また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1804486 全員に公開 雪山ハイキング 八幡平・岩手山・秋田駒

羽後朝日岳と和賀岳縦走

情報量の目安: C
-拍手
日程 2019年04月20日(土) ~ 2019年04月21日(日)
メンバー
天候土曜日: 予報通り稜線は西風強く寒いが、そのため靴はビショビショにならないで済んだ。午後からは太陽の光も指して雲の動きがダイナミックな景色。西風は夜には止み、気温もそこまで下がらず、水が凍るほどではなかった。
日曜日: 穏やかな朝で風もなく、凍結も激しくない。薄雲が多かったが、次第に青空に変わり、強烈な日差しに。靴はもちろんビショビショになった。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
貝沢登山口の入口に駐車。林道には二箇所ほど残雪量が多いところあったが、日曜日には、その箇所を突破し、林道の状態が良いところまで進んだ車あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間23分
休憩
14分
合計
5時間37分
Sスタート地点11:1811:46沢尻岳登山口12:15郡界分岐12:47前山分岐12:5013:43沢尻岳13:4714:17大荒沢岳14:53羽後朝日岳15:0015:29大荒沢岳16:55宿泊地
2日目
山行
5時間17分
休憩
22分
合計
5時間39分
宿泊地07:2108:20和賀岳08:3310:58大荒沢岳11:0711:29沢尻岳12:01前山分岐12:18郡界分岐12:38沢尻岳登山口13:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
貝沢登山口→羽後朝日岳: 林道の途中の牧場に牧場用かもしれないが簡易トイレあり。急登の尾根の夏道を進んでいくとやわらかい雪面に変わるが、トレース道をたどればスノーシューなくても難儀ではない。羽後朝日岳前の鞍部でアイゼン装着。山頂手前の急登部で上を見上げると200mほど先にクマ発見。少しこちらを伺ってから右の斜面を降りて行った。他にもクマの足跡を見かけたので警戒音が必要。
大荒沢岳→和賀岳: 雪庇及び付け根の落とし穴に注意しながら進む。途中尾根を間違えて根菅岳に進んでしまいバック。稜線は西風強く、風の影響の少ないテン場を探しつつ縦走路を進み、鞍部横の窪地で設営。朝でも凍結はひどくなかったため、鞍部からの強烈な登りは高度感はあるが特に問題なかった。頂上周辺は地面が出ているところが多いため、切れ目あたりの落とし穴に落ちないよう注意。
その他周辺情報沢内バーテンのおよねの湯利用。混んでいないのでゆっくりできました。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

羽後朝日岳登場
2019年04月20日 13:45撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽後朝日岳登場
5
朝の光が作り出す世界
2019年04月21日 07:43撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の光が作り出す世界
3
テント跡(左下)と和賀岳
2019年04月21日 09:23撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント跡(左下)と和賀岳
3
大荒沢岳から縦走路を望む
2019年04月21日 10:45撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大荒沢岳から縦走路を望む
4

感想/記録

まだ行ったことがなかった真昼山地の4月の雪山へ。
西風が強くブーブー文句を言ったりもしたが、
翌日は穏やかな快晴で、見慣れない角度から東北の山々が見渡せ、来てよかった。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:680人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ