また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1659816 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

篠井山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年11月24日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間22分
休憩
20分
合計
10時間42分
S南部総合公園06:1606:35北稜取り付き07:55834m08:0008:16馬込登山口分岐08:40成島登山口分岐09:52御堂登山口分岐09:56奥山登山口分岐09:58篠井山10:0912:161216m12:2013:23909.5m13:58東海自然歩道合流14:29鯨野15:11坂本16:11富栄橋16:58南部総合公園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
篠井山北稜も南稜も一般ルートではありませんが、それなりに踏跡やテープはあります。基本的に山梨県が設置した境界見出標を追っていきます。
南稜に一か所通過に手間取る箇所があった。
過去天気図(気象庁) 2018年11月の天気図 [pdf]

写真

南部総合公園から出発。篠井山山頂が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南部総合公園から出発。篠井山山頂が見える。
塩沢集落から見た篠井山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩沢集落から見た篠井山。
1
建設中の中部横断道高架をくぐった先にあるゲートから尾根へ取り付く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建設中の中部横断道高架をくぐった先にあるゲートから尾根へ取り付く。
林業用の作業道だと思いますが踏跡は明瞭。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林業用の作業道だと思いますが踏跡は明瞭。
良く手入れされた植林帯を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く手入れされた植林帯を登る。
834m付近の平地に小さな祠がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
834m付近の平地に小さな祠がある。
2
910.7m付近。このあたりで馬込からの道を合わせるはずだが気付かなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
910.7m付近。このあたりで馬込からの道を合わせるはずだが気付かなかった。
953mへ向かって登り返す鞍部。このあたりから山頂までの残り距離を示す表示が見られる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
953mへ向かって登り返す鞍部。このあたりから山頂までの残り距離を示す表示が見られる。
篠井山山頂が近くなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篠井山山頂が近くなった。
1
視界が開けた所からは富士山が綺麗に見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開けた所からは富士山が綺麗に見えた。
2
成島からの登山道と合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
成島からの登山道と合流。
とても体重を預ける気になれない橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても体重を預ける気になれない橋。
振り返ると登ってきた稜線が良く見えた。富士川流域の先には甲府盆地まで見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると登ってきた稜線が良く見えた。富士川流域の先には甲府盆地まで見える。
2
この辺りからうっすらと雪が見られた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからうっすらと雪が見られた。
凍った枝が朝日に輝く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍った枝が朝日に輝く。
1
山頂直前で社が現れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直前で社が現れる。
御堂からの合流地点。上級者の表示がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御堂からの合流地点。上級者の表示がある。
山頂が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきた。
1
富士川流域から駿河湾方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士川流域から駿河湾方面。
3
南稜は一般ルートではない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南稜は一般ルートではない。
時折このような痩せた箇所が現れる。境界見出標を追っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折このような痩せた箇所が現れる。境界見出標を追っていく。
1
この部分で痛恨のルートミス。1216m付近で南西方向の尾根に入らぬように気をつけていたが、一歩手前のピークで南東方向の尾根に入ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この部分で痛恨のルートミス。1216m付近で南西方向の尾根に入らぬように気をつけていたが、一歩手前のピークで南東方向の尾根に入ってしまった。
1
間違って立ち入った尾根を登り返し1216mへ向かう。1216m手前にザレた小キレット。大きく北側を巻いた。このルートで一番の難所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違って立ち入った尾根を登り返し1216mへ向かう。1216m手前にザレた小キレット。大きく北側を巻いた。このルートで一番の難所。
2
1216m付近。ここから南東方向の尾根へ下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1216m付近。ここから南東方向の尾根へ下る。
先ほど間違えて下りかけた尾根が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほど間違えて下りかけた尾根が見える。
1
この先はほぼ一般ルートに近い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先はほぼ一般ルートに近い。
紅葉もまだ見頃だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉もまだ見頃だった。
909.5m付近。平坦な地形なので慎重に方向を見定める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
909.5m付近。平坦な地形なので慎重に方向を見定める。
1
黄色い杭が打たれている地点。東海自然歩道に向かうためここで進路を東に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色い杭が打たれている地点。東海自然歩道に向かうためここで進路を東に。
林道が見えてきた。ここから東海自然歩道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道が見えてきた。ここから東海自然歩道へ。
これまでと違って良く整備されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまでと違って良く整備されている。
1
鯨野集落に到着。ここからは基本的に車道歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鯨野集落に到着。ここからは基本的に車道歩き。
坂本集落から振り返る。下山に使った稜線が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂本集落から振り返る。下山に使った稜線が見える。
2
中部横断道の高架下を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中部横断道の高架下を通過。
国道52号線福士洞門。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道52号線福士洞門。
日没直後くらいに南部総合公園に戻ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没直後くらいに南部総合公園に戻ってきた。

感想/記録
by teri

富士川沿いから見ると圧倒的な迫力で迫る篠井山の全体を体感できるルートで歩いてみました。北稜、南稜も一般ルートではありませんが、植林帯では作業道がはっきりしています。それ以外の場所も境界見出標を追うように稜線を辿ればさほど難しくありません。

篠井山に限ったことではありませんが、一般ルート以外を下山に使う場合は支尾根に入り込まぬように気になる箇所ではしっかりと位置を確認することが重要であることを改めて気付かされました。

最後は10kmもの車道歩きを強いられましたが、標高差1200mの篠井山のスケールを実感できる山行となりました。

teri
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:361人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ