また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1674697 全員に公開 ハイキング近畿

高安山「神光寺道」

日程 2018年12月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間2分
休憩
1分
合計
2時間3分
S服部川駅10:1712:09高安山12:1012:20高安山駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

服部川八幡宮の御神木は無事だった様子。ホッとしました。
2018年12月08日 10:19撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
服部川八幡宮の御神木は無事だった様子。ホッとしました。
1
服部川総池から生駒山系。
2018年12月08日 10:23撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
服部川総池から生駒山系。
1
2016年3月に143年の歴史を閉じた中高安小学校発祥の地はココでした。旧校舎の取り壊し工事は始まっています。
2018年12月08日 10:27撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2016年3月に143年の歴史を閉じた中高安小学校発祥の地はココでした。旧校舎の取り壊し工事は始まっています。
史跡の道で神光寺を目指します。ここ辺りから勾配がキツクなる。凍結している日は、まともに歩けません。
2018年12月08日 10:30撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
史跡の道で神光寺を目指します。ここ辺りから勾配がキツクなる。凍結している日は、まともに歩けません。
石垣横のルートは安国寺に通じています。ふぁんトントのオリジナル・ルートですよ〜。「しろ道」にもここから回れます。
2018年12月08日 10:33撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石垣横のルートは安国寺に通じています。ふぁんトントのオリジナル・ルートですよ〜。「しろ道」にもここから回れます。
守園神さんにご挨拶。今シーズンの無事を祈念しました。
2018年12月08日 10:36撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守園神さんにご挨拶。今シーズンの無事を祈念しました。
紅葉の美しい神光寺さんに到着。境内と寺内墓に多数の横穴式古墳が残っています。
2018年12月08日 10:39撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の美しい神光寺さんに到着。境内と寺内墓に多数の横穴式古墳が残っています。
1
山門前石段も紅葉が美しい。
2018年12月08日 10:42撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山門前石段も紅葉が美しい。
1
高安山をバックにデンと構えた本堂。
2018年12月08日 10:44撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高安山をバックにデンと構えた本堂。
1
小堂内のお地蔵さん。暗くてよくお顔を拝見出来なかったので、ライトアップしました。
2018年12月08日 10:46撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小堂内のお地蔵さん。暗くてよくお顔を拝見出来なかったので、ライトアップしました。
道沿いに開口部を向けている服部川43号墳、こちらはストリートビューで内部見学できますよ。
2018年12月08日 10:56撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道沿いに開口部を向けている服部川43号墳、こちらはストリートビューで内部見学できますよ。
1
引き返して登り口に着きました。引き返さなくても、ここへ回り込めます。入り口付近スッキリした様子。
2018年12月08日 11:02撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して登り口に着きました。引き返さなくても、ここへ回り込めます。入り口付近スッキリした様子。
すぐ左手に服部川78号墳です。このあと、さらに7号墳を左手に見ます。(古墳番号の付け方は詳しく知りません)
2018年12月08日 11:02撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ左手に服部川78号墳です。このあと、さらに7号墳を左手に見ます。(古墳番号の付け方は詳しく知りません)
三基目の古墳は、何号墳か不明ながら、このルートで最大クラスの古墳です。玄室もはっきりわかります。ここからジグザグに登る道は、背より高い笹に覆われているはず。。。
2018年12月08日 11:04撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三基目の古墳は、何号墳か不明ながら、このルートで最大クラスの古墳です。玄室もはっきりわかります。ここからジグザグに登る道は、背より高い笹に覆われているはず。。。
下草は生えているけど、笹ヤブは綺麗に刈り込まれていました。歩きやすいです。
2018年12月08日 11:06撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下草は生えているけど、笹ヤブは綺麗に刈り込まれていました。歩きやすいです。
近鉄と思われる新しい測量石柱です。測量の際に、草刈りを行ったのでしょうか。
2018年12月08日 11:09撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近鉄と思われる新しい測量石柱です。測量の際に、草刈りを行ったのでしょうか。
難なく最初の尾根先端部に出た。
2018年12月08日 11:10撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難なく最初の尾根先端部に出た。
「しろ道」との間の谷は、「一の谷」と呼ばれ、昔は歩けたとのこと。下から声が聞こえました。工事関係者かな?
2018年12月08日 11:17撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「しろ道」との間の谷は、「一の谷」と呼ばれ、昔は歩けたとのこと。下から声が聞こえました。工事関係者かな?
標高200mを越えると徐々に下草は減って、露岩むき出しの尾根道となります。
2018年12月08日 11:20撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高200mを越えると徐々に下草は減って、露岩むき出しの尾根道となります。
標高250mからは、お決まりの巨岩現る。ここからの区間は、神光寺道のハイライト。落ち葉を踏みしめながら登ります。
2018年12月08日 11:21撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高250mからは、お決まりの巨岩現る。ここからの区間は、神光寺道のハイライト。落ち葉を踏みしめながら登ります。
巨岩の間を縫うようにして登っていきます。
2018年12月08日 11:24撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩の間を縫うようにして登っていきます。
この付近、平坦部となっています。城址地形によくみられる形状です。
2018年12月08日 11:27撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近、平坦部となっています。城址地形によくみられる形状です。
鳩巣岩に到着。プレートが付きました。感激! 小字名で「鳩巣」だから間違いではない。この岩の後方は、広大な平坦地となっていて、人工的に開削されたと推測されています。時代は不明。
2018年12月08日 11:38撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩巣岩に到着。プレートが付きました。感激! 小字名で「鳩巣」だから間違いではない。この岩の後方は、広大な平坦地となっていて、人工的に開削されたと推測されています。時代は不明。
1
鳩巣岩の前にはコンロ台付きの腰掛岩。覆っていた倒木や折れ枝を掃除しておきました。ここから、山腹を進みます。
2018年12月08日 11:36撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩巣岩の前にはコンロ台付きの腰掛岩。覆っていた倒木や折れ枝を掃除しておきました。ここから、山腹を進みます。
ツツジ〜。モチツツジかな。山に咲いてるから、ヤマツツジですね。これなら間違いない。
2018年12月08日 11:47撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ〜。モチツツジかな。山に咲いてるから、ヤマツツジですね。これなら間違いない。
1
ピークを越えると歩きやすい道になりました。
2018年12月08日 11:51撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを越えると歩きやすい道になりました。
前方に土塁状のたかまり。越えると一元の宮さんの敷地です。「しろ道」も合流するけど、登らず斜めに横断します。
2018年12月08日 11:57撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に土塁状のたかまり。越えると一元の宮さんの敷地です。「しろ道」も合流するけど、登らず斜めに横断します。
「しろ道」と合流してからは、一元の宮さんのフェンス沿いに歩きました。決して、フェンスを乗り越えないでくださいね。石の川を横断すると、間もなく山頂です。
2018年12月08日 12:05撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「しろ道」と合流してからは、一元の宮さんのフェンス沿いに歩きました。決して、フェンスを乗り越えないでくださいね。石の川を横断すると、間もなく山頂です。
山頂手前でツバキがさいていた。美しい。(もしかして、サザンカ?)
2018年12月08日 12:08撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前でツバキがさいていた。美しい。(もしかして、サザンカ?)
高安山の三角点に到着。ここは山名のプレートがどっちゃりついています。
2018年12月08日 12:10撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高安山の三角点に到着。ここは山名のプレートがどっちゃりついています。
2
二等三角点・峯山に敬礼タッチ。登山靴で踏んづけたり、ペンキ塗られたり散々な目にあってる三角点です。大切にしましょう。国の宝です。
2018年12月08日 12:10撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点・峯山に敬礼タッチ。登山靴で踏んづけたり、ペンキ塗られたり散々な目にあってる三角点です。大切にしましょう。国の宝です。
2
「ごじゅうからガーデン」から八尾市内を展望。やっと冬らしくなった。この季節を待っていました。
2018年12月08日 12:22撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ごじゅうからガーデン」から八尾市内を展望。やっと冬らしくなった。この季節を待っていました。
1

感想/記録

八尾市内から生駒山系を越えて奈良県側に通じるルートとして、「高安山越十二道」を「高安城を探る会」の皆さんが調査なさいました。資料集を八尾市の図書館で借りて歩き始めたのは、2015年の冬シーズンのこと。

高安山越十二道とは、
http://juantonto.wpblog.jp/takayasuyama-12route/

地理院地図の破線道である「神光寺道」は、最も歩く人の少ないルートと考えていました。標高200m付近までは厳しいヤブ漕ぎを覚悟する必要もあるでしょう。

と言うワケで、
ヤブ漕ぎ覚悟で久しぶりに歩いてみると、笹ヤブは消え、途中の巨石群にプレートが設置されていました。見どころも多く、とても歩きやすくなっています。この冬のオススメ・ルートです。鳩巣岩の前には天然のコンロ台まであります。

「しろ道」と「鉢伏道」に関しては、東大阪・八尾周辺の山道や歴史・自然に精通されているBsLinersさんが、11/25にお歩きになっています。YAMAP活動日記によると、酷いヤブや倒木もなく歩けるとのこと。是非、参考にして歩きましょう。

鉢伏道〜空鉢護法堂(信貴山)〜しろ道(BsLinersさん)
https://yamap.co.jp/activity/2774307



訪問者数:81人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ