また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1680448 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中国

花茎山〜安駄山〜高鉢山

日程 2018年12月18日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
バイクをJR芸備線狩留家駅に駐輪し、代行バスで狩留家から上三田へ。
代行バスの運賃はあらかじめJRの駅にて払っておく必要あり。バスでは払えませんでしたので狩留家に戻った時に切符を買って箱に投函しました(狩留家は無人駅)。
ICカードの場合ってどうすんの?
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
42分
合計
7時間29分
Sスタート地点08:0409:53布山(三角点名:花茎山)09:5511:40安駄山11:4612:03中三田分岐12:0512:40三ツ掛山12:4313:14高鉢槍13:3514:05高鉢山(三角点)14:12高鉢山(南峰)14:1314:19高鉢山(三角点)15:04高鉢山登山道分岐15:1115:33JR狩留家駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
上三田から花茎山
最初はガレて荒れた登山道。
中電の火の用心がある鞍部から右手に登る。
滑りやすい超急登。しかも道らしい道ないので枝を払うか、シダを漕ぐか。

花茎山から安駄山
踏み跡がほとんどない稜線を歩く。倒木、急登、薮化で歩きにくい所と歩きやすい場所の比率は1:1くらい。夏は厳しいと思われる。
安駄山登山道合流付近の鞍部が非常に荒れており道迷いの危険も高い。
安駄山はかなり急登。

安駄山から高鉢槍、高鉢山
やはり踏み跡ほとんどなし。倒木がやたら増える。
高鉢槍は唯一にして最高の眺望ポイント。
高鉢山山頂周辺は標識も多く、踏み跡もわかりやすい。

高鉢山から狩留家
踏み跡薄い超急登。最初は倒木なども処理されており、まだ歩きやすいが、標高550mから400mくらいは特に滑りやすい超急登で今回のコース最難関と感じた。
その他周辺情報ふかわの湯を利用しました。
700円。
過去天気図(気象庁) 2018年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 タオル ゲイター ストック
備考 ストックは非常に役立ちました。チェーンスパイクがあればよかった。

写真

代行バスは県道37号線を走ります。駅からやや距離あります
2018年12月18日 08:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
代行バスは県道37号線を走ります。駅からやや距離あります
4
三篠川から川霧がたちこめる
2018年12月18日 08:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三篠川から川霧がたちこめる
2
取り付き。のっけから荒れ荒れムード
2018年12月18日 08:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き。のっけから荒れ荒れムード
4
テープは時たま見るが、荒れ荒れガレガレ
2018年12月18日 08:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープは時たま見るが、荒れ荒れガレガレ
2
鞍部。交差点。ここを右に
2018年12月18日 09:01撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部。交差点。ここを右に
1
滑りやすい急登。すごくしんどい
2018年12月18日 09:09撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすい急登。すごくしんどい
3
鎌倉寺山が見える
2018年12月18日 09:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌倉寺山が見える
6
やっと着いたが、眺望なし
2018年12月18日 09:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着いたが、眺望なし
4
多分真ん中の山が安駄山。アップダウンきつそう
2018年12月18日 10:00撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分真ん中の山が安駄山。アップダウンきつそう
3
こういう高速道路も結構あってまあまあ楽しい
2018年12月18日 10:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう高速道路も結構あってまあまあ楽しい
6
田部さんポイントが随所に残ってました
2018年12月18日 10:49撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田部さんポイントが随所に残ってました
2
再び姿を見せた安駄山。登り返しますなあ
2018年12月18日 11:00撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び姿を見せた安駄山。登り返しますなあ
4
このあたりの荒れっぷりが辛い。急登を除けば、一番難儀しました
2018年12月18日 11:06撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりの荒れっぷりが辛い。急登を除けば、一番難儀しました
4
安駄山登山道と合流
2018年12月18日 11:18撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安駄山登山道と合流
2
ここも山頂は三角点のみ
2018年12月18日 11:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも山頂は三角点のみ
4
中三田に下る分岐。
2018年12月18日 12:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中三田に下る分岐。
1
三ツ掛山は秘密基地でも作りたくなるような広いピーク
2018年12月18日 12:40撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ掛山は秘密基地でも作りたくなるような広いピーク
5
三角点はやや外れたところに
2018年12月18日 12:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点はやや外れたところに
1
高鉢槍は360度の絶景。広島市街方面。
2018年12月18日 13:19撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高鉢槍は360度の絶景。広島市街方面。
7
安駄山方面
2018年12月18日 13:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安駄山方面
5
志和、東広島方面
2018年12月18日 13:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志和、東広島方面
4
高鉢山三角点。こっちは北峰でやや低い
2018年12月18日 14:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高鉢山三角点。こっちは北峰でやや低い
5
南峰がやや高く、こちらが高鉢山頂扱い
2018年12月18日 14:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰がやや高く、こちらが高鉢山頂扱い
3
この時点では倒木の処理もされてるし、急登もまだ許容範囲なので気楽に構えてました。
2018年12月18日 14:30撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時点では倒木の処理もされてるし、急登もまだ許容範囲なので気楽に構えてました。
2
突如現れる申し訳程度のお助けロープ。まだ新しい。登って来るときはこのロープが見えたら地獄の始まり。下りの時は地獄の終わり。体が自動的に滑り降りて行く恐怖の急登でした。
2018年12月18日 14:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突如現れる申し訳程度のお助けロープ。まだ新しい。登って来るときはこのロープが見えたら地獄の始まり。下りの時は地獄の終わり。体が自動的に滑り降りて行く恐怖の急登でした。
9

感想/記録

あさきた里山マスターズ 31、32座目

山行計画を立てた時、第一印象は「何このテーブルマウンテン?」。
その印象通り、超急登に始まり、急登をはさみ、超急登に終わる。厳しい山行になりました。
とはいえ稜線歩きは冬場ということもあって結構楽しめましたし、なにより皆様が絶賛する高鉢槍からの眺めは薄曇りでやや霞んでいてさえも素晴らしいものでした。
苦労を乗り越えてこそ感動が増幅されるのは登山の醍醐味だと改めて思った次第です。
里山登山の楽しいところも苦しいところも全部詰まった魅力的な山域だと思うのです。かなりM気質なのには違いないですけどね。
訪問者数:386人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ