山(展望台)と高みに登ると展望が広がります。
中山峠からはまっすぐ東天狗岳へ登ります。
見た目より厳しくない登り。高山植物もちらほら。ピークは過ぎています。
山頂手前の天狗の鼻(大岩が積み上がったピーク)には何人かの人が登っています!
私はパスして、天狗岳山頂へ。
のんびりと、お湯を沸かしてラーメンを食べたり珈琲を飲んだり。
帰りは天狗の奥庭、くぼみ池や黒百合ヒュッテを通りました。
意外とこっちの方が登り下りは大きい。
さらに、「にゅう」から白駒池を経由して麦草峠へ帰ってきました。

その後は清里のロックでおいしいビールとおいしい料理を頂きました\(^_^)/
訪問者数:147人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ