ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 1761432
全員に公開
アルパインクライミング
日光・那須・筑波

日光白根山(登り:西面3ルンゼ、下り:北西稜)

2019年03月17日(日) [日帰り]
 - 拍手
yama_pound その他1人
体力度
2
日帰りが可能
GPS
05:10
距離
5.1km
登り
605m
下り
600m
歩くペース
ゆっくり
1.21.3
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
4:53
休憩
0:07
合計
5:00
9:26
9:26
14
9:40
9:42
157
西面ルンゼへの分岐
12:19
12:23
65
13:28
13:29
3
西面ルンゼへの分岐
13:32
13:32
28
・途中コース上で休憩を何回か取っているので休憩時間はもっとあります。
・西面ルンゼへの分岐を通り過ぎ、途中で気付いて戻りました。
天候 晴れ→曇・雪
過去天気図(気象庁) 2019年03月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車 ケーブルカー(ロープウェイ/リフト)
・車は丸沼高原スキー場の駐車場に止めました。(土・日の駐車料金1000円)
 https://www.marunuma.jp/winter/access

・ロープウェイ
 【運行時間】8:30〜15:30
 【料金】往復2000円+保証金1000円(下山後にリフトカードと引換えで返金)
  ※ロープウェイ往復券を購入する際に登山届の提出が必要です。
 https://www.marunuma.jp/winter/ticket/fees/
コース状況/
危険箇所等
【西面ルンゼ〜3ルンゼ】
・今回は西面ルンゼへの分岐からトレースが無くてラッセルでした。
 初見の場合、ノートレースだと分岐を通り過ぎてしまうと思うので注意が必要です。

・西面ルンゼへ出るまでは膝ラッセル、深いところは腰ラッセルでした。
 西面ルンゼに入ると雪が締まり、足首が潜る程度で歩けました。

・西面ルンゼの傾斜はそれほど無かったと感じました。
 状況によって雪崩や落石に注意が必要だと思います。

・3ルンゼ内の岩登りは特に厳しいところはありませんでした。
 状況によって落石に注意が必要だと思います。

【北西稜】
・岩稜〜草付き〜樹林帯と下ります。
 トラバースや乗っ越すときは落ちないよう注意が必要です。

・樹林帯に入ると傾斜が出てきて積雪量も多くなります。状況によって雪崩や落石に注意が必要だと思います。
その他周辺情報 下山後は老神温泉『東明館』で入浴&ご飯
http://www.mansyu.co.jp/oigami%202/oigami2.html
ロープウェイ山頂駅を下りると正面に日光白根山!!
2
ロープウェイ山頂駅を下りると正面に日光白根山!!
ここから登山開始
2019年03月17日 09:04撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
3/17 9:04
ここから登山開始
西面3ルンゼへの分岐からはラッセル・・
2
西面3ルンゼへの分岐からはラッセル・・
こっちは急できつい・・
こっちは急できつい・・
谷筋を詰める
2019年03月17日 10:14撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3
3/17 10:14
谷筋を詰める
西面ルンゼに出た
2019年03月17日 10:27撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3
3/17 10:27
西面ルンゼに出た
登攀装備に換装して登ります
1
登攀装備に換装して登ります
3ルンゼの入口が見えてきた
2019年03月17日 11:35撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
3/17 11:35
3ルンゼの入口が見えてきた
3ルンゼの入口にて
5
3ルンゼの入口にて
3ルンゼの入口にて
2019年03月17日 11:45撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
3/17 11:45
3ルンゼの入口にて
さて登りましょうかね
2019年03月17日 11:48撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3/17 11:48
さて登りましょうかね
てくてく
左か?
2019年03月17日 12:00撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3/17 12:00
左か?
右か?
GPSを確認し右が山頂なので右を登ります。
2019年03月17日 12:00撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3/17 12:00
右か?
GPSを確認し右が山頂なので右を登ります。
とことこ
登ってくるAさん
2019年03月17日 12:06撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
5
3/17 12:06
登ってくるAさん
これを乗っこすと
2019年03月17日 12:10撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3/17 12:10
これを乗っこすと
コルに出た。
ここの右の雪壁を登ると
2019年03月17日 12:10撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3/17 12:10
コルに出た。
ここの右の雪壁を登ると
山頂標識らしきものが見えた
2019年03月17日 12:16撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3/17 12:16
山頂標識らしきものが見えた
かすかに景色が・・
2019年03月17日 12:16撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
3/17 12:16
かすかに景色が・・
こっちは真っ白・・・
1
こっちは真っ白・・・
登頂
2019年03月17日 12:19撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
3/17 12:19
登頂
久しぶりの100名山の登頂数を更新
2019年03月17日 12:19撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
4
3/17 12:19
久しぶりの100名山の登頂数を更新
下りは北西稜から
2
下りは北西稜から
てくてく
上から行くか、右から巻くか・・・先が分からないので右から巻きました。
2019年03月17日 12:42撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3/17 12:42
上から行くか、右から巻くか・・・先が分からないので右から巻きました。
巻いてから振り返りAさんに来ていいよと指示
2019年03月17日 12:45撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
3/17 12:45
巻いてから振り返りAさんに来ていいよと指示
巻くより上から来た方がいいと指示
2019年03月17日 12:45撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
3/17 12:45
巻くより上から来た方がいいと指示
とことこ
草付きを下る
2019年03月17日 13:00撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
3/17 13:00
草付きを下る
西面ルンゼへの分岐まで下山
2019年03月17日 13:28撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3/17 13:28
西面ルンゼへの分岐まで下山
ロープウェイ山頂駅に着いて下山完了
2019年03月17日 13:58撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
3/17 13:58
ロープウェイ山頂駅に着いて下山完了

装備

個人装備
雪山登山装備1式 登攀装備1式
共同装備
ロープ35m×1 スノーバー×1 ハーケン数本 イボイノシシ×1 アルパイン用クイックドロー×2 ビバーク装備1式 シャベル×1 ファーストエイドキット1式

感想

週末、特に行きたいところが無く直前まで何処に行こうか悩みました。。
フリー、アルパイン、アイス(・・・は無いなw)、普通の雪山(・・も無いなw)
どうしようかと迷いましたが日光白根山のバリエーションルートがお手軽そうだったので今回は西面3ルンゼを登って北西稜を下るルートで日光白根山に行くことにしました。
Climbing‼


ヾ響
 
・えーーー、ラッセル?!
 疲れました。。

・えーーー、雪?!
 景色が見えなかった。。

・GPSデータをスマフォに落しておいたので西面ルンゼへの分岐を通り過ぎたことに早く気付けて良かったです。

・ルート詳細に関してはほぼ情報を詰め込んでいかなかったですが、まー、なんとか携行した登攀装備を使うこともなくフリーで登れました。
 (正面ルンゼの雪壁の傾斜、3ルンゼ内の岩登り・・・コンディションが良かったのかもしれませんが特に緊張することもなく突破できました。)
 北西稜の下りも特に問題なかったです。 


反省

・特にありません。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:2457人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 日光・那須・筑波 [日帰り]
日光白根
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
1/5
体力レベル
2/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら