また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1660697 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

初冬の塩見岳 〜 鳥倉林道ゲートから 〜

日程 2018年11月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◇自家用車を鳥倉林道ゲート前の駐車スペースに駐車。
・最大で30台ほど駐車可能。
・スタート時は自分の車を含めて約15台ほどの車が駐車。下山時は10台ほど。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※往路の駐車場から三伏峠までログがうまく取れていません。
コース状況/
危険箇所等
▼三伏峠まで3/10標識を過ぎると雪が現れ始め、豊口山のコルを過ぎると雪道となった。豊口山のコルからは、塩見岳山頂付近の風で雪が飛ばされている所を除き、雪の上を歩いた。帰路では、本谷山や三伏山の南斜面の日当たりの良い所は雪融けしていた。
▼積雪は数cmで、登山道上は、踏み跡があったものの、踏み跡がなくても踝まではいかない程度の積雪。吹き溜っている所でも脛丈以下。
▼登りでは、塩見小屋の少し先のコルでチェーンスパイクを装着し、下りでは豊口山のコルまでチェーンスパイクを着用。
その他周辺情報☆信州まつかわ温泉清流苑で入浴&食事。
・大人500円。

写真

暗いうちからスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗いうちからスタート。
2
ここから登山道歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道歩き。
2
空が白んできた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が白んできた。
12
雪道を慎重に登っていく。
とはいっても新雪のため、スリップしやすいというわけではない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道を慎重に登っていく。
とはいっても新雪のため、スリップしやすいというわけではない。
5
朝陽に染まる北アルプス。
乗鞍岳から槍ヶ岳まで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽に染まる北アルプス。
乗鞍岳から槍ヶ岳まで。
6
中央アルプス。
11月末にしてはかなり雪が少ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス。
11月末にしてはかなり雪が少ない。
4
塩見岳の頭が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳の頭が見えてきた。
4
仙丈ケ岳と甲斐駒ヶ岳も見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳と甲斐駒ヶ岳も見えた。
4
三伏峠に到着。
ここで休憩。
この辺りにいた頃がこの日で最も寒かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠に到着。
ここで休憩。
この辺りにいた頃がこの日で最も寒かった。
6
快晴の青空の下、乗鞍岳から白馬連峰まで北アルプスが一望できた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の青空の下、乗鞍岳から白馬連峰まで北アルプスが一望できた。
7
三伏山に到着。
三伏山は
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏山に到着。
三伏山は
13
中央アルプス方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス方面
2
木曽駒ケ岳を拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ケ岳を拡大。
1
南駒ケ岳や空木岳付近を拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ケ岳や空木岳付近を拡大。
4
笠ヶ岳や槍穂を拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳や槍穂を拡大。
5
後立山連峰を拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山連峰を拡大。
3
中央アルプスから北アルプスまでを一望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスから北アルプスまでを一望。
3
雪道を歩いていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道を歩いていく。
3
雪をまとった木の向こうに聳え立つ塩見岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪をまとった木の向こうに聳え立つ塩見岳
10
三伏峠、三伏山方面を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠、三伏山方面を振り返る。
1
本谷山に到着。
ここで小休止。
少し木が邪魔になるが、このピークからの展望も悪くはない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷山に到着。
ここで小休止。
少し木が邪魔になるが、このピークからの展望も悪くはない。
1
常念岳方面を拡大。
遠く立山や剱岳も見えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳方面を拡大。
遠く立山や剱岳も見えている。
4
樹林帯の中を黙々と塩見新道合流地点まで歩いてきた。
ここから先は再びパノラマを堪能できるようになる。
南アルプスの名峰を楽しみながら歩いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中を黙々と塩見新道合流地点まで歩いてきた。
ここから先は再びパノラマを堪能できるようになる。
南アルプスの名峰を楽しみながら歩いた。
2
仙丈ケ岳と甲斐駒ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳と甲斐駒ヶ岳
6
この辺りは踝程度の積雪があったようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは踝程度の積雪があったようだ。
7
間ノ岳を拡大。
後ろに北岳も見えている。
間ノ岳が大きすぎて、北岳の存在感が霞んでしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳を拡大。
後ろに北岳も見えている。
間ノ岳が大きすぎて、北岳の存在感が霞んでしまう。
13
仙丈ケ岳を拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳を拡大。
7
甲斐駒ヶ岳を拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳を拡大。
7
塩見小屋まで登ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見小屋まで登ってきた。
9
塩見小屋から一下りしたコルで休憩。
ここでトレッキングポールをしまい、チェーンスパイクを装着した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見小屋から一下りしたコルで休憩。
ここでトレッキングポールをしまい、チェーンスパイクを装着した。
8
雪道を登っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道を登っていく。
7
雰囲気だけアルパインクライミング
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気だけアルパインクライミング
10
岩場を登っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を登っていく。
4
南アルプス南部を眺めて一息つく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス南部を眺めて一息つく。
6
ペイントは雪で隠れていないため、辿るべきルートは分かりやすかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペイントは雪で隠れていないため、辿るべきルートは分かりやすかった。
8
岩間から白峰三山を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩間から白峰三山を望む。
3
天狗岩を見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩を見下ろす。
4
三伏峠方面を見やる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠方面を見やる。
5
塩見岳西峰に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳西峰に到着!
12
塩見岳東峰に到着!
360度の大パノラマを楽しみながら、ゆっくりしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳東峰に到着!
360度の大パノラマを楽しみながら、ゆっくりしました。
20
悪沢岳と荒川岳を拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳と荒川岳を拡大。
7
笊ヶ岳と布引山を拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笊ヶ岳と布引山を拡大。
4
快晴の青空と富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の青空と富士山
12
帰路につきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路につきます。
4
先行者がいたため、落石を起こさないように慎重に下っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者がいたため、落石を起こさないように慎重に下っていく。
3
塩見岳を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳を振り返る。
7
塩見岳と塩見小屋(の屋根)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳と塩見小屋(の屋根)
6
昼の温かい光に包まれて、雰囲気の良い雪道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼の温かい光に包まれて、雰囲気の良い雪道。
1
立ち枯れの木と倒木の向こうに聳え立つ塩見岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れの木と倒木の向こうに聳え立つ塩見岳
2
本谷山まで戻ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷山まで戻ってきた。
2
午後の光を受けた北アルプス南部を拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後の光を受けた北アルプス南部を拡大。
4
三伏山手前から塩見岳を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏山手前から塩見岳を振り返る。
10
三伏小屋まで戻ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏小屋まで戻ってきた。
5
雪道を下っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道を下っていく。
1
豊口山のコルまで下ってきた。
ここでチェーンスパイクを外した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豊口山のコルまで下ってきた。
ここでチェーンスパイクを外した。
3
あとは林道歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは林道歩き。
2
陽は山の陰に隠れてしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽は山の陰に隠れてしまった。
4
ギリギリ暗くなる前に駐車場まで戻ってこられた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギリギリ暗くなる前に駐車場まで戻ってこられた。
6

感想/記録

この三連休は三日とも晴天予報。ゆっくり山を楽しむために三連休の中日に山登りをすることにした。
さて、どの山に登ろうか?
アクセスにも行程にも時間をかけることができる。
そして、せっかくの晴天予報なので、パノラマを楽しめる山に登りたい。
前日に千畳敷のライブカメラで南アルプス方面を確認したところ、まだ雪が大して積もっていないようだったので、塩見岳に登ってみることにした。

この日は予報通り絶好の天気。
澄んだ空気のおかげで遠望が効き、大パノラマを楽しむことができた。
そして、朝のうちは冷え込んでいたが、風は弱く、日中はこの時期にしては温かかった。
林道閉鎖直前ということで、それほど人がいないかと思いきや、20人ほどの人とすれ違った。
訪問者数:625人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/6/2
投稿数: 23
2018/11/26 13:11
 山頂で☆
もしかしたら、と思ってコメントさせて頂きました。
山頂でこはくの写真を撮ってくださったおにいさんでしょうか♪

ものすごく健脚で歩き慣れたおにいさんだなーと、思い拝見しておりました♪
この日は本当に条件良く、稀にしか見られない素敵な塩見岳でしたね︎︎❤︎︎
登録日: 2012/8/21
投稿数: 226
2018/11/26 19:10
 Re: 山頂で☆
chiro1013さん、こんばんはhappy01

ごめんなさい。人違いだと思いますcoldsweats01

「こはく」ってワンちゃんですよね?
西峰にたどり着く少し手前で、おそらくすれ違ったと思います。
自分は、赤いソフトシェルにえんじ色のニット帽をかぶって、青いザックを背負っていました。

それにしても、絶好の気象コンディションでしたよね!
塩見岳からの360度の大パノラマに加え、うっすらと雪化粧した塩見岳も素敵で、山の良さを満喫できた一日でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 コル 倒木 落石 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ