また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1781987 全員に公開 山滑走谷川・武尊

一ノ倉岳 芝倉沢でくるぶしパウダー

日程 2019年04月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候概ね晴れ、西風15m。特に谷川岳までがかなりの強風。気温昼ごろまで体感は氷点下。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場1000円、RW片道1230円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スキーの場合、板をはずす箇所があるので全部担いでもいいかも。今回はゲレンデ脇斜面のラストと熊穴沢小屋手前の降下地点で板を外す以外はトマノ耳まで板で登った。
オキノ耳から一ノ倉岳までは、全区間右側が崖なので雪庇にのらないよう十分注意して歩く。一ヶ所、鎖場の下降があるが雪がついていればそれほど難しくなく後ろ向きに降りれば問題ない。
一ノ倉岳への最後の急登は頑張るのみ。
谷川岳から先は踏み跡が少なくなり踏み抜きにも注意。

写真

今日も1番目の籠に乗る。この時点で客は10名ほど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も1番目の籠に乗る。この時点で客は10名ほど。
1
天神平。ここでは谷川岳よりも白毛門、朝日岳の姿が印象的。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平。ここでは谷川岳よりも白毛門、朝日岳の姿が印象的。
3
ゆっくり登り始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくり登り始める。
1
お。これは新雪だ。おぉ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お。これは新雪だ。おぉ。
最初の関門、ゲレンデ右わきの急斜面。この雪庇は2月よりも大きかった。ここはスキーでは乗り上げられず最後に脱いではいあがった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の関門、ゲレンデ右わきの急斜面。この雪庇は2月よりも大きかった。ここはスキーでは乗り上げられず最後に脱いではいあがった。
1
登りは向こう側からこのポコを乗り越えてくる。ここのくだりはスキー通過はできる気がしない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは向こう側からこのポコを乗り越えてくる。ここのくだりはスキー通過はできる気がしない。
2
谷川岳。山頂から真ん中左寄りの沢、西黒沢を2月に滑り降りた。ここは急だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳。山頂から真ん中左寄りの沢、西黒沢を2月に滑り降りた。ここは急だった。
2
避難小屋。まだ完全埋没。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋。まだ完全埋没。
1
つむじ風が待っている。このあたりが一番風が強烈だった。ピッケルがないので耐風姿勢もとりずらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つむじ風が待っている。このあたりが一番風が強烈だった。ピッケルがないので耐風姿勢もとりずらい。
1
谷川主脈が目に入ってくる。オジカ沢ノ頭と万太郎山。あってる??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川主脈が目に入ってくる。オジカ沢ノ頭と万太郎山。あってる??
1
肩の小屋手前の急登。ここを登り切れば山頂はすぐそこ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋手前の急登。ここを登り切れば山頂はすぐそこ。
傾斜はこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜はこんな感じ。
1
苗場山も見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山も見えてきた。
1
小屋と主脈。今日はもうここへは戻ってこない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋と主脈。今日はもうここへは戻ってこない。
1
オキノ耳。やばい!この人、知っててやってるの??こえー。落ちるよー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳。やばい!この人、知っててやってるの??こえー。落ちるよー!
5
ヤバすぎる。あり得ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤバすぎる。あり得ない。
4
これは馬蹄形のU字。行ったことないけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは馬蹄形のU字。行ったことないけど。
1
オキノ耳、一ノ倉岳、茂倉岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳、一ノ倉岳、茂倉岳。
1
オキノ耳。まだまだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳。まだまだ。
4
定番の迫力ポイント。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番の迫力ポイント。
1
鳥居。何とかくぐれた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居。何とかくぐれた。
2
さぁ、一ノ倉岳に向かうぞ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、一ノ倉岳に向かうぞ。
1
一ノ倉岳と一ノ倉沢への大岩壁。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳と一ノ倉沢への大岩壁。
2
主脈の向きが変わってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主脈の向きが変わってきた。
1
このあたりをノゾキというのかな。覗きたくない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりをノゾキというのかな。覗きたくない。
3
ここを登っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登っていく。
2
谷川岳への大岩壁。垂直の壁だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳への大岩壁。垂直の壁だ。
2
このあたりが一ノ倉岳山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりが一ノ倉岳山頂。
5
すぐそばに見えるが1時間ほどかかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐそばに見えるが1時間ほどかかる。
2
茂倉岳とマイスキー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳とマイスキー。
6
左側の人が座っているあたりから一気に滑られる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の人が座っているあたりから一気に滑られる。
2
いよいよGo! 真ん中から右にかけて屈曲していくあたりを沢に向かって滑り降りていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよGo! 真ん中から右にかけて屈曲していくあたりを沢に向かって滑り降りていく。
2
気持ちよすぎる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちよすぎる。
2
ここがのど。のどというほど狭くない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがのど。のどというほど狭くない。
1
日本とは思えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本とは思えない。
2
ここが向きを変える屈曲点。どれどれ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが向きを変える屈曲点。どれどれ。
ぬお。なんかすごいことになってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぬお。なんかすごいことになってる。
2
こりゃあ。すごい。向こう側に行かねば。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こりゃあ。すごい。向こう側に行かねば。
2
何とか乗り越えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか乗り越えた。
2
あとは緩斜面をひたすらゴールまで降りていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは緩斜面をひたすらゴールまで降りていく。
1
一ノ倉の壁。大迫力。こんなのを登ってれば事故も起きる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉の壁。大迫力。こんなのを登ってれば事故も起きる。
1
クロスカントリー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロスカントリー。
1
湯檜曽川がきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯檜曽川がきれい。
1
面倒なのでスキーを履いたままじゃぶじゃぶ。一気にブーツに浸水。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面倒なのでスキーを履いたままじゃぶじゃぶ。一気にブーツに浸水。
1
最後は道路を少し歩いてゴール!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は道路を少し歩いてゴール!
2

感想/記録
by Murphy

3月上旬に行った柄沢山スキー以来の山スキー。3月後半からこれまでなかなか天気にめぐまれず、もうシーズン終わりかと思っていたが、今日、比較的よい天気予報だったので山ほどある行きたいエリアの中から、気になっていた一ノ倉岳からの芝倉沢を滑りに行った。
昨日、見たヤマテンは谷川はふぶくとか朝のうちは一時的に晴れるとかつかみどころのない内容だったが、夜のNHK天気予報では朝から山沿い含めて晴れると予報していた。ヤマテンのほうが山専用予報なのだから当たりそうだがこれまで何度もヤマテンが外していて今日も見事に大外れ。風は強かったが朝から全方位快晴だった。ヤマテンを見て登山者がためらったのか、快晴なのに人出はびっくりするほど少な目。
RWを降りて天神平で雪を踏むと、何と新雪。昨晩、山では雪が降り、強風が吹き荒れ、吹き溜まりがいい感じにできていた。谷川岳までの登りは一部の急斜面を除き、おおかたシールがかみまくり、ぐいぐい登れて、肩の小屋手前の急斜面だけはクトーをつけて一気に直登できるほど斜面がきれいだった。積雪期の谷川岳は今日が3回目で晴れてさえいれば山頂までは勝手がわかってきてさくさく進む。でも、今日は谷川岳はただの通過点。今日は一ノ倉岳に向かう。広い意味での谷川連峰では、夏冬通して踏んだピークは、谷川岳冬3回秋1回、平標山冬2回だけで、一ノ倉岳はもちろん、夏も登ったことがない。どの山域でも、冬でもたくさんの登山者が集まる山頂があるが、ある地点から先は一気に人が来なくなる。赤岳なら地蔵から先の横岳方面は全く人が行かないのと同じで今日もオキノ耳から先は人が急激に減っておそらく一ノ倉岳に向かったのは10人(スキーヤーは6名ほど)もいない気がする。
鳥居をくぐってからどんどん下降して行く。途中鎖場もあるが雪でおおわれている。夏道がわからないので右の雪庇に乗らないよう注意しながら進む。もし、右に落ちたら、一ノ倉沢に向かって1000mも落下し木端微塵だ。最後、一ノ倉岳へは鞍部から130mほど一気に直登。スキーを担ぎ、ピッケルはなく、ストックで何とかバランスを取りながら、なかなかきつい登りをジリジリ登る。急登を終えると、山頂はすぐそこ。標識も避難小屋も埋まっていてGPSで確認してようやく登頂。山頂部は平らですぐ隣に大岩壁があるのは想像できない。
さて、いよいよお待ちかねの滑走だ。山頂直下は小さい雪庇がありエントリーできない。少し、茂倉岳のほうに進んでそこから一気に滑走開始。最初は緩やかな斜面でここでいきなりくるぶしパウダー。ふわっふわで最高、もう、たまらない。2月に滑った西黒沢とは異なり傾斜がそれほどきつくなく、上部はねじれのない完璧なフラットバーンであまりの気持ちよさに大回りターンで快調に高度を落とす。圧雪してあるスキー場よりも快適だった。その後、1500mあたりからさすがにパウダーは消えるが今度はザラメに。ここも快適にどんどん滑る。その後、方向が北から東に向きを変えるあたりで強烈なデブリが現れる。完全にスキーの滑走ルートをふさいでいる。ストックでツンツンすると非常に柔らかい。これはできたてほやほやだ。今日の雪崩に間違いない。こんなのに埋まったら体はびくともしないだろう。これを乗り越えないとならない。デブリが非常に柔らかいのでルートアウトする方向を決めてスキーをはいたまま、そろそろとデブリを壊しながら進んでいき、何とかクリア。その後は、湯檜曽川沿いにクロスカントリーして無事終了。
今シーズン6回目のスキーで今日が一番のあたりDayだった。
訪問者数:295人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/10
投稿数: 584
2019/4/7 5:22
 芝倉沢大当たり、やりましたね!
Murphyさん、おはようございます。

一ノ倉岳〜芝倉沢滑走大当たりでしたね。雪崩の確率の無い一番安全なレベルの新雪だったので良かったと思いました。

ただノドの下はいつももの凄いデブリに覆いつくされていて、あんなのが来たらひとたまりもないと思います。30代の時武能岳方向からブロック雪崩が来て芝倉沢右岸をスキーで滑走して少し登り上げたら追いかけられ、もう少しで追いつかれる一歩手前で止まり、胸を撫で下ろしたという苦い思い出があります。

春の1日楽しいBCができて何よりでしたね。
hareharawaiより
登録日: 2015/7/29
投稿数: 484
2019/4/7 12:30
 Re: 芝倉沢大当たり、やりましたね!
こんにちは。
水曜日の大雪、木曜日パウダー、金曜日雪つかみで、土曜日はどうかなぁと思っていってみましたが、この時期にしては、抜群の雪コンディションで今季最高のBCでした。まぁ、例年のこともよくわからないので比較もできないですが。hareharawaiさん、いつもおすすめのルートを教えてくださりありがとうございます。芝倉沢は毎年行きたくなりました。上部の斜面は本当に素晴らしかったです。できたてホヤホヤのデブリは閉口しましたが、食らわなかったのは幸いで柔らかい分、通過は困難ではなかったです。
これからの、かっ飛べるザラメスキーも楽しみです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ