また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1777220 全員に公開 山滑走 甲信越

湯沢スキー場〜芝原 ツアースキー

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年03月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後 曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間22分
休憩
0分
合計
2時間22分
Sスタート地点 スキー場分岐13:4716:09神泉の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
融雪が進んでおり、尾根から林道へ出る箇所がどこも一苦労。
また、林道もスキーが滑らないので一苦労。
その他周辺情報芝原から徒歩10分程、神泉の湯まで歩く。
過去天気図(気象庁) 2019年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ブーツ ザック 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール ビーコン

写真

スキー場より。
天気は概ねはれてますが、この日行く予定だった平標方面は雲の中。
2019年03月30日 12:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場より。
天気は概ねはれてますが、この日行く予定だった平標方面は雲の中。
クラッシックなツアー標識。
湯沢ー芝原
2019年03月30日 13:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラッシックなツアー標識。
湯沢ー芝原
ブナの樹林帯が続きます。
2019年03月30日 13:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの樹林帯が続きます。
再びツアー標識。
2019年03月30日 13:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びツアー標識。
神立高原スキー場。
2019年03月30日 13:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神立高原スキー場。
湯沢街中。
2019年03月30日 13:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯沢街中。
林道の側壁に思いのほか苦労。
2019年03月30日 14:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の側壁に思いのほか苦労。
ここから左の樹林帯に入る。
2019年03月30日 14:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから左の樹林帯に入る。
スノーシューの跡がずっとありました。
2019年03月30日 14:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューの跡がずっとありました。
林道から離れ樹林帯を滑走。
2019年03月30日 14:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から離れ樹林帯を滑走。
この電柱に沿って降りる。
2019年03月30日 14:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この電柱に沿って降りる。
林道の側壁に一苦労。
2019年03月30日 14:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の側壁に一苦労。
ここらからは林道に沿って降りる。
2019年03月30日 14:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらからは林道に沿って降りる。
ここからはこのコース唯一の滑走が楽しめる。
2019年03月30日 15:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはこのコース唯一の滑走が楽しめる。
ここで滑走お終い。
2019年03月30日 15:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで滑走お終い。
ここで国道を横断して、芝原集落へ。
2019年03月30日 15:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで国道を横断して、芝原集落へ。

感想/記録

始発の新幹線に乗り、湯沢よりバスで平標登山口まで向かう予定であったが、天気が思わしくないため急遽予定を変更した。日帰り山スキーガイド(今は絶版)に掲載されている湯沢高原スキー場から芝原集落までのクラッシックツアールートが時間にも手頃と思い、午後から2時間ほどスキー場で滑走後、スキー場から分かれ芝原へのツアールートへ向かった。
林道から離れ尾根上を進むと、ところどころに年代物の湯沢・芝原のツアー標識が樹木に取り付けてある。コースは基本的には林道沿いでも良いのだが、標識はその昔まだ林道がなかった頃の名残りなのだろう、なかなか趣あがるし、標識を見ると安心感がある。
しばらく平坦な尾根を進むと、やがて芝原を目指すため林道をはなれ樹林帯に進むのが正解なのだが、林道の側壁を降りる場合の苦労を考え、早めに林道へ降りてしまった。しかし林道はなかなかスキーが滑らず、やはり樹林帯の斜面に滑走路を見つける事に。林道の屈曲点を繋なげば良いとは言え、滑走のルートファインディングは結構難しく、特に林道へ高い側壁を避けるのにやはり一苦労。
それでもなんかとか、国道のトンネル(芝原トンネル)の上部に達する。ここから、国道までの滑走がこのコース唯一の気持ち良く滑走できる場所である。
国道を跨ぎ、芝原集落の端部でスキー靴を外し、神泉の湯までは国道を徒歩で10分程下る。
ガイド本に記述の通り、悪天候で他のツアーを諦めた時の代替えとしては良いかもしれないが、このルートは今の時期では雪が少なすぎルートファインディングには苦労をするが、雪崩のリスクは無いかと思う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:202人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ