また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1595130 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

リハビリ登山 硫黄岳

日程 2018年09月24日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桜平駐車場(中)
三連休最終日だったので朝9時でもそこそこ空いてました

轍に比べて真ん中が高いケースがあって、車高が低い車だと結構苦労します(普通に通過するとお腹すっちゃうことがあるのでルート工夫した方がいい)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間52分
休憩
1時間48分
合計
6時間40分
Sスタート地点09:1309:21桜平09:46夏沢鉱泉09:5310:41オーレン小屋10:5311:19山びこ荘11:5011:54ヒュッテ夏沢12:59硫黄岳13:3113:47赤岩の頭14:15赤岩の頭と峰の松目分岐14:29オーレン小屋14:4715:20夏沢鉱泉15:2815:46桜平15:53桜平駐車場(中)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
写真とりつつのんびりペース
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所なし
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハードシェル(Northface Starlight Jacket) 予備ダウン(Uniqlo Ultra Light Dawn) 下着/予備用シャツ/トレーナー類 手袋(BlackDiamond Crag Gloves) ゲイター(Mont-bell) ザック(Deuter Futura Pro 36) ペットボトル(Nalgene 0.5L) 水(Platypus Platy 2L) ライト(BlackDiamond Spot 300l/Petzl Tikka) トレッキングポール(Whole Earth TREK SHOCK 120) バーナー(Jetboil Flash) 携帯(Apple iPhone XS + iPhone 7) 食器類 カメラ(Olympus E-M1mk2) レンズ(MZ 12-100/4Pro) カメラザック(PaaGo WORKS FOCUS) 予備バッテリー(Anker Astro M3) 行動食 食料 予備食料 サバイバルシート 時計兼心拍計(Fitbit Charge 2)

写真

桜平からスタート
2018年09月24日 09:07撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜平からスタート
ここからです
2018年09月24日 09:21撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからです
夏沢鉱泉まではコンクリ道
2018年09月24日 09:26撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉まではコンクリ道
40分歩くともう2060M
2018年09月24日 09:51撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40分歩くともう2060M
オーレンまでは歩きやすい登山道
2018年09月24日 09:59撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーレンまでは歩きやすい登山道
沢沿いを歩きます 涼しい
2018年09月24日 10:10撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いを歩きます 涼しい
てっぺんだけ光があたっててエモかった
2018年09月24日 10:34撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てっぺんだけ光があたっててエモかった
オーレン小屋
2018年09月24日 10:40撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーレン小屋
1
お風呂入って帰りたかったけど全然まだ体力あったので先に進みます
2018年09月24日 10:40撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お風呂入って帰りたかったけど全然まだ体力あったので先に進みます
飲み物メニュー
2018年09月24日 10:41撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飲み物メニュー
夏沢峠より硫黄岳
マジかあれ登れるのか...
2018年09月24日 11:20撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢峠より硫黄岳
マジかあれ登れるのか...
2
といいつつ後ろを見るともうこんなに高く
2018年09月24日 12:13撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
といいつつ後ろを見るともうこんなに高く
石だらけですが全然歩きやすい
2018年09月24日 12:18撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石だらけですが全然歩きやすい
もうちょっと
2018年09月24日 12:31撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと
高山に来た感じ
2018年09月24日 12:32撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山に来た感じ
北八ヶ岳を一望
2018年09月24日 12:47撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳を一望
そのうち登りたい...
2018年09月24日 13:09撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのうち登りたい...
1
というわけで帰ります
2018年09月24日 13:35撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
というわけで帰ります
オーレン小屋が見える!コーヒー飲むぞ
2018年09月24日 13:35撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーレン小屋が見える!コーヒー飲むぞ
赤岩の頭経由
2018年09月24日 13:43撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭経由
峰の松目は行く体力がなかったので見送り
2018年09月24日 14:15撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の松目は行く体力がなかったので見送り
コーヒーをいただく!
2018年09月24日 14:35撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒーをいただく!
手持ちチャレンジ
2018年09月24日 15:00撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手持ちチャレンジ
1
意外とイケるのでは(1.3sec)
2018年09月24日 15:01撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外とイケるのでは(1.3sec)
1
降りてきました
2018年09月24日 15:22撮影 by E-M1MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきました
1

感想/記録

4月に登って以来、さっぱり登山をしていなかったのでリハビリ。駐車場が1900M近いので硫黄岳まで標高差は850Mぐらいですが、距離がそこそこあるのでキツかったらオーレンあたりで引き返そうかなと思いつつ。

結果的にはオーレンあたりまで来ても、夏沢峠まで来ても体力がまだあったので登りました。が、やはり夏沢あたりから上はペース落ちてますね...2500Mを超えたあたりから息がキツくなってくるので夏沢から上はトレックポールを利用してます。

お昼はちょっと早めに11時ごろにしましたが、これは正解。硫黄岳の上は結構広いですが、夏沢峠から硫黄岳までは結構急でキツめなので早めにエネルギー補給しておくのが良いですね。

もうちとスタートが早ければもうちょっとゆっくりできたかもしれないですね。
訪問者数:583人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ