ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 170157 全員に公開 山滑走志賀・草津・四阿山・浅間

樹氷が盛りの四阿山へ山スキーで再訪。大展望満喫

日程 2012年02月19日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 多摩西部地域からだと、片道200キロ余り。
 今日のあずまや高原ホテルの一般駐車場は、ほぼ満杯でし
た。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

あずまや高原ホテル一般駐車場(標高1440m)
    8時05分 発
4合目(標高1760m)
    9時17分 着
    食事
    9時30分 発
2245mの小コル
    11時46分 着
    食事、スキーデポ
    12時10分 発
四阿山 山頂(2354m)
    12時25分 着
    12時31分 発

2245mの小コル
    12時43分 着
    スキーを履く
    12時51分 発
あずまや高原ホテル一般駐車場
    15時20分 着
コース状況/
危険箇所等
 積雪は多くなく、休日はルートがよく踏まれています。
 降雪直後なら、軽いラッセルがあります。
 山スキー、スノーシュー、わかんなどみな向いています。

 今回は山頂尾根をたどり、山頂部の手前にスキーデポしま
したが、積雪が多く、ルートが踏まれてないと、深雪にもな
ります。

 その場合は、尾根をたどらず、尾根下の樹林をぬって山頂
の10mほど下に達することができます。

 上田市の道路沿いの掲示で、気温マイナス12度。
 この山は、風当たりがつよく、森が疎なので、天候によって
は強風や保温対策の用意がいります。
過去天気図(気象庁) 2012年02月の天気図 [pdf]

写真

標高差900mの登高は、
あずまや高原ホテルの駐車場から
スタート。
森を抜けます。
2012年02月19日 08:18撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高差900mの登高は、
あずまや高原ホテルの駐車場から
スタート。
森を抜けます。
1キロほどで森を抜けて、牧場を
行きます。
左端が根子岳、右端が四阿山。
帰りは、この緩斜面を滑ってきます。
2012年02月19日 08:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1キロほどで森を抜けて、牧場を
行きます。
左端が根子岳、右端が四阿山。
帰りは、この緩斜面を滑ってきます。
2
四合目で牧場を後にし、四阿山の山頂部の尾根末端へ向かいます。
2012年02月19日 09:37撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目で牧場を後にし、四阿山の山頂部の尾根末端へ向かいます。
1
雪面から顔を出した木の芽。
2012年02月19日 10:01撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪面から顔を出した木の芽。
コケも雪と氷で冬の飾り。
2012年02月19日 10:11撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケも雪と氷で冬の飾り。
山頂尾根は、下部の広葉樹の林を急登
すると、中段でところどころ強風で
樹林のない雪原が広がります。
2012年02月19日 10:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂尾根は、下部の広葉樹の林を急登
すると、中段でところどころ強風で
樹林のない雪原が広がります。
浅間山を背に。
2012年02月19日 10:35撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山を背に。
野ウサギの食み跡。すっぱり。
2012年02月19日 10:39撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野ウサギの食み跡。すっぱり。
山頂尾根の上部にすすむと、
いろんあ形の樹氷群の地帯に
入ります。
後方の高みが山頂部。
2012年02月19日 11:10撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂尾根の上部にすすむと、
いろんあ形の樹氷群の地帯に
入ります。
後方の高みが山頂部。
2
13年前にスキーで来たときより、
針葉樹も濃くなったよう。
2012年02月19日 11:22撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13年前にスキーで来たときより、
針葉樹も濃くなったよう。
山頂の手前には、規模は小さいながら、
樹氷が密に広がっていました。
2012年02月19日 11:23撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の手前には、規模は小さいながら、
樹氷が密に広がっていました。
3
分け入ります。
2012年02月19日 11:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分け入ります。
1
山頂まで、あと少し。
2012年02月19日 11:44撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで、あと少し。
写真の前方、20mほどのところに
ある小さな鞍部にスキーをデポ。
2012年02月19日 11:45撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真の前方、20mほどのところに
ある小さな鞍部にスキーをデポ。
1
いよいよ山頂です。
2012年02月19日 12:13撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂です。
1
山頂部から、登ってくる人たち
を見る。
この日は、スノーシューの2つの
団体、計45人。
個人の登山者20人ほど。
以前よりも人が増えたのは、スノーシュー
のおかげかな?
2012年02月19日 12:21撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部から、登ってくる人たち
を見る。
この日は、スノーシューの2つの
団体、計45人。
個人の登山者20人ほど。
以前よりも人が増えたのは、スノーシュー
のおかげかな?
1
山頂部の北端。
2012年02月19日 12:21撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部の北端。
万座、奥志賀方面。
2012年02月19日 12:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万座、奥志賀方面。
根子岳方面と背後に北ア。
少しもやってましたが、大展望。
見えるべき山はみな視界に。
2012年02月19日 12:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根子岳方面と背後に北ア。
少しもやってましたが、大展望。
見えるべき山はみな視界に。
5
デポ地へもどる。
前回は、樹林がより開けていて、山頂部南東
の開けた雪の斜面を、山頂直下までスキー
であがりましたが、今回は尾根通し。
今回のルートは眺めと高度感がありました。
2012年02月19日 12:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デポ地へもどる。
前回は、樹林がより開けていて、山頂部南東
の開けた雪の斜面を、山頂直下までスキー
であがりましたが、今回は尾根通し。
今回のルートは眺めと高度感がありました。
下降。
2012年02月19日 13:13撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降。
スキーは下手です。
けがをしないのが第一。
2012年02月19日 13:15撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーは下手です。
けがをしないのが第一。
山頂尾根の付近の雪は風に飛ばされ
る場所も。
ガリガリ。
2012年02月19日 13:15撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂尾根の付近の雪は風に飛ばされ
る場所も。
ガリガリ。
おーい! 降りるから写してくれ!
2012年02月19日 14:37撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おーい! 降りるから写してくれ!
1
途中で、転倒!
帰りも存分に楽しんで、
ホテルの前まで滑り降りました。
2012年02月19日 14:37撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で、転倒!
帰りも存分に楽しんで、
ホテルの前まで滑り降りました。
1

感想/記録

 99年の3月初旬以来、2度目の四阿山スキーでした。こんど
はなんとか雪は多めでした。
 今回は風が弱かったのも、好条件でした。

 前回の記録は、こちら。
http://trace.kinokoyama.net/josinetu/azumayasan.99.3.htm

 高度差の割りに、登りやすい積雪量と雪質で、山スキーには
良い場所と改めて思いました。
 私はスキーは下手で、安全第一なので、今回も下降で時間が
かかりましたが。

 最下部の4合目から牧場と、ホテルまでの林間滑降が、一番
私向きで楽しめました。

 スノーシューは、山ガールと、もう一組ベテラン世代の、2つの
講習・体験会のグループが来ていて、賑やかな四阿山でした。
 上信国境の山は、積雪が多くはないので、スノーシューの
ゲレンデとしては良い場所と思います。

 樹氷の美しさも堪能できました。
 信州と上州の山々も、見えるべき名山は多くが姿を見せて
くれて、四阿山は独特な高度感と眺めが楽しめる山と思います。
訪問者数:5216人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/9/29
投稿数: 17019
2012/2/20 10:17
 四阿山
tanigawaさん、好天の中、四阿山お疲れ様でした。
スキーで無いと、なかなか遠くて私は時間切れになることしばしばでした。

でも私のスキーでは下りの事を考えると
祠までが精いっぱいでした

上の方は樹氷がきれいですね!
都合が付けば途中辺りまでご一緒したかったです
登録日: 2007/7/19
投稿数: 2983
2012/2/20 12:15
 RE:四阿山
 sakusakuさん、ご近所にお邪魔しました。
 四阿山は、すっかりスノーシューの山に変貌し
つつあって、今回は多人数が入って、雪道が錯綜し、
ラッセルもなしでした。

 スキーはきっと私の方が下手と思います。
 今回は、上部の雪が飛ばされやすい雪原が、まだ雪
が融けず、地面があらわれず、ルート取りが楽に滑れ
ました。
 それでも樹林の下降は、斜滑降でやっとでした。
 前回より積雪が多くて、最後のホテルへの林間滑降
部分が、地面が出てなくて、助かりました。

 樹氷は期待を上回りました。
 ちょうど低温・積雪の翌日だったので。

 sakusakuさん、13Bさん、wakaさんらとは、一
度、そちらのフィールドごいっしょしたいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ