また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1737797 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 中央アルプス

木曽駒ケ岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年02月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 ケーブルカー等
千畳敷カールきっぷ利用 新宿発 10,000円
※高速バス・路線バス・ロープウェイの往復に温泉・土産の割引付き

早太郎温泉 こまくさの湯 食事付き入浴券 1,020円
経路を調べる(Google Transit)
GPS
02:47
距離
4.0 km
登り
478 m
下り
485 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間24分
休憩
20分
合計
2時間44分
S千畳敷駅09:4010:21乗越浄土10:2910:33宝剣山荘10:3410:46中岳10:5010:55(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘10:5711:20木曽駒ヶ岳11:2211:32(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘11:3311:41中岳11:4111:50天狗荘11:5211:54乗越浄土11:5412:24千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
各所凍結状態(先週の雨以降との事)で前爪とピッケル必須。
特に乗越浄土からのカール下りが難関。
その他周辺情報早太郎温泉 こまくさの湯
過去天気図(気象庁) 2019年02月の天気図 [pdf]

写真

前夜は駒ヶ根駅前に宿泊、飲み屋で食べたきのこバターが最高だと思っていたらホテル朝食にもきのこ続出、さすが山国だ。
2019年02月23日 21:09撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜は駒ヶ根駅前に宿泊、飲み屋で食べたきのこバターが最高だと思っていたらホテル朝食にもきのこ続出、さすが山国だ。
1
ホテルを出るとまずまずの天気で期待が高まる。
駅から路線バスで山麓へ、所要時間45分。
2019年02月24日 07:35撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテルを出るとまずまずの天気で期待が高まる。
駅から路線バスで山麓へ、所要時間45分。
駒ケ岳ロープウェイでしらび平から千畳敷へ、7分半で950m上昇。
2019年02月24日 09:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ岳ロープウェイでしらび平から千畳敷へ、7分半で950m上昇。
千畳敷駅から南アルプス一望。
中央に見える富士山は関東方面から見るのとは違った雰囲気。
2019年02月24日 09:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷駅から南アルプス一望。
中央に見える富士山は関東方面から見るのとは違った雰囲気。
2
各種装備していざ出発。
今回は初めてワンタッチアイゼンを使用。
2019年02月24日 09:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
各種装備していざ出発。
今回は初めてワンタッチアイゼンを使用。
2
乗越浄土(のっこしじょうど)から千畳敷駅と富士山・南アルプス。
2019年02月24日 10:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越浄土(のっこしじょうど)から千畳敷駅と富士山・南アルプス。
2
伊那前岳方面。
2019年02月24日 10:27撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那前岳方面。
1
中岳経由で駒ケ岳へ。
氷でカチカチなルートを進む。
2019年02月24日 10:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳経由で駒ケ岳へ。
氷でカチカチなルートを進む。
木曽駒ケ岳と御嶽山。
2019年02月24日 10:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ケ岳と御嶽山。
2
中岳の北壁は完全にアイスバーンで、場所によっては氷がパリパリ割れる始末。
2019年02月24日 10:49撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳の北壁は完全にアイスバーンで、場所によっては氷がパリパリ割れる始末。
木曽駒ケ岳山頂から北アルプス方面、いつもと違う角度でどこがどこか良く分からない。
2019年02月24日 11:18撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ケ岳山頂から北アルプス方面、いつもと違う角度でどこがどこか良く分からない。
1
八ヶ岳方面。
2019年02月24日 11:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳方面。
宝剣岳〜空木岳方面。
2019年02月24日 11:20撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳〜空木岳方面。
宝剣岳に向かってる人がいる。
死亡事故発生区域だ。
2019年02月24日 11:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳に向かってる人がいる。
死亡事故発生区域だ。
2
ラストの難所は急な下り、序盤はバックステップの四つん這いで安全確保。
2019年02月24日 11:55撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストの難所は急な下り、序盤はバックステップの四つん這いで安全確保。
1
無事帰着。
冬季はロープウェイもバスも一時間に一本なので常に時計とにらめっこ。
2019年02月24日 12:25撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事帰着。
冬季はロープウェイもバスも一時間に一本なので常に時計とにらめっこ。
1
日本一高い所にあるホテル千畳敷。
泊まってみたかったけど直前の予約は困難な模様。
2019年02月24日 12:32撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本一高い所にあるホテル千畳敷。
泊まってみたかったけど直前の予約は困難な模様。
サクッと下山したので温泉に寄って、
2019年02月24日 13:44撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクッと下山したので温泉に寄って、
1
ご当地名物ソースカツ丼。(ミニ)
たまに食べるには良い味かな。
2019年02月24日 15:48撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご当地名物ソースカツ丼。(ミニ)
たまに食べるには良い味かな。
1
帰ったら寝るだけサ。
2019年02月24日 17:58撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰ったら寝るだけサ。
1
撮影機材:

感想/記録
by ksase

今週も天気は今ひとつかなと思っていた所、週の中盤辺りから好転して絶好の雪山日和の予感、金曜日に行き先を決めて各種手配をしました。

駒ヶ根方面への高速バスを調べていると私の大好きなおトクなきっぷが有るらしく、併せて失効直前のじゃらんポイントを使って駅前ホテルに前泊することにします。

前夜も山の状況を調べていると、この間の滑落事故発生からまた雪質が変わって難易度が上がっているらしく、晴天無風の好条件なので慎重に進めば問題無いだろうと思いつつ朝を迎えました。

駅からしらび平に向かうバスに乗ると、途中の菅の台BTでは長蛇の列で収容しきれず、その先のロープウェイも満員御礼と登山道の混雑も心配になるレベルで、乗車前に係員から滑落事故が頻発している為、安全登山の呼びかけがありました。

バスやロープウェイの案内を聞きながら千畳敷カールに到着、カールとはお椀状の谷で畳を千畳は軽く敷ける広さとの事で、考えてみると北アルプスの涸沢もカール、上に行くほど傾斜が急になる地形の様です。
(カール:Karはドイツ語)

千畳敷駅から出発するとカールに群がる人の群れが見え、縁に近づくにつれ渋滞が密になっていき、自分は追い越し追い越されながら最後は両手両足を使って何とか踏破しました。
そういえば途中でザックやボトルを落としてる人が居ましたがお椀の底まで数十メートル滑落していました。

乗越浄土〜中岳〜駒ケ岳は凍結箇所が多いものの滑落の危険は少ないので、ある程度慎重に進み、景色も楽しみます。
初めて使ったワンタッチアイゼンは終始外れる事も無く活躍しましたが、同モデルのセミワンタッチ版同様、余分なストラップの取り回しが面倒です。

下山後はバス経路にある「こまくさの湯」へ、温泉に入って昼食にソースカツ丼を食べて3時間程休憩、特筆するべき点は無いですが広々としてのんびりできます。
その後ホテルにデポした手荷物を引き取って帰路に就きました。

今年は暖冬と言う事で雪山シーズンも終わりなのでしょうか、花粉の飛散時期も早く量も凄いようで、今後の山行計画が難航しそうな予感がします。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1124人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ