また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1717819 全員に公開 山滑走 槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年01月30日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
・今回は第3駐車場を使用。トイレ、自販機あり。
・チケット売り場の売り場は8:30より販売開始。やまびこリフトは8:45から、夢の平クワッドは9:00から運行開始。1回券400円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間5分
休憩
59分
合計
7時間4分
Sスタート地点09:1609:41かもしかリフト最上部(ツアーコース開始点)11:09ツアーコース終点11:1312:16肩の小屋口12:1712:41肩ノ小屋12:5012:58剣ヶ峰口13:34朝日岳(乗鞍)13:3913:48蚕玉岳13:53乗鞍岳頂上小屋13:5513:59乗鞍岳14:1414:16乗鞍岳頂上小屋14:1714:25朝日岳(乗鞍)14:39剣ヶ峰口14:4014:43肩の小屋15:0315:10肩の小屋口15:27ツアーコース終点15:2815:57かもしかリフト最上部(ツアーコース開始点)16:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
かもしかリフト上〜肩の小屋 登り:約3時間、下り:約1時間
肩の小屋〜乗鞍岳 登り:約1時間10分、下り:約30分
コース状況/
危険箇所等
・ツアーコースは脛程度のラッセル。
・樹林を抜けるとトレースはほとんど残らない。
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

写真

かもしかリフトは整備点検のため昼頃からしか運行しないみたい。これ見てかなりショックだった
2019年01月30日 08:40撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かもしかリフトは整備点検のため昼頃からしか運行しないみたい。これ見てかなりショックだった
ゲレンデから見た乗鞍岳。いい天気
2019年01月30日 08:52撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデから見た乗鞍岳。いい天気
かもしかゲレンデ。チケット売り場の人から教わった通り、途中から左の迂回コースに回り込んだ
2019年01月30日 09:05撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かもしかゲレンデ。チケット売り場の人から教わった通り、途中から左の迂回コースに回り込んだ
かもしかリフト上に到着。ツアーコースに入る
2019年01月30日 09:38撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かもしかリフト上に到着。ツアーコースに入る
急斜面下から右の沢筋に入る。樹林が密で登りづらい
2019年01月30日 09:55撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面下から右の沢筋に入る。樹林が密で登りづらい
切り開かれた樹林内の道を行く
2019年01月30日 10:03撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り開かれた樹林内の道を行く
真正面に乗鞍岳が見えてきた
2019年01月30日 10:55撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真正面に乗鞍岳が見えてきた
2
気持ちのよさそうな斜面
2019年01月30日 11:20撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのよさそうな斜面
2
稜線では雪が舞っている
2019年01月30日 11:44撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線では雪が舞っている
1
雪面も美しい
2019年01月30日 11:47撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面も美しい
1
肩の小屋口
2019年01月30日 12:12撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋口
肩の小屋に到着。ここでスキーをデポしてアイゼンで頂上へ向かう
2019年01月30日 12:41撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋に到着。ここでスキーをデポしてアイゼンで頂上へ向かう
頂上まであと少し
2019年01月30日 13:40撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上まであと少し
1
頂上に到着
2019年01月30日 13:58撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に到着
4
北アルプス方面
2019年01月30日 13:59撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス方面
5
中央・南アルプス方面
2019年01月30日 14:02撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央・南アルプス方面
北アルプス方面
2019年01月30日 14:11撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス方面
1
中央・南アルプス方面
2019年01月30日 14:12撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央・南アルプス方面
肩の小屋から滑走開始
2019年01月30日 14:44撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋から滑走開始
いい感じに滑れた
2019年01月30日 15:05撮影 by COOLPIX W300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じに滑れた
2

感想/記録

昨年は雲、強風のため肩の小屋口までしか行けませんでしたが、高気圧に覆われて天気もよく、風も弱そうでしたのでリベンジしてきました。
予想通りの快晴(風は想像以上に強かった)で、遠くの山々の展望もばっちりでした。雪質もよく、滑りもとても楽しかったです。

・第3駐車場に車をとめる。
・チケット売り場に行ってみると、かもしかリフトは点検整備のため昼頃からしか運行しないみたい。チケット売り場の人から、左側の迂回路は傾斜が緩やかで登りやすいと教わる。1回券(400円)を2枚購入。
・リフトの運行開始は8:45から。やまぼうしリフト、夢の平クワッドを乗り継いでかもしかリフト下に到着。そこでシールをつけて登山開始。
・きれいに整備されたゲレンデのど真ん中を登る。教わった通り、道路に出た所から左側の迂回路を進む。傾斜は緩やかで歩くのも楽。30分弱でかもしかリフト上に到着。これ位の時間ロスで済んでよかった。
・ツアーコースにはちょうど一筋トレースがついている。ありがたくトレースを使わせてもらう。ラッセルの深さとしては脛程度。
・最初の急斜面では、右側の沢筋を行く。それなりに急で樹林が密で登りづらい。
・上がり切ると、樹林が切り開かれていく。気持ちよく歩く。
・やがて樹林も疎となり、風を受けるようになる。稜線では雪が舞い上がっている。
・前回引き返した肩の小屋口を通り過ぎ、肩の小屋を目指す。
・肩の小屋に到着したのは13時頃。オイルタンクの脇にスキーを置いて、アイゼンに履き替えて乗鞍岳を目指す。トレースはまばらながらも残っていた。
・それにしても風が強い。天気図では高気圧に覆われていたので、こんなに風が強いとは思っていなかった。
・朝日岳の頂上付近まで直登し、東側を巻くと蚕玉岳とのコルに出る。その後はロープも出ていた。
・頂上からは展望がいい。が、やっぱり風が強い。少し展望を楽しんで、すぐに下山開始。
・下山は登りとは別ルートの踏み跡をたどる。朝日岳と蚕玉岳のコルから直接下におりていく。
・肩の小屋で再びスキーを履き、滑走開始。
・雪もふかふかで、斜度もゆるめで私にちょうどいい。気持ちよく滑る。
・ツアーコースに入ると、トレースの数も多くなる。結構な人数が入っていたみたい。
・ちょっと急になったり木々が多くなってくると、やたらと転ぶ。相変わらず下手糞。
・無事、スキー場に到着。第3駐車場までゲレンデを滑り登山終了。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1162人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン コル 直登 リフト デポ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ