また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1693876 全員に公開 雪山ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山 ツツジオ谷

日程 2019年01月03日(木) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間2分
休憩
56分
合計
3時間58分
Sスタート地点09:1809:36腰折滝09:3709:53一ノ滝09:5510:03二ノ滝10:0410:20八合目(千早本道)10:31九合目(千早本道)10:43山頂広場10:5011:00金剛山11:0411:09一の鳥居11:21大阪府最高地点11:25ちはや園地ピクニック広場11:5912:02ちはや園地展望台12:0612:10金剛山ロープウェイ金剛山駅12:1112:30岩屋文殊13:13千早ロープウェイバス停/金剛山ロープウェイ前バス停13:1513:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
5月にも登ったツツジオ谷の源流コースを行くつもりでした。途中足跡についていきタカハタ尾根に登るルートに行かないよう注意してましたが、分岐を見逃しそのまま予定通り行けました。
 でも追いついた前のグループの方は見逃してそのまま来てしまったようです。
コース状況/
危険箇所等
山頂広場まではアイゼン着用せず。葛城神社からちはや園地までは、ストックだけでは滑るので慎重に歩くため、ペースが遅くなり、たまらず途中でアイゼン着用。
 台風の影響で倒木をくぐったりする箇所が増えたが、大きく時間をロスする程ではない。
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 若干かさばるが、仲間がダイソーで買ってた折り畳み携帯マットが威力発揮。
雪の積もったベンチでも払わずそのまま座れるし、冷えることもない。
 寒いときは時間かかる調理はしたくないが、カップ麺だけでは物足りない。
今回は、どん兵衛に乾燥ワカメ、レンコンはさみ揚げ持参。天ぷら系統は冷えててもトッピングにはいけますね。
 

写真

半分凍ってた二ノ滝。氷瀑にはまだまだです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半分凍ってた二ノ滝。氷瀑にはまだまだです。
1
正面登山道との出合い付近。橋の手前の右横から登り合流します。踏み跡も少なく若干上りにくかったです。
2019年01月03日 10:40撮影 by KYV40, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面登山道との出合い付近。橋の手前の右横から登り合流します。踏み跡も少なく若干上りにくかったです。
山頂広場で今シーズン初霧氷。
2019年01月03日 10:47撮影 by KYV40, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場で今シーズン初霧氷。
1
文殊尾根は霧氷の林でした。
2019年01月03日 12:32撮影 by KYV40, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文殊尾根は霧氷の林でした。
1

感想/記録
by abbma2

年末は六甲掬星台から遠くの記念碑台付近の霧氷を眺め、見に行くことを主張しましたが、鍋パーティー後で予定にもなかったため皆から却下。ようやく雪と霧氷を堪能できました。氷瀑はまた2月に見に行こうと思います。
帰りは文殊尾根から。雪も多く霧氷もきれいに見えました。
訪問者数:150人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ