また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1722802 全員に公開 山滑走 白山

小白山(おじろ山)1609.2m:ソロでの稜線突破はやや冒険ルート

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年02月05日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白山中居神社はしっかり除雪されていました。石徹白川の橋の手前駐車地からスタート。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
野伏ヶ岳への林道はおおむね雪はつながっていましたが、融雪が早く、雪が降らなければ今週末には何か所か切れるでしょう。この周辺の雪はそこそこありますが、昨年同時期よりはやや少なめでした。野伏平周辺は藪がややうるさい感じで1mくらい雪が多いと快適でしょう。
橋立峠から小白山への稜線は狭小な場所が多く、雪庇下を抜けるルート取りが必要。ソロではそれなりに危険ですので、できるだけ複数での監視が必要です。今日は雪庇が落ちるような気温ではありませんでしたが、かなり肝を冷やしながらの稜線縦走でした。下りは昼下山の縛りのため、雪庇下大トラバースでの滑走となりました。フォールラインを向いて滑走したかった〰️。稜線は単独ではちょっとだけ冒険的な雰囲気でした。
その他周辺情報温泉も蕎麦も無しで一目散に職場へ・・・
過去天気図(気象庁) 2019年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 山スキー基本装備 BD Helio 176cm・センター116cm スカルパTX ATK Raceアルペンモード

写真

4:07スタート
2019年02月05日 04:13撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4:07スタート
野伏平で夜明け
2019年02月05日 06:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野伏平で夜明け
1
まだ藪が多い。1m足りないか
2019年02月05日 06:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ藪が多い。1m足りないか
徐々に高度を上げた
2019年02月05日 07:26撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に高度を上げた
橋立峠直下、傾斜も急に・・クトーで乗り切る
2019年02月05日 07:26撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋立峠直下、傾斜も急に・・クトーで乗り切る
3
橋立峠:稜線上に
2019年02月05日 07:37撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋立峠:稜線上に
1
ここからが本番、先には細い稜線が・・
2019年02月05日 07:37撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが本番、先には細い稜線が・・
3
進路右側は崖が続く。崩落個所は人の手が入っている様子。
2019年02月05日 07:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進路右側は崖が続く。崩落個所は人の手が入っている様子。
1
橋立峠を少し進み振り返り。野伏方向。
2019年02月05日 07:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋立峠を少し進み振り返り。野伏方向。
2
平坦地でほっと一息
2019年02月05日 08:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦地でほっと一息
1
アップダウンも多い
2019年02月05日 08:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンも多い
快晴になりそうな予感
2019年02月05日 08:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴になりそうな予感
後方は野伏が鎮座
2019年02月05日 08:28撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方は野伏が鎮座
4
ズボッてアイゼンからもう一度スキーに
2019年02月05日 08:28撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズボッてアイゼンからもう一度スキーに
1
岳人の心を揺さぶる景色がここにはある。
2019年02月05日 08:56撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳人の心を揺さぶる景色がここにはある。
8
山頂手前(北峰?)ジャンクションピーク
2019年02月05日 08:56撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前(北峰?)ジャンクションピーク
2か所の崖をまたぐため、気合の稜線。雪庇をどう巻くか?
2019年02月05日 09:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2か所の崖をまたぐため、気合の稜線。雪庇をどう巻くか?
4
意外に切り立っていた。1か所は完全な崖で落ちたらアウト
2019年02月05日 09:16撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外に切り立っていた。1か所は完全な崖で落ちたらアウト
6
岳弟たちをそそる光景が続く
2019年02月05日 09:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳弟たちをそそる光景が続く
3
石徹白は広大な景色が魅力
2019年02月05日 09:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石徹白は広大な景色が魅力
2
なんとか山頂に到達
2019年02月05日 09:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか山頂に到達
2
振り返り。下りは最低鞍部をかすめて高度を下げすぎないように尾根2つをビッグトラバースの計画
2019年02月05日 09:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り。下りは最低鞍部をかすめて高度を下げすぎないように尾根2つをビッグトラバースの計画
4
雪庇下トラバースは緊張したがうまくルート取りができたと思う
2019年02月05日 09:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇下トラバースは緊張したがうまくルート取りができたと思う
4
やや狭い山頂だった
2019年02月05日 09:26撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや狭い山頂だった
2
後方は歩いて来た稜線の向こうに野伏〜白山
2019年02月05日 09:26撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方は歩いて来た稜線の向こうに野伏〜白山
13
左側山頂から真一文字トラバースで滑走
2019年02月05日 09:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側山頂から真一文字トラバースで滑走
4
山頂は中央右寄り
2019年02月05日 09:55撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は中央右寄り
2
ジャンクションピーク(小白山北峰)の方が大きく見える。ヒマラヤ襞では無く、雨の縦溝が目立つのが残念
2019年02月05日 09:55撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクションピーク(小白山北峰)の方が大きく見える。ヒマラヤ襞では無く、雨の縦溝が目立つのが残念
5
ようやく安堵
2019年02月05日 09:57撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく安堵
1
最後は植林帯
2019年02月05日 11:38撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は植林帯
石徹白川は既に春
2019年02月05日 12:13撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石徹白川は既に春
1
良いワークアウトになりました!
2019年02月05日 12:13撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良いワークアウトになりました!
ハートマーク?春ですね・・・
2019年02月05日 12:14撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハートマーク?春ですね・・・
2
さらば石徹白。この後は職場に向けて激走・・・
2019年02月05日 12:14撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば石徹白。この後は職場に向けて激走・・・
1

感想/記録
by JUNDr

冬季だけ限定で、職場を調整して平日の年間5日間だけ”午前フリーの日”を設けている。それにより今日は午前限定での山行を実践した。しかし目論見がはずれ、結局、下山が12時・職場復帰が2時15分になってしまった・・・予想以上に厳しい行程で、残務が夕方に重なってしまった。

今日の山は簡単に終わるか?と思い臨んだが、どっこい野伏や薙刀の倍は厳しいものであった。もちろん時期が厳冬期だからでもあるが稜線の処理がやや厳しかった。残雪期ならもう少し楽なのだろうか?雪が無いともっと難しい気もするが。橋立峠からの稜線縦走はスキーを担いだりまた履いたりを繰り返したため時間もかかり、登り5時間30分、下り2時間30分であった。風上側をトラバースしていたが、2か所、崖に遭遇し、落ちたら一巻の終わり・・一時は敗退を決意したが、ここはもう一度戻ってじっくり弱点を観察し、雪庇が切れているところから覗き、斜面が安定ていることを確認し左サイドの雪庇下に回り込んで逃げ切った。2か所ほど大きな雪庇の張り出しがあったが、素早く行動し事なきを得た。大半は既に落ちて小さな雪庇だけであった。全体としては野伏平側のほうが安定していることが判った。滑走も帰宅時間を意識して周回ルートは却下し、同一ルートで帰ると決め、大トラバース滑走は下から見るとかなり大胆なラインでもあった。しかし雪崩が起こるコンディションでは無く、安定した滑走だったが、雨溝でフォールラインを向くことができない状態だったのが残念・・・雪が良ければ素晴らしい谷滑降ができるポテンシャルの山であることが伺えた。

トラバースばかりで面白くない動画はこちら・・・縦溝の段差に突き刺さり、見事コケたよ!


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1036人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/31
投稿数: 290
2019/2/6 15:27
 小白山に山スキー⁈
JUNDrさん こんにちは!

山スキーで小白山?
あの稜線をスキーで辿るなんてちょっと驚きです。
先生の動画を含むレコを拝見して、スキーの原点を見たような気がします。
かつて私も友人と少し山スキーをかじっていましたが、なかなか上達せずにその板もお蔵入り。
もう少し若かったら…などと考えてしまいます。
山スキーの厳しさ、楽しさの伝わるレコありがとうございました。
お疲れさまでした。
登録日: 2014/8/27
投稿数: 274
2019/2/6 16:10
 Re: 小白山に山スキー⁈
いつもコメントありがとうございます。確かに稜線縦走で山スキーは弱点も多いですが、ツボ足で突破できない新雪の場合は有効です。この山の谷斜面はかなりスキー向きだと思いました。しかし、谷を滑ると岐路に行き詰まるので登り返しになると思います。今回はピストンしましたが、谷滑降はかなりグレードが高いと思います。 sumi8848様も是非山スキーを再開してみてはいかがでしょうか!!
登録日: 2014/10/28
投稿数: 338
2019/2/7 15:19
 雨溝
既に雨溝、んーまんだむ

記録共有ありがとーございましたー。参考になりますー
登録日: 2014/8/27
投稿数: 274
2019/2/7 15:23
 Re: 雨溝
雨溝の上にうっすら新雪が正解でしょうか。モナカでもなくガリでもなくまずまずのコンディションで、大きな溝ですから、登り返しの時間があればフォールラインで滑れました。この日は帰宅困難者にならないように帰るのに必死でほとんどピストンになりました。もう一度リセットされれば問題ありません。是非!
登録日: 2014/10/28
投稿数: 338
2019/2/7 15:25
 Re[2]: 雨溝
トラバースゆえの、ということですね。お返事ありがとうございました。小白山は五年前から行こうとしててまだイケてないので羨ましい限りです

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ