また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1606025 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

雨上がりの川苔山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年10月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:〜JR青梅線 奥多摩駅 > 西東京バス 川乗橋BS
復路:JR青梅線 奥多摩駅〜
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間57分
休憩
2時間20分
合計
9時間17分
S川乗橋バス停08:5609:00蕎麦粒山&鳥屋戸尾根方面分岐09:26聖滝09:2709:44細倉橋09:4809:50川乗山登山口09:5110:40至 川苔谷 迂回路分岐10:4410:47百尋ノ滝11:1111:53足毛岩分岐11:5412:10足毛岩の肩12:1112:43川苔山13:4113:59舟井戸14:04鋸尾根1240mピーク14:20鋸尾根1165mピーク14:2114:46大ダワ14:5315:09コブタカ山(焼多亡山・疣高山・コブッタ)15:1015:16鉄砲指15:30本仁田山15:5415:56本仁田山−花折戸尾根分岐15:5717:03安寺沢17:0717:44氷川国際釣場18:04奥多摩駅18:1218:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
川乗橋からの林道はまだまだ倒木などもあり荒れ気味。
登山道も時々倒木があり、百尋ノ滝前後の岩の登りのあたりは水気が多くて少し危なげ。
下山ルートの鋸尾根と大休場尾根はやや荒れ気味でした。こちらは経験者向けかと。
その他周辺情報Vertere行きたくてこのルートです
過去天気図(気象庁) 2018年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック 登山靴 ヘッドランプ スマートフォン バッテリー ジェットボイル 昼食 プラティパス エマージェンシーセット レインウェア 靴下 Tシャツ カメラ 三脚

写真

水量多めで期待できます
2018年10月07日 09:41撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量多めで期待できます
手持ち長秒チャレンジ
2018年10月07日 09:57撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手持ち長秒チャレンジ
倒木あり
2018年10月07日 10:03撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木あり
滴る苔
2018年10月07日 10:06撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滴る苔
いつ見ても不安になる木橋
2018年10月07日 10:08撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ見ても不安になる木橋
手持ち長秒チャレンジ2
2018年10月07日 10:12撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手持ち長秒チャレンジ2
2
NDフィルターで百尋ノ滝
2018年10月07日 10:54撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NDフィルターで百尋ノ滝
1
NDフィルターで水面
2018年10月07日 10:58撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NDフィルターで水面
百尋ノ滝縦構図
2018年10月07日 11:04撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百尋ノ滝縦構図
3
このあたり、結構登るよね
2018年10月07日 11:30撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり、結構登るよね
紅葉も始まりそう?
2018年10月07日 11:36撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉も始まりそう?
川苔山といえばこの花、トリカブト
2018年10月07日 11:53撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山といえばこの花、トリカブト
穏やか登山道
2018年10月07日 12:03撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やか登山道
まだまだ緑も多い
2018年10月07日 12:07撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ緑も多い
永遠に通行止め
2018年10月07日 12:10撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
永遠に通行止め
山頂着
2018年10月07日 12:46撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂着
2
色付いた木もあり
2018年10月07日 13:41撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色付いた木もあり
あそこだけ晴れてる
2018年10月07日 13:43撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこだけ晴れてる
紅葉(過渡期
2018年10月07日 13:44撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉(過渡期
防火帯
2018年10月07日 13:48撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防火帯
今回はこちらから
2018年10月07日 13:57撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はこちらから
いざ本仁田山へ
2018年10月07日 14:01撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ本仁田山へ
あそこ登るんじゃよ
2018年10月07日 14:38撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこ登るんじゃよ
通行止めのアレはここに至る
2018年10月07日 14:50撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止めのアレはここに至る
分岐点
2018年10月07日 15:10撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点
進め!
2018年10月07日 15:29撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進め!
本仁田山を越えて
2018年10月07日 16:34撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本仁田山を越えて
ここから急坂
2018年10月07日 16:34撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急坂
降り切った!
2018年10月07日 17:07撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降り切った!
さらば川苔山
2018年10月07日 17:09撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば川苔山
サワガニ?
2018年10月07日 17:10撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サワガニ?
ハードな山行の後はVertereでフィニッシュ
2018年10月07日 18:22撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハードな山行の後はVertereでフィニッシュ
3
撮影機材:

感想/記録

天気予報がなかなか定まらなかった三連休。最終的には台風も逸れて関東一帯は好転、せっかくだしどこか登るか、ということで友人と一緒に奥多摩の川苔山へ。
なぜか川苔山と縁のある私、ここに来るのはこれで三度目です。

川苔山は初心者〜中級者向けとして紹介されることが多い山ですが、個人的には奥多摩の他のメジャーな山と比べて道にやや独特な雰囲気がある印象。少なくとも初心者向けではないかなーと思っています。
数字では見えにくいキツさがあるので、体力に自信のない人はちょっと考えた方が良いかも。

奥多摩の山にしては道が荒れ気味な印象のある川苔山ですが、今回は台風の影響もありいつも以上に荒れていた印象。
特に川乗林道は通行止めでもおかしくないくらいの荒れっぷり。所々に倒木や落石の痕跡が見られ、台風の影響の大きさが伺えます。

登山道に入ると影響は控えめ、いつも通りな感じ。時折倒木などはありますが、それも含めていつも通りな感じが…?
ただ、沢の水量は多かったような気がします。

川苔山の山頂からは、今回は奥多摩駅へと直で行きたくて本仁田山を経由するルートを選択。
こちらは通る人も少ないのか、道自体が朽ち気味でやや歩きづらい印象。
狭いトラバースなどもあるので、ある程度低山を歩き慣れている人向けのルートかと思います。

下山中にアジア系?の女性二人に道を訊かれましたが、無事下山できたのでしょうか…?登るにはやや遅い時間、地図もなさそうだったのでちょっと気になります。
奥多摩は都心から近くアクセスの良い山が多いですが、易しい山ではないので気をつけたいところ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:468人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ