また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1726432 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

八溝山

日程 2019年02月09日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
21分
合計
4時間25分
Sスタート地点10:5412:18日輪寺入口12:2212:25旧参道入口13:18八溝山13:3113:56日輪寺14:0014:18旧参道入口14:1814:22日輪寺入口14:2315:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
日輪寺入り口駐車場までは、林道ではなく、旧道を歩く場合は、標識がある。

写真

旧道の登山口、大きな鳥居に八溝山の歴史を感じる。
2019年02月09日 10:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道の登山口、大きな鳥居に八溝山の歴史を感じる。
1
冬季はこの先の林道が閉鎖だという。
2019年02月09日 10:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季はこの先の林道が閉鎖だという。
お堂が鳥居をくぐるとある。
2019年02月09日 10:55撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お堂が鳥居をくぐるとある。
駐車場にも車は1つもなかったが、登山道に足跡も無し。
こんな雪の日に来る人は居ないのだろう。
2019年02月09日 10:55撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場にも車は1つもなかったが、登山道に足跡も無し。
こんな雪の日に来る人は居ないのだろう。
先程のお堂を正面から。
この先で、旧道かと登山道らしきところに踏み込み、30分ほと迷走。
藪漕ぎ、イバラの道。
2019年02月09日 10:55撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程のお堂を正面から。
この先で、旧道かと登山道らしきところに踏み込み、30分ほと迷走。
藪漕ぎ、イバラの道。
やっと、林道に上り、登山口の標識を見つけ、ホットする。
2019年02月09日 11:22撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、林道に上り、登山口の標識を見つけ、ホットする。
ここが登山道。
2019年02月09日 11:22撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが登山道。
斜面も雪化粧。
2019年02月09日 11:51撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面も雪化粧。
落ち葉に積もった雪。
2019年02月09日 11:51撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉に積もった雪。
見上げるとヤドリギがたくさん見えた。
2019年02月09日 11:57撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるとヤドリギがたくさん見えた。
林道には旧道に入るところに道標。
2019年02月09日 12:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道には旧道に入るところに道標。
日輪寺入り口までやってきた。
2019年02月09日 12:16撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日輪寺入り口までやってきた。
1
木々越しに見えるのが、山頂だろうか。
2019年02月09日 12:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々越しに見えるのが、山頂だろうか。
どうやら、この森はドコモが出資管理しているようだ。きっと、ドコモだけがたくさん生えているのだろう。
2019年02月09日 12:19撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやら、この森はドコモが出資管理しているようだ。きっと、ドコモだけがたくさん生えているのだろう。
シャクナゲの葉は、寒さでこの通り。
日輪寺方面に降りかけたが、引き返す。
2019年02月09日 12:19撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの葉は、寒さでこの通り。
日輪寺方面に降りかけたが、引き返す。
地図をじっと見て、左側の登山道で登り、下山を日輪寺にすることに。
2019年02月09日 12:23撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図をじっと見て、左側の登山道で登り、下山を日輪寺にすることに。
真っ白な雪の上を歩く。
2019年02月09日 12:26撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な雪の上を歩く。
動物の足跡も無い。
2019年02月09日 12:26撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物の足跡も無い。
またまた、ウロのある木発見。こぶとりじいさんはきっとこんなところに潜んでいたのだろう。
2019年02月09日 12:34撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた、ウロのある木発見。こぶとりじいさんはきっとこんなところに潜んでいたのだろう。
1
名水百選の道だ。
2019年02月09日 12:44撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名水百選の道だ。
この名水には、水戸光圀との関わりが深いことを初めて知った。
2019年02月09日 12:49撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この名水には、水戸光圀との関わりが深いことを初めて知った。
金性水と書かれている。
2019年02月09日 12:49撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金性水と書かれている。
水は凍っていて、出ていない。この水を汲みにきた家族とであったが、気の毒に雪な中歩いてきて、水がない。
だけど、彼らは林道に車を乗り入れてきたらしい。
2019年02月09日 12:49撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水は凍っていて、出ていない。この水を汲みにきた家族とであったが、気の毒に雪な中歩いてきて、水がない。
だけど、彼らは林道に車を乗り入れてきたらしい。
さらに進むと鉄水の表示。
2019年02月09日 12:49撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むと鉄水の表示。
ここは大子町。
2019年02月09日 12:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは大子町。
鉄水のところから山頂までの長い長い階段を登る。
2019年02月09日 12:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄水のところから山頂までの長い長い階段を登る。
鉄水も凍っている。
2019年02月09日 12:55撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄水も凍っている。
長い階段が一区切り。
2019年02月09日 13:07撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い階段が一区切り。
上から階段を見下ろす。
2019年02月09日 13:07撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から階段を見下ろす。
やっと山頂だ。
2019年02月09日 13:10撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと山頂だ。
八溝嶺神社の前には白馬の像。
2019年02月09日 13:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八溝嶺神社の前には白馬の像。
由緒ありそうな鳥居をくぐる。
2019年02月09日 13:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
由緒ありそうな鳥居をくぐる。
霊峰八溝山と書かれている。冬季で無ければ、ここまで車で来られるようだ。
2019年02月09日 13:17撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊峰八溝山と書かれている。冬季で無ければ、ここまで車で来られるようだ。
八溝嶺神社
2019年02月09日 13:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八溝嶺神社
登山の安全を願う。
2019年02月09日 13:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山の安全を願う。
雪の中の狛犬。
2019年02月09日 13:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の中の狛犬。
お城の形の展望台。ここも冬季は閉鎖中。扉には大きな鍵がかけられている。
2019年02月09日 13:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お城の形の展望台。ここも冬季は閉鎖中。扉には大きな鍵がかけられている。
1
山頂から奥社を見下ろす。杉の木が雪化粧していて、クリスマスツリーのようだ。
2019年02月09日 13:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から奥社を見下ろす。杉の木が雪化粧していて、クリスマスツリーのようだ。
山頂は福島県棚倉町と書かれている。
だけど、茨城県の最高峰だ。
2019年02月09日 13:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は福島県棚倉町と書かれている。
だけど、茨城県の最高峰だ。
下山の途中、日輪寺に立ち寄りお参り。
ここも1月2月は閉鎖中と書かれていた。
2019年02月09日 13:57撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山の途中、日輪寺に立ち寄りお参り。
ここも1月2月は閉鎖中と書かれていた。
日輪寺の境内から見下ろす。
2019年02月09日 13:58撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日輪寺の境内から見下ろす。
日輪寺はひっそり。
2019年02月09日 13:58撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日輪寺はひっそり。
ここが、正面。
2019年02月09日 13:59撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが、正面。
撮影機材:

感想/記録

冬登る山は悩ましい。冬山のスキルは殆ど無いので、私にも登れそうな山を探すのが。
低山ばかりでもちょっと物足りない。
今回は、茨城県の最高峰ということで、ここに。
雪というおまけがつき、とても美しい景色がこの時期に見られた。雪もすくなかったので、アイゼンを使う必要もなかった。
誰の足跡もない、バージンロードのような道を歩くのはとても素敵な体験だ。
標高は1000m程度だったが、やはり、寒かった。山頂に暫くいたら、指先が凍りついたような感覚になった。
残念ながら、この山は冬季はいろんなものが閉鎖中で、展望台にも登れなかった。晴天の時に登り、関東平野を一望してみたいものである。


訪問者数:94人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ