また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1669447 全員に公開 沢登り丹沢

日向川水系 屏風沢

日程 2018年12月01日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ふれあいの森日向キャンプ場手前の大駐車場
・無料。70〜80台。
・トイレ、登山届ポストはなし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■屏風沢

 日向薬師側を流れる日向川の源流で、大山〜三峰山間の矢草ノ頭が源。
 日向キャンプ場奥の林道終点先にある大堰堤は堰堤上が深い水だまり(湖)に
 なっているので、右側から少し大きく巻いて、湖の20mほど上流側に植林帯を
 降りなければならない。

 沢の中間部は至って平凡。小滝がところどころ出てくる程度。

 600m二俣は支流であるはずの左俣が水源となっており、見上げるように
 7〜8段30mの大滝ともいえる滝で合わさっている。
 右俣は涸沢で、のっぺりした2m棚、くの字状8×15m棚(出だしのみ掘次法
 2段3×7m棚が続く。

 すぐにゴルジュの様相となり、小CSチムニー状3m棚(掘棔法
 645m二俣。右沢は梅ノ木尾根鍵掛手前のコルからの沢で、左沢には幅広7m
 ほどの涸棚がある。
 今年前半の梅ノ木尾根から行方不明になってその後ご遺体で発見された遭難者は
 この棚の下にいらっしゃったらしい。
 直登は案外外傾していて厳しそうだ。左側の急なザレを根を騙しながら登り、
 落ち口7m上から巻き下りる。ルート上の岩はほぼすべて浮いているので
 岩は使わないようにした。やや悪い。

 沢は一旦西を向いてすぐ北西に。1.5mと2.m棚を越せば8m棚。
 ラインをオブザベして左から一旦取り付いたが中間部がやはり悪いので止めた。
 右のリッジ尾根から巻き、棚の20m先で沢に下りた。

 700m二俣の右沢は細い。もし梅ノ木尾根の850mで間違えて正面の明瞭な尾根を
 下りるとこの二俣に下りてしまう。件の遭難者もおそらくここを下りてしまった
 のであろう。
 明瞭な左沢を進むと、落ち口小CS状12×18m棚(教蕁棔法倒木、
 2.5m(掘次法7×12m棚(供棔膨度で矢草ノ頭893m南側に出る。
 源頭が見えたあたりで正面(北側)にザレを登れば梅ノ木尾根850m手前のコル
 だし、左手の尾根を登っても登山道に出る。

 遡行グレード 1級上

■梅ノ木尾根(鍵掛まで)

 下降点は矢草ノ頭893mの少し南側で古いロープを跨げば薄い踏み跡はある。
 ピンクテープも所々付いている。
 850m小ピーク辺りで正面の明瞭な尾根に行かず、左手に注意すればピンクテープ
 が付いており、一本北側(左側)の尾根に乗らなければいけない。
 踏み跡は落ち葉で埋まっていなければ付いている。
 (秋から春は落ち葉によるスリップが要注意だ)
 コルから20mほど登り返し、再びコルから30m近く登り返したピークが
 鍵掛778m。
 ここは注意しないと正面の明瞭な南南東向きの尾根を進んでしまいがち。
 水源林管理道につき関係者以外立入禁止標識があり、先には植林用モノレール軌道
 も出てきてしまう。これは通称鍵掛尾根で、ほぼモノレールが見える範囲内で
 下りればスタートの林道終点に出られる。(要読図、バランス体幹力)
 さて梅ノ木尾根は、この鍵掛778mピークから北東に曲がって下りていくので注意。

写真

駐車場(下流に向かって)
2018年12月01日 09:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場(下流に向かって)
駐車場(上流に向かって)
2018年12月01日 09:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場(上流に向かって)
紅葉まだまだ
2018年12月01日 09:20撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉まだまだ
ふれあいの森日向キャンプ場は右へ
車両ゲートあり
2018年12月01日 09:22撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふれあいの森日向キャンプ場は右へ
車両ゲートあり
中央石段の急な舗装路
2018年12月01日 09:22撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央石段の急な舗装路
日向キャンプ場
2018年12月01日 09:24撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向キャンプ場
林道分岐右へ
この車は関係車両でしょう
2018年12月01日 09:30撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道分岐右へ
この車は関係車両でしょう
鍵掛尾根植林モノレール起点
2018年12月01日 09:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍵掛尾根植林モノレール起点
林道終点から最初の堰堤
2018年12月01日 09:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点から最初の堰堤
右側から高巻く
2018年12月01日 09:42撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側から高巻く
一旦は堰堤上に出たが湖で下りられない。
2018年12月01日 09:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦は堰堤上に出たが湖で下りられない。
再び右側を高巻く
2018年12月01日 09:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び右側を高巻く
600二俣の左俣に架かる多段30m大滝
2018年12月01日 11:17撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
600二俣の左俣に架かる多段30m大滝
結構上から落ちている
2018年12月01日 11:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構上から落ちている
見える最上段アップ
3条だ
2018年12月01日 11:24撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見える最上段アップ
3条だ
そして下まで
2018年12月01日 11:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして下まで
こちらは左俣の少し上流で合わさる浅いルンゼ
2018年12月01日 11:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは左俣の少し上流で合わさる浅いルンゼ
こちらは右俣で本流。涸れている。
2018年12月01日 11:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは右俣で本流。涸れている。
チムニー状3m棚
2018年12月01日 11:48撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チムニー状3m棚
645m二俣の右沢
2018年12月01日 11:53撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
645m二俣の右沢
同じく左沢
7m棚で出合う。
2018年12月01日 11:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく左沢
7m棚で出合う。
この棚の下で今年の遭難者は発見されたそうだ。
2018年12月01日 11:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この棚の下で今年の遭難者は発見されたそうだ。
左側の急なザレから巻く
岩はすべて脆いので触らない
2018年12月01日 12:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の急なザレから巻く
岩はすべて脆いので触らない
7m棚を横から
2018年12月01日 12:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7m棚を横から
巻いて下りた箇所
2018年12月01日 12:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻いて下りた箇所
8m棚
見た目より悪いので右から巻いた
2018年12月01日 12:21撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8m棚
見た目より悪いので右から巻いた
700m二俣
中間の尾根が梅ノ木尾根で迷って下りてきてしまうところ
2018年12月01日 12:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
700m二俣
中間の尾根が梅ノ木尾根で迷って下りてきてしまうところ
左沢は涸棚が続く
2018年12月01日 13:07撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左沢は涸棚が続く
登山道に出る
2018年12月01日 13:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に出る
梅ノ木尾根下降点
2018年12月01日 13:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅ノ木尾根下降点
ここで正面の明瞭な尾根に進むと先ほどの屏風沢700m二俣に下りてしまう。
梅ノ木尾根は左に進む。
2018年12月01日 13:47撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで正面の明瞭な尾根に進むと先ほどの屏風沢700m二俣に下りてしまう。
梅ノ木尾根は左に進む。
これから登ろうとする登山者がいらした。
2018年12月01日 14:06撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登ろうとする登山者がいらした。
鍵掛778m
ここもそのまま真っ直ぐ鍵掛尾根に入りやすい。
梅ノ木尾根は北東側に曲がる。
2018年12月01日 14:21撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍵掛778m
ここもそのまま真っ直ぐ鍵掛尾根に入りやすい。
梅ノ木尾根は北東側に曲がる。
間違いやすい鍵掛尾根方向
2018年12月01日 14:24撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違いやすい鍵掛尾根方向
今日は鍵掛尾根を使わせていただく
モノレール終点
2018年12月01日 14:31撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は鍵掛尾根を使わせていただく
モノレール終点
620m付近にあった岩を支えているように見えるこの7本の枝は・・・?
2018年12月01日 15:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
620m付近にあった岩を支えているように見えるこの7本の枝は・・・?
ムラサキシキブ!
2018年12月01日 15:24撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキシキブ!

感想/記録
by kamog

今日は仕事キャンセルになってしまったので、大山/日向川の屏風沢〜鍵掛尾根を遡行してきました。
今年梅ノ木尾根下降され行方不明になった方(翌週残念ながらご遺体で発見)がどのようなプロセスを辿ったのかの検証も兼ねてです。

屏風沢はふれあいの森日向キャンプ場の奥からですが、最初の堰堤上は湖状態(右から巻きました)、600m二俣の左支流に数段30m程度の大滝(この沢の水はこちらが水源)、640〜690m区間に嫌らしそうな8m涸棚が2つなどあり、巻きもそこそこ悪い沢でした。

大山から三峰山の間にある矢草ノ頭(893m)すぐ南から梅ノ木尾根は派生しますが、少し下りた850m小ピークから尾根を外れ北側にトラバースし、一本北側の尾根に乗らなければなりません。
ピンク紐が巻かれてはいますが、明瞭な正面の尾根をそのまま下ると屏風沢700m二俣に下りてしまうのです。
もしリカバリーが面倒になってそのまま沢を下っても、一般登山しかされないハイカーレベルではまず無理です。
発見されたと伺った棚までは沢をある程度下降しないと到達できないので、おそらく上記の行動かなぁと個人的には考えております。
棚の下で合掌してきました。
訪問者数:91人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ