また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1668948 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

八日市から四日市(千種街道伝いに御在所岳へ)

日程 2018年12月01日(土) 〜 2018年12月02日(日)
メンバー
天候1日 曇
2日 晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
行き:近江鉄道八日市駅から近江交通バス御薗線で山上バス停(最寄りは山上口)へ。永源寺支所バス停からちょこっとバス甲津畑線で甲津畑バス停へ。
帰り:御在所ロープウェイで湯の本温泉へ。バスで近鉄湯の本温泉駅。近鉄で四日市駅に出て、高速バスで京都へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間37分
休憩
6分
合計
3時間43分
Sスタート地点10:0910:48岩ケ谷林道起点10:4911:04杉谷善住坊のかくれ岩11:0511:28甲津畑、避難小屋11:40ツルベ谷出合11:53蓮如上人旧跡11:5413:21杉峠、西避難小屋13:2213:30杉峠13:46杉峠の下のキャンプ適地13:4813:52御池鉱山旧跡
2日目
山行
4時間42分
休憩
36分
合計
5時間18分
御池鉱山旧跡06:3707:33コクイ谷出合07:48上水晶谷出合左岸分岐07:51上水晶谷出合07:5208:09タケ谷分岐08:1008:15根の平峠08:2009:30青岳09:3109:58国見岳10:0010:03国見尾根分岐10:0410:31国見峠10:3210:50第一ケルン 裏道登山道九合目10:5811:06アゼリア跡11:1111:21御在所山 一等三角点11:3111:41アゼリア跡11:4211:45第一ケルン 裏道登山道九合目11:48御在所山上公園駅11:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
先週悪天候で諦めた御在所岳に登りました。幕営も4ヶ月ぶりだし、日が落ちるのも早くなったので、行動時間短めで。
コース状況/
危険箇所等
特にありません
その他周辺情報湯の本ホテル日帰り温泉八百円。
過去天気図(気象庁) 2018年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ 予備靴ひも ザックカバー ハイドレーション ガスカートリッジ コッヘル 食器 ライター ヘッドランプ 針金 日焼け止め ロールペーパー ツェルト ストック ナイフ テント テントマット シェラフ 携帯トイレ

写真

ここから登山道です。
2018年12月01日 10:47撮影 by P008, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道です。
1
自転車置いてお出かけ?
2018年12月01日 11:57撮影 by P008, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自転車置いてお出かけ?
お腹減ってきたので杉峠で甘いものを。
2018年12月01日 13:26撮影 by P008, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お腹減ってきたので杉峠で甘いものを。
1
どうも天気が今一。
2018年12月01日 13:28撮影 by P008, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうも天気が今一。
風も収まらないので、幕営地をイブネから御池鉱山に変更。寒いのはいけません。
2018年12月01日 13:28撮影 by P008, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風も収まらないので、幕営地をイブネから御池鉱山に変更。寒いのはいけません。
2
幕営地から御在所岳。明日はあすこを目指します。
2018年12月01日 15:27撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕営地から御在所岳。明日はあすこを目指します。
1
幕営は他に一チームいただけ。静かな夜でした。
2018年12月02日 05:17撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕営は他に一チームいただけ。静かな夜でした。
明るくなるのを待って出発します。
2018年12月02日 06:25撮影 by P008, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなるのを待って出発します。
コクイ谷出合。ここでイブネに向かう人とお会いしました。手前でカードや名刺が何枚も落ちていたので、拾って後でロープウェイに届けておきました。
2018年12月02日 07:34撮影 by P008, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コクイ谷出合。ここでイブネに向かう人とお会いしました。手前でカードや名刺が何枚も落ちていたので、拾って後でロープウェイに届けておきました。
1
根の平峠到着。ここで千種街道とお別れです。
2018年12月02日 08:16撮影 by P008, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根の平峠到着。ここで千種街道とお別れです。
キノコ石が見えてます。いい天気!
2018年12月02日 09:20撮影 by P008, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコ石が見えてます。いい天気!
1
国見岳到着。意外に近い。
2018年12月02日 09:59撮影 by P008, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳到着。意外に近い。
1
御在所岳到着。
2018年12月02日 11:27撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳到着。
2
風呂に入って16時のバスに乗りたいのでロープウェイで下山します。
2018年12月02日 12:36撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風呂に入って16時のバスに乗りたいのでロープウェイで下山します。

感想/記録
by kasaU

御在所岳とはどうも相性が悪く、春先は体力不足で撤退。先週は悪天候で断念と登れないでいたのですが、今週末は天候に恵まれ、ようやく登頂できました。
前回と同じ甲津畑から入山しますが、前回炎天下を歩いて消耗した教訓を活かしてちょこっとバスを使います。出発前、永源寺支所に24時間使える綺麗なトイレがあるので拝借しました。

千種街道沿いはすっかり紅葉も終わり、葉を落とした木々が醸し出す、妙に清浄な雰囲気に包まれていました。こういうのは嫌いじゃありません。春に来ているのでテンポ良く登っていきましたが、蓮如上人の小屋あたりから風が強くなり、行き足が遅くなりました。杉峠では手先がかじかむようになり、風も酷くなってきたので、幕営地を予定のイブネから御池鉱山跡に変更します。谷に降りた瞬間に風を感じなくなったのにはびっくり。理屈ではわかっていたのですが。変更した御陰でゆっくり休むことが出来ました。今回は広場の一角をお借りしました。水量は減っていますが、沢で十分な水分を補給できました。

2日目は5時に起きて準備をし、明るくなるのを待って出発します。水は常に補給できるので殆ど持ちません。コクイ谷出合までゆるやかな下り道を愉しみながら進みます。何度も沢を渡りますが、水量が減っているので難しいところはありませんが、コクイ谷に降りるルートはやや分かりにくい上に慎重な足裁きが必要でした。降りたところで名刺やお店のカードが落ちているのを発見。どれも同一人物の持ち物のようです。落としたようにも捨てたようにもみえず、とりあえず拾って後ほど届けることに。

根の平峠を南に向かうと国見岳、御在所岳の尾根筋に登るルートになります。幕営機材が重いので時々休みながら進みます。重いとは言え、昨日と打って変わって美事な青空がひろがっているので気分は最高です。国見峠に下るところで少し道を失いましたが、ほぼ順調な行程でした。ザックを置いて御在所岳山頂にもタッチし、眺望レストランでカレーうどんを食べたら今回の山行は終了です。湯ノ本温泉でお風呂に入って帰路につきました。

そうそう、名刺やらカードですが、とりあえずケーブルの係員に渡しておきました。難だったんだろう。あれ。。。。

訪問者数:132人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ