また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1576595 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山を弾丸ナイトハイク(須走ルート)

日程 2018年08月26日(日) 〜 2018年08月27日(月)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間44分
休憩
14分
合計
3時間58分
S須走口 五合目19:4520:53須走口登山道 本六合目21:0022:43須走口登山道 七合目22:5023:43須走口登山道 本七合目
2日目
山行
6時間2分
休憩
3時間25分
合計
9時間27分
須走口登山道 本七合目00:0300:23須走口登山道 八合目00:2500:40須走口・吉田口登山道 本八合目00:5402:28久須志岳03:00伊豆岳05:3005:38朝日岳05:42御殿場口頂上05:45富士宮口頂上05:55三島岳06:05富士山06:15雷岩06:15金明水06:25久須志岳06:5507:55須走口登山道 八合目08:08須走口登山道 本七合目08:30須走口登山道 七合目08:3909:14須走口下山道 砂払五合目09:25古御嶽神社09:29須走口 五合目09:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

真っ暗な須走ルートを出発。
2018年08月26日 19:45撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ暗な須走ルートを出発。
間違えて『下山コース』を登っていたので『登山コース』へ軌道修正。みんなの足跡のおかげで合流コースを見つけられた。
2018年08月26日 20:31撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違えて『下山コース』を登っていたので『登山コース』へ軌道修正。みんなの足跡のおかげで合流コースを見つけられた。
新六合目 長田山荘を通過。
2018年08月26日 20:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新六合目 長田山荘を通過。
六合目 瀬戸館を通過。
2018年08月26日 21:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目 瀬戸館を通過。
七合目 太陽館を通過。
2018年08月26日 22:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目 太陽館を通過。
須走・吉田の合流地点を通過。
2018年08月27日 00:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須走・吉田の合流地点を通過。
吉田口山頂に到着。
2018年08月27日 02:28撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉田口山頂に到着。
御来光と山中湖が神々しい。
2018年08月27日 05:36撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御来光と山中湖が神々しい。
2
剣ヶ峰は行列ができていたのでスルーしました。
2018年08月27日 06:05撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰は行列ができていたのでスルーしました。
抜けはよく影富士がくっきりと出ていました。
2018年08月27日 06:13撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜けはよく影富士がくっきりと出ていました。
2
須走ルートの砂走りは大きい石が多く、砂も浅い部分が多くて走りにくいです。無理しない方がいいと思う。
2018年08月27日 08:46撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須走ルートの砂走りは大きい石が多く、砂も浅い部分が多くて走りにくいです。無理しない方がいいと思う。

感想/記録

登る際に間違えて『下山コース』を登っていたことに砂払五合目で気がついて、少し先に小道から『上りコース』へと合流することができた。
マップ等にはない小道だけど「みんなの足跡」ですぐに分かりました。同じように間違えた人が歩いたんだろうなって。
須走ルートの下山時は砂走りがあるということですが、大きめの石が多くて走るのが怖かったです。砂も浅く足を挫いてしまわないように気をつけたいところです。
訪問者数:196人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ナイトハイク
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ