また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1776554 全員に公開 山滑走八ヶ岳・蓼科

蓼科山 BC 山頂までほぼフルラッセル、30cmのディープパウダー

日程 2019年03月31日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、ただし稜線は頻繁にガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白樺高原国際スキー場の駐車場に車を駐めました。スキー場の今シーズンの営業は今日が最後です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間17分
休憩
44分
合計
6時間1分
S白樺高原国際スキー場駐車場08:1708:40ゴンドラリフト頂上駅09:20ゴンドラリフト頂上駅09:2509:49蓼科山7合目登山口10:06馬返し11:27将軍平11:27蓼科山荘11:3912:23蓼科山北面ドロップポイント12:3313:40馬返し13:46蓼科山7合目登山口13:54ゴンドラリフト頂上駅14:1114:18白樺高原国際スキー場駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
昨日の降雪が登山口で10cmほど、山頂では30cmから吹き溜まりで50cmほど積もっていました。登山でつぼ足だと膝上ラッセルになると思われます。

写真

最初は吹雪でしたので、午前券を買ってゲレンデを滑ります。ゲレンデの未圧雪部には10cmほどの重めの新雪が積もっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は吹雪でしたので、午前券を買ってゲレンデを滑ります。ゲレンデの未圧雪部には10cmほどの重めの新雪が積もっていました。
青空が広がってきましたので、せっかくですので行かれるところまで言ってみることにします。雲の動きが速いので稜線は暴風かな(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が広がってきましたので、せっかくですので行かれるところまで言ってみることにします。雲の動きが速いので稜線は暴風かな(^^;。
2
先行者はつぼ足の登山者が一人でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者はつぼ足の登山者が一人でした。
道路も真っ白ですが、ストックを突くとコンクリートにこつこつと当たります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路も真っ白ですが、ストックを突くとコンクリートにこつこつと当たります。
七合目登山口の鳥居。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目登山口の鳥居。
厳冬期のような風景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳冬期のような風景。
平坦部の先で先行者を追い抜きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦部の先で先行者を追い抜きました。
ここからはフルラッセル(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはフルラッセル(^^;。
4
吹き溜まりはスキーでも20cmほど沈みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き溜まりはスキーでも20cmほど沈みます。
天狗の露地手前でオープンバーンに出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の露地手前でオープンバーンに出ます。
1
北面オープンバーン。風の影響が見て取れます。今回もパックスノーかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面オープンバーン。風の影響が見て取れます。今回もパックスノーかな。
北アルプスは雪雲がすっぽりとかかっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスは雪雲がすっぽりとかかっています。
三峰山。再び真っ白になりました。ただ晴れるとあっという間に溶けてしまいそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山。再び真っ白になりました。ただ晴れるとあっという間に溶けてしまいそう。
3
登山道に戻ってラッセルラッセル(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に戻ってラッセルラッセル(^^;。
この時間、雪はさらさらでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間、雪はさらさらでした。
どこまでもノートレース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでもノートレース。
将軍平に到着。積雪は相変わらず多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平に到着。積雪は相変わらず多いです。
蓼科山。ガスが頻繁にかかっています。真っ白な中を滑るのは避けたいですが、時々ガスが切れますので、とりあえず山頂まで行くことにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山。ガスが頻繁にかかっています。真っ白な中を滑るのは避けたいですが、時々ガスが切れますので、とりあえず山頂まで行くことにします。
シールが滑るところはジグを切って登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シールが滑るところはジグを切って登っていきます。
山頂直下のオープンバーンに出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下のオープンバーンに出ました。
強風で新雪が吹き飛ばされてがりがりなのを心配しましたが、意外なほど柔らかい雪が積もっていました。登っていても雪の不安定さは無く、今日は問題無いでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風で新雪が吹き飛ばされてがりがりなのを心配しましたが、意外なほど柔らかい雪が積もっていました。登っていても雪の不安定さは無く、今日は問題無いでしょう。
そして真っ白(^^;。山頂には行かずに北面ドロップポイントにて滑る準備をします。風は思ったより弱かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして真っ白(^^;。山頂には行かずに北面ドロップポイントにて滑る準備をします。風は思ったより弱かったです。
日差しが届くタイミングで滑降開始。上部はもっさり気味。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しが届くタイミングで滑降開始。上部はもっさり気味。
1
少し下ると急に雪が深くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下ると急に雪が深くなりました。
ここから急斜面に差し掛かります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急斜面に差し掛かります。
少しもっさりしていますが、ディープパウダーです(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しもっさりしていますが、ディープパウダーです(^^)。
1
稜線直下の急斜面の雪がこれだけ良いのは珍しいです。いつもは強風で飛ばされてカリカリかハードパックなので。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線直下の急斜面の雪がこれだけ良いのは珍しいです。いつもは強風で飛ばされてカリカリかハードパックなので。
疎林帯入口をロックオン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林帯入口をロックオン。
ここは最高のディープパウダーでした(^^)。50cmほど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは最高のディープパウダーでした(^^)。50cmほど。
1
疎林帯入口の標識。蓼科山北面を滑る場合は、この標識の場所から樹林帯を下っていくと滑りやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林帯入口の標識。蓼科山北面を滑る場合は、この標識の場所から樹林帯を下っていくと滑りやすいです。
疎林で藪もまだそれほど気になりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林で藪もまだそれほど気になりません。
前回はさらさらでしたが、今回は少しもっさり気味。もう3月末ですから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回はさらさらでしたが、今回は少しもっさり気味。もう3月末ですから。
北面オープンバーンに出ました。ちょうどこの辺りまでガスがかかっています。また急に風が強くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面オープンバーンに出ました。ちょうどこの辺りまでガスがかかっています。また急に風が強くなりました。
地雷(埋もれている岩)に注意しながら滑ります。風にたたかれてねっとり気味パウダー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地雷(埋もれている岩)に注意しながら滑ります。風にたたかれてねっとり気味パウダー。
途中で岩を避けてこちらにトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で岩を避けてこちらにトラバース。
相変わらずパックスノー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらずパックスノー。
いつもはオープンバーンの一番下まで滑るのですが、今日は登り返しを避けて途中から登山道側にトラバースして行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもはオープンバーンの一番下まで滑るのですが、今日は登り返しを避けて途中から登山道側にトラバースして行きます。
予定通りの場所に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定通りの場所に出ました。
最後にオープンバーンをひと滑り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にオープンバーンをひと滑り。
まだ柔らかい雪のままでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ柔らかい雪のままでした。
北面オープンバーンを振り返ります。上部にはガスがかかっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面オープンバーンを振り返ります。上部にはガスがかかっています。
登山道を横切ってその先の沢を滑り降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を横切ってその先の沢を滑り降ります。
1
お楽しみの斜面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お楽しみの斜面です。
膝ほどのディープパウダーでした(^^)。気持ち良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膝ほどのディープパウダーでした(^^)。気持ち良かった。
1
林間もディープパウダー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林間もディープパウダー。
七合目近くでも林間を滑れました。でも雪はかなり重め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目近くでも林間を滑れました。でも雪はかなり重め。
今日は見るもの全てが真っ白でとてもきれいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は見るもの全てが真っ白でとてもきれいでした。
2
ゲレンデまで一気に滑り降りてきて、蓼科山を振り返ります。ありゃりゃ、晴れている(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデまで一気に滑り降りてきて、蓼科山を振り返ります。ありゃりゃ、晴れている(^^;。
1
稜線から滑り降りたシュプールが見えています(^^)。この写真のちょうど中央上あたりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から滑り降りたシュプールが見えています(^^)。この写真のちょうど中央上あたりです。
2

感想/記録

この日は標高の高い山はどこも悪天候の予報でしたので出かける予定はしていなかったのですが、前日から朝にかけて八ヶ岳でも20cm以上の降雪が期待出来たこと、白樺高原国際スキー場の天気予報は晴れ!ということで、ダメ元で出かけて見ることにしてみました。
朝は吹雪でしたので、ゲレンデパウダーを滑って晴れなければそのまま帰ろうと思っていたのですが、しばらくすると青空が急に広がってきましたので、それなら行かれるところまでと蓼科山に向かいました。
ラッセルはきつかったですが結局山頂まで登り、北面を稜線から滑りましたが、稜線直下の斜面に柔らかい雪が吹き溜まっていて、そのディープパウダーを気持ち良く滑ることが出来ました。
訪問者数:680人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/7
投稿数: 497
2019/4/2 12:59
 思わぬシーズン延長ですね!
こんにちは!
今シーズンは八ヶ岳が後半思いがけず雪をもたらしてくれましたが、まだまだとは!

ラッセルおつかれさまですm(__)m
蓼科山もまだまだこんなにたっぷりあるとは!
昨晩も北部は降雪ありましたが、まだまだ雪景色が楽しめそうですね♪

いつも最新の状況をお届けくださりありがとうございます(*´ー`*)
登録日: 2013/4/10
投稿数: 458
2019/4/2 16:35
 Re: 思わぬシーズン延長ですね!
treetopさん
こんにちは。

3月末になって八ヶ岳でもこれほど降雪があるとは本当にびっくりです(^^)。
昨日から今朝にかけても茅野の市街地で1cmほど積もりましたし、八ヶ岳も再び厳冬期並みの白さになりました。
もうしばらくは楽しめそうでわくわくしています(^^)。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ