また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1769808 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

【小谷山】日本五大山城にイワウチワ多数開花

日程 2019年03月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候どんどん晴れました。鈴鹿は終日不安定だったそうな。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
今回はちょっとズルして(笑)麓から歩かずに中腹からスタートしました。山麓駐車場から舗装された道(伊部林道)をのぼっていくと、中腹にもうひとつの駐車場があります(車では終点)。小谷城 中腹駐車場と呼ぶのでしょうか。伊部林道は道幅が狭いので対抗に注意です。駐車場と言っても道端に停める感じです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間6分
休憩
10分
合計
1時間16分
Sスタート地点10:0911:15小谷山11:2511:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ほんの、お散歩です
コース状況/
危険箇所等
山頂からは伊吹山、琵琶湖、竹生島など絶景が拝めます。 登山ルートはよく整備されていて迷うことなく歩けます。今回、たまたま立ち寄った勢いで普通の靴で山頂まで登ってしまいました。普段服、普段靴でも登れないことは無いかな。

歴史散策を楽しみながら登りましょう。
その他周辺情報湖北で日帰り温泉といえば・・・あねがわ温泉
 https://www.mau.co.jp/onsen/
今回はお風呂には入らずに昼ご飯だけ利用、それもグッドでした。

写真

【ダイジェスト】昨晩雪が降りました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ダイジェスト】昨晩雪が降りました(t)
2
【ダイジェスト】小谷山のイワウチワ、多数開花していました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ダイジェスト】小谷山のイワウチワ、多数開花していました(t)
5
【ダイジェスト】これからが見頃(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ダイジェスト】これからが見頃(t)
4
【ダイジェスト】小谷山ではキンキマメザクラも咲いていました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ダイジェスト】小谷山ではキンキマメザクラも咲いていました(t)
3
【ダイジェスト】伊吹山のふもとではこんな絶景も。ここは上高地でもアルプスでもないんですよ。(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ダイジェスト】伊吹山のふもとではこんな絶景も。ここは上高地でもアルプスでもないんですよ。(t)
10
朝焼けはそれなりにキレイだったのですが、藤原岳孫太尾根の登山口に着いたときは小雨が降りしきる天気、登っても泥だらけになるだけだろうということで中止となりました。(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けはそれなりにキレイだったのですが、藤原岳孫太尾根の登山口に着いたときは小雨が降りしきる天気、登っても泥だらけになるだけだろうということで中止となりました。(t)
せっかく鈴鹿に遠征してきたのですから、そのまま帰るのももったいない。yoshikunさんが琵琶湖一周を提案してくれ、伊吹山の絶景地「三島池」へ連れて行ってもらいました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく鈴鹿に遠征してきたのですから、そのまま帰るのももったいない。yoshikunさんが琵琶湖一周を提案してくれ、伊吹山の絶景地「三島池」へ連れて行ってもらいました(t)
4
そして、やっぱり節分草を見てみたいということで、米原市大久保へ(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、やっぱり節分草を見てみたいということで、米原市大久保へ(t)
1
梅と雪は似合います(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅と雪は似合います(t)
3
日射しが差し込んでキレイ(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日射しが差し込んでキレイ(t)
3
ここの節分草は花がすでに落ちていました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの節分草は花がすでに落ちていました(t)
1
がっかりして車へ帰るところをご近所のおじいさんがお庭へ招いてくれました。アヅマイチゲや(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がっかりして車へ帰るところをご近所のおじいさんがお庭へ招いてくれました。アヅマイチゲや(t)
2
カタクリなどが植えられていました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリなどが植えられていました(t)
2
大久保から米原市街地へのの帰り道で出会ったのがこの絶景。
!!。姉川小泉ダム。ここ、上高地でもアルプスでもないんですよ。伊吹山です。(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大久保から米原市街地へのの帰り道で出会ったのがこの絶景。
!!。姉川小泉ダム。ここ、上高地でもアルプスでもないんですよ。伊吹山です。(t)
6
長浜の小谷城へ移動してきました。日本五大山城だそうですリス君看板いる・・(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長浜の小谷城へ移動してきました。日本五大山城だそうですリス君看板いる・・(t)
1
琵琶湖方面の眺望がいい(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖方面の眺望がいい(t)
2
キンキマメザクラ(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キンキマメザクラ(t)
4
もうすぐ里も花見シーズンですね(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ里も花見シーズンですね(t)
2
yoshikun1さん、tomさん桜の撮影に必死なお姿(s)
2019年03月24日 10:05撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
yoshikun1さん、tomさん桜の撮影に必死なお姿(s)
1
御茶屋の手前、上がれるところまで車で上がってきました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御茶屋の手前、上がれるところまで車で上がってきました(t)
1
tom32はこういうのをめざとく見つけてしまいます。おしゃれ鳥さんがリス君とコラボしてます(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
tom32はこういうのをめざとく見つけてしまいます。おしゃれ鳥さんがリス君とコラボしてます(t)
2
(t)濃い色のスミレ属が咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(t)濃い色のスミレ属が咲いていました。
2
歩き始めてすぐ御茶屋という所(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めてすぐ御茶屋という所(t)
伊吹山の眺望良し(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山の眺望良し(t)
3
純白のアセビ(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
純白のアセビ(t)
3
桜馬場、能登の七尾城にもそんなところあったな。さくらがいっぱい植えてあってお花見によさそう(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜馬場、能登の七尾城にもそんなところあったな。さくらがいっぱい植えてあってお花見によさそう(t)
本丸の手前、大広間跡、別名千畳敷というそうな(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本丸の手前、大広間跡、別名千畳敷というそうな(t)
大広間から本丸へ(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大広間から本丸へ(t)
なかなか立派な石垣(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか立派な石垣(t)
1
ヤブツバキはそろそろ終わりかな(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブツバキはそろそろ終わりかな(t)
2
そして山王丸。少し見晴らしが良くなってきたぞ(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして山王丸。少し見晴らしが良くなってきたぞ(t)
山王丸の先で何か見つけたようです(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山王丸の先で何か見つけたようです(t)
これこれ。イワウチワが咲いてるって話でここまでお散歩してきました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これこれ。イワウチワが咲いてるって話でここまでお散歩してきました(t)
8
ピンクのフリルが着いたアセビも(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクのフリルが着いたアセビも(t)
3
キンキマメザクラ(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キンキマメザクラ(t)
2
さらに奥に歩を進めていくと・・(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに奥に歩を進めていくと・・(t)
群生地を見つけました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群生地を見つけました(t)
4
道ばたにもいっぱい咲いています(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道ばたにもいっぱい咲いています(t)
3
眺望のいいところへ出ました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望のいいところへ出ました(t)
1
いよいよ山頂ですって、ザックも背負わず、完全にお散歩モード(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂ですって、ザックも背負わず、完全にお散歩モード(t)
1
小谷山山頂に着きました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小谷山山頂に着きました(t)
4
冬はこのくらいの高さがちょうどいいのかな?(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬はこのくらいの高さがちょうどいいのかな?(t)
大嶽城跡となっています(t)。結構大規模な平坦面や土塁、堀切があっていかにも城跡らしい(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大嶽城跡となっています(t)。結構大規模な平坦面や土塁、堀切があっていかにも城跡らしい(t)
1
山頂は木立が少し邪魔ですが眺望もそこそこありました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は木立が少し邪魔ですが眺望もそこそこありました(t)
1
ここに来るまでもあったけど、この鳥瞰図が、現地の地形とマッチングしてて結構わかりやすかった(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに来るまでもあったけど、この鳥瞰図が、現地の地形とマッチングしてて結構わかりやすかった(t)
ここは実際に戦が行われた城なんだよね(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは実際に戦が行われた城なんだよね(t)
下り道、さらなる群生地を発見(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り道、さらなる群生地を発見(t)
3
いっぱい咲いてました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いっぱい咲いてました(t)
4
今期初のイワウチワ(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今期初のイワウチワ(t)
4
昨晩の雪がいい仕事してくれてます(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨晩の雪がいい仕事してくれてます(t)
4
堪能いたしました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堪能いたしました(t)
6
スミレの仲間、スミレサイシンでしょうか(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレの仲間、スミレサイシンでしょうか(t)
2
松のある風景(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松のある風景(t)
1
こちらの山はアセビだらけですね。馬酔木だけにシカももさすがに食べないもよう(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの山はアセビだらけですね。馬酔木だけにシカももさすがに食べないもよう(t)
2
ヤブコウジの赤い実(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブコウジの赤い実(t)
1
中の丸だったか?、立派な鏡岩(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の丸だったか?、立派な鏡岩(t)
強者どもが夢の跡(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強者どもが夢の跡(t)
往路には気付かなかった絶景ポイント(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路には気付かなかった絶景ポイント(t)
小谷山、ちょっとした散歩にはいい山でした(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小谷山、ちょっとした散歩にはいい山でした(t)
4

感想/記録

日本五大山城【小谷城(山)】イワウチワ開花

お市の方と三人の娘・浅井三姉妹(茶々、初、江)ゆかりの城ではイワウチワが咲き出していました。こんな北のお山で【イワウチワ開花情報】を出して良いものですかね、笑。本当に今年は異常です。雪が少な過ぎると琵琶湖の湖底の水の循環が上手くいかなくて困るんですけどね。

来年は明智光秀が大河ドラマです。この辺りもバンバン出てきますよ。
いらっしゃい、近江の国へ。

公益社団法人びわこビジターズビューローのHPより・・・
 小谷城は、長浜市の小谷山(495.1m)にあり、浅井(あざい)家が3代にわたって居城としていました。築城は1524年ごろで、中世三大山城のひとつです。湖北の大名・浅井長政と織田信長の妹で戦国一の美女といわれたお市の方、その間に生まれた3人の娘・浅井三姉妹(茶々、初、江)ゆかりの城です。城跡からは琵琶湖や湖北の地を一望することができます。
 織田信長との戦いで浅井家が滅んだ後、羽柴(はしば)(豊臣)秀吉(ひでよし)に与えられましたが、秀吉は今浜(いまはま)(現在の長浜)に城を築いたために、そのまま廃城となってしまいました。小谷山全山におよぶ城跡の遺構から、当時の面影を偲ぶとともに、お市の方と3人の娘たちの生涯に思いをはせます。
 自然の地形を利用して、東西の尾根づたいに各郭が配置され、本丸、大広間跡などから建物の礎石が出土しました。最頂部の大獄(おおずく)(495m)にも土塁が残っています。清水谷には、平時における浅井氏と家臣たちの館跡があります。昭和12年(1937)、国の史跡に指定されています。

感想/記録
by tom32

この日は、藤原岳孫太尾根に登りセツブンソウに会いに行く予定でしたが、登山口に着いてみると小雨が降っている。予報を見ても午前中いっぱい次々と冬型の波状雲が襲来する予報で、泥濘確実の孫太尾根は中止に。tom32的には入道のシロバナネコノメソウ、御池鈴ヶ岳のフクジュソウと、前日まででまあまあ満足していたところでもあったので、地元山友のみなさんの判断にお任せしました。
で、最終日としては一日ポッカリ空いてしまったので、何しよう・・。三重県にいるということでお伊勢参りという提案もありましたが、山登りモードに入っていた自分はあまりのり気がせず・・。とりあえずyoshikunさんが琵琶湖一周でもしましょうか、ということで、米原方面を目指しました。
まず初めは、yoshikunさんの伊吹山定点撮影ポイントの三島池へ。手持ちのパンをちぎって投げると、来るわ来るわ、鴨がわんさと集まってきました。パンがなくなると、サッサと離散しましたが・・。
tom32的には少し山的な要素に未練があったので、あまり泥濘でなくてセツブンソウが自生している所があるということで、リクエストさせてもらって、伊吹山の裏側の大久保集落へ。残念ながら里のセツブンソウはとっくに花びらが散ってしまっていましたが、周辺でいくつかの花を見ることができました。
大久保から米原市街地へ戻る途中、往路で目に入って気になっていた、姉川小泉ダムでちょっと車を駐めていただき、澄んだ青緑色のダム湖と雪化粧した伊吹山のコラボを撮影。リフレクションも美しく、上高地かアルプスかと見まがうほどの絶景でした。
そのあと、知り合いからの情報でイワウチワが咲いているという長浜の小谷城へ。学生の頃、ふらっと下回りだけ訪れたことありましたが、上の方は行ったことがなく、興味津々。日本五大山城というだけあって、大規模な曲輪郡が何重にも取り巻く立派なお城でした。イワウチワも、期待以上の群落が多数開花していて大満足でした。
琵琶湖一周は、寄り道だらけで半周もなりませんでしたが、とても楽しませていただきました。
yoshikunさん、昨日の御池岳に引き続き、おつきあいくださいましてありがとうございました。おかげでどんどん滋賀のお山のファンになっていきます。またどうぞヨロシクお願いします。
sora-to-mizuさん。今回もいい山歩きができました。おニューのカメラもだいぶ使いこなせるようになってきましたね。また、どこかのお山をご一緒しましょう。

感想/記録

山を始めてから、これほどお気軽に山に入った事がありませんでした(笑)
特に歴史に詳しい訳でも得意な訳でもありませんが、今回は歴史上の有名な人物に関わる場所だったので興味を持って歩くことが出来ました。
お散歩のつもりがそれなりに登山も楽しめるし、咲き乱れるイワウチワを見つけた時は凄く嬉しかったです♪情報を下さった方に感謝です!

遠征2日目は生憎のお天気と、参加予定だった他のメンバーの事情あっての不参加でyoshikun1さんツアーに参加するようになってから初の少人数でこれまた新鮮でした(笑)
また皆でワイワイ山行き出来ると良いですね♪
yoshikun1さん、tomさんありがとうございました(*_ _)
訪問者数:264人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ