また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1678092 全員に公開 ハイキング 霊仙・伊吹・藤原

初冬の伊吹山を縦走 西尾根〜弥高尾根

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年12月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
下山の弥高地区にチャリをデポ。大久保地区のチェーン脱着場にクルマを置きました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
2時間6分
合計
8時間16分
Sスタート地点06:5407:05惣持寺07:0808:30砕石場 ひとつめ08:5009:50採石場 ふたつめ10:1011:28びわこ展望台11:30山頂周回道分岐・合流点11:3111:37日本武尊像(伊吹山)11:4211:43伊吹山11:4411:49日本武尊像(伊吹山)12:1112:16山頂周回道分岐・合流点12:2112:24伊吹山八合目12:3012:37伊吹山七合目12:4012:41伊吹山六合目(標識)12:4512:46伊吹山六合目避難小屋12:4712:48弥高尾根・上平寺尾根分岐12:4913:29弥高山13:3013:44弥高尾根・上平寺尾根 分岐点13:5013:59弥高百坊14:2314:28伊吹山 弥高尾根登山口14:41カミ山地蔵尊14:4415:02弥高尾根入口(林道分岐)15:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■長尾護国寺〜西尾根〜山頂
 今年の春歩いたのですけど、やっぱり踏み跡が薄く、序盤ルートミスしました。尾根に復帰しそのまま採石場へ。採石場は休みでしたので歩かせてもらいました(
すいません)。一つ目の砕石場〜二つ目の採石場、二つ目の採石場〜山頂のところは、道なき道を行きました。
■山頂〜正面登山道
 問題の無い登山道。まだ雪も少なく、凍ってもいなかったので夏道です。
■弥高分岐〜弥高尾根
 赤い旗の目印が出来てました。とても歩きやすかったです。どんどん歩きやすくなってきているようです。
その他周辺情報帰りに伊吹薬草風呂へ行きました。600円−50円JAFキャッシュバックで、550円
過去天気図(気象庁) 2018年12月の天気図 [pdf]

写真

大久保から見た伊吹山。
今週雪溶けたはずなのに、白くなっていると不安に思う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大久保から見た伊吹山。
今週雪溶けたはずなのに、白くなっていると不安に思う
長尾護国寺。このあたりでは、セツブンソウで有名です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾護国寺。このあたりでは、セツブンソウで有名です
ゲートを開けて、奥の院、権現の森遺跡散策道に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを開けて、奥の院、権現の森遺跡散策道に入ります
奥の院 旧毘沙門堂の右側に古道があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院 旧毘沙門堂の右側に古道があります
天吉寺山からカナ山のあたり。あっちも白い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天吉寺山からカナ山のあたり。あっちも白い
前回、下りるときにこちら直進してしまった。まあ帰れるけど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回、下りるときにこちら直進してしまった。まあ帰れるけど
掘りこまれた道。このあと、尾根に行かずトラバースしてしまった。スギの植林地で道があるようだったのでいってしまった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掘りこまれた道。このあと、尾根に行かずトラバースしてしまった。スギの植林地で道があるようだったのでいってしまった
三角点は大切に
点名=大久保、標高=645.61 m、等級=四等三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は大切に
点名=大久保、標高=645.61 m、等級=四等三角点
1
一つ目の採石場についた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ目の採石場についた
金糞は白さが違う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞は白さが違う
一つ目のところも広い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ目のところも広い
標高をあげて見下ろしてみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高をあげて見下ろしてみる
2個目の採石場。ちょっとま正面に来すぎた。採石場に下りられない・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2個目の採石場。ちょっとま正面に来すぎた。採石場に下りられない・・・
1
採石場をショートカットさせてもらう。すいません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採石場をショートカットさせてもらう。すいません
積雪はまだこんなの。知れてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪はまだこんなの。知れてます
冬山はしないけど、シュカブラは誰かに教えてもらった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬山はしないけど、シュカブラは誰かに教えてもらった
採石場の左の森を行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採石場の左の森を行きます
1
ドライブウェイの建物が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドライブウェイの建物が見える
左から金糞岳、右は虎子山。その奥右は貝月山かな、ブンゲンはかくれてるかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から金糞岳、右は虎子山。その奥右は貝月山かな、ブンゲンはかくれてるかな
左は虎子山、右に伊吹北尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は虎子山、右に伊吹北尾根
1
採石場の上は、木が無く転がり落ちそうなので、やっぱり木のあるところを行くしかないな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採石場の上は、木が無く転がり落ちそうなので、やっぱり木のあるところを行くしかないな
微妙にケモノ道らしき道はある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微妙にケモノ道らしき道はある
高島の山がきれいに見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高島の山がきれいに見える
2
左は赤坂山あたりで、右は乗鞍か岩籠山のほうかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は赤坂山あたりで、右は乗鞍か岩籠山のほうかな
1
山頂近くの建造物が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くの建造物が見えてきた
琵琶湖、左に沖島が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖、左に沖島が見える
長浜の町、竹生島が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長浜の町、竹生島が見える
金糞岳、かっこいいね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞岳、かっこいいね
1
まだ山頂近くしか雪ないけど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ山頂近くしか雪ないけど
山頂の建物が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の建物が見えた
1
三合目広場が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目広場が見えた
伊吹山寺、避難所。まだ雪のお菓子の家にはなってないですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山寺、避難所。まだ雪のお菓子の家にはなってないですね
小屋は全部閉まってます。当り前か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋は全部閉まってます。当り前か
ドライブウェイの駐車場。雪なかったら北尾根まで行きたかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドライブウェイの駐車場。雪なかったら北尾根まで行きたかった
弥勒堂と弥勒菩薩、拝んでおきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥勒堂と弥勒菩薩、拝んでおきました
三角点は大切に
点名=伊吹山、標高=1377.31 m、等級=一等三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は大切に
点名=伊吹山、標高=1377.31 m、等級=一等三角点
1
避難小屋で少し休憩。お寺は閉山してます。当り前か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋で少し休憩。お寺は閉山してます。当り前か
ガラスが凍っている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガラスが凍っている
下山します。御池まで見えてるかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します。御池まで見えてるかな
振り返る。直登には早いですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。直登には早いですね
途中、赤い旗があった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、赤い旗があった
弥高尾根のほうに伸びているよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥高尾根のほうに伸びているよ。
誰か歩いている人がいる。一人だけかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰か歩いている人がいる。一人だけかな
赤い旗。よくわかりますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い旗。よくわかりますね
道もわかりやすいような気がする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道もわかりやすいような気がする
こうやってみると道が続いているのがよくわかる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやってみると道が続いているのがよくわかる
案内看板は少ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内看板は少ない
草かってあって歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草かってあって歩きやすい
ドライブウェイが見える。左のほうは通行止めの原因かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドライブウェイが見える。左のほうは通行止めの原因かな
あっちは名古屋が見えてんのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちは名古屋が見えてんのかな?
伊吹山を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山を振り返る
分岐で弥高百坊のほうに行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐で弥高百坊のほうに行きます
上平寺の案内が落ちていたので、テープでとめておいた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上平寺の案内が落ちていたので、テープでとめておいた
ここ広くて気持ちいいんです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ広くて気持ちいいんです
霊仙展望台と個人的には呼んでいる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙展望台と個人的には呼んでいる
琵琶湖が明るく幻想的
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖が明るく幻想的
1
向こう岸の比良がよく見えないのが残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こう岸の比良がよく見えないのが残念
登山口。林道終点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。林道終点
高架線のメンテをやってはった。寒いのにお疲れさま
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高架線のメンテをやってはった。寒いのにお疲れさま
林道から外れ、カミ山地蔵尊へショートカット
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から外れ、カミ山地蔵尊へショートカット
三角点があるけど、藪こぎする元気がない
三角点は大切に
点名=弥高山、標高=495.17 m、等級=四等三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点があるけど、藪こぎする元気がない
三角点は大切に
点名=弥高山、標高=495.17 m、等級=四等三角点
その後林道があって、弥高に下る道があるけど、ここが一番荒れてた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後林道があって、弥高に下る道があるけど、ここが一番荒れてた。
時期が良ければよかったのに・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時期が良ければよかったのに・・・
平野神社から伊吹山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平野神社から伊吹山
帰り道、今日登った西尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道、今日登った西尾根
帰り道、このアングルの伊吹山が一番怖い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道、このアングルの伊吹山が一番怖い
2

感想/記録

週の中ごろは雪もすっかり溶けてしまったというyoshikunさんレコもあったので、今週末が最後かなというところで、伊吹山に行ってきました。
春先に、西尾根を歩いて途中撤退したので、そのリベンジもしたかったので、西尾根から弥高尾根を縦走してみました。

西尾根は途中、伊吹鉱山の採石場があり、昔の登山道は分断されています。鉱山が運転中は基本的には通れない・通ってはだめだと思います。今の時期は、もう冬で、稼働していないようでしたので、通らせてもらいました。すいません。
今まで見たことのないアングルから金糞岳や伊吹北尾根が眺められたり、面白かったのですが、分断されてから道がないので、藪っぽいところもあり、そういうのは苦手なので、もう行かないかな。

弥高尾根は、分県滋賀県の山でも取り上げられ、歩きやすくなっているみたいです。正面道を下りていたら、途中赤い旗があり、その先赤い旗が弥高尾根に続いていました。春先にはなかったです。赤い旗は、要所要所に立っていて、道がわかりやすくなってました。もっと籔っぽい感じもありましたが、きれいに刈り払われていたりしてました。
願わくば、弥高のところにも登山者用駐車場があればうれしいですね。上平寺のほうには、駐車場が出来ているので。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:455人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/16
投稿数: 5847
2018/12/16 19:53
 これは珍しいルートで
伊吹山に登って来ましたね。
yonedaさん、こんにちは。
大久保から登るルートもあったんだ。知らんかったね。
誰も登らんから、鉱山採石場で撮った写真は貴重かと思うよ。

実はね、下(上野)から伊吹山へ登ったのは中学校の時だけなんよ
寅の伊吹山レコは全部ドライブウェイって、笑ってくれる
登録日: 2013/10/13
投稿数: 407
2018/12/16 20:44
 Re: これは珍しいルートで
toradoshiさん、こんばんは
物好きの人しか登らないようなところから行ってきましたよ。昔は、大久保から登山道があったようなんです。採石場で分断されてますけど。
今年の春先も行ったんですけど、途中で撤退したので、2回目の正直でした。

ドライブウェイは、今年は崩落とかで通行止めなってました。来年春までに復旧するのかな。ドライブウェイは開通するときと閉鎖する前の土日は半額なんで、来年春に期待です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ