また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1810687 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

鎌ヶ岳

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間11分
休憩
1時間3分
合計
7時間14分
S一ノ谷御在所山の家06:1206:12中道登山口06:18長石谷登山口06:2308:07犬星大滝08:1009:34県境縦走路・雲母峰道分岐09:3709:37岳峠09:5109:55鎌ヶ岳10:1211:05鎌ヶ岳山頂登山道・巻き道分岐11:1211:56武平峠12:0112:49表道登山口12:5012:55表道登山口(武平峠分岐)12:5813:00武平峠・三ッ口谷・表道分岐13:0513:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストあり、長石谷の谷は岩が多く川を何度も横切るため、すべりに注意。
最後の急登まで岩だらけでバランスに注意
その他周辺情報駐車場が直ぐに満車になるので早めの現着がお勧め
路上駐車の車は駐車違反の張り紙が何台かされてました。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

長石谷入口
スカイラインより少し下った所にあります。
登山届けとポストがあり念の為に。
2019年04月28日 06:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長石谷入口
スカイラインより少し下った所にあります。
登山届けとポストがあり念の為に。
1
長石谷の看板
2019年04月28日 06:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長石谷の看板
ごつごつの岩がでてきました。こんなのは序の口
2019年04月28日 06:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごつごつの岩がでてきました。こんなのは序の口
長石尾根と鎌ヶ岳の分岐
2019年04月28日 06:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長石尾根と鎌ヶ岳の分岐
川縁には狭いところもあるので足の踏み外しに注意。
砂防ダムが何箇所もありミニ滝のようです。
2019年04月28日 06:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川縁には狭いところもあるので足の踏み外しに注意。
砂防ダムが何箇所もありミニ滝のようです。
土がまだあるので登りやすい
2019年04月28日 06:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土がまだあるので登りやすい
石の隙間には水が浸水しているので足が埋まらないように歩きます。
2019年04月28日 06:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石の隙間には水が浸水しているので足が埋まらないように歩きます。
なぜかとってつけたような看板。壊れたので臨時?
2019年04月28日 08:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜかとってつけたような看板。壊れたので臨時?
犬星大滝とあるのですが、大きな滝はありません。
過ぎこした砂防ダムの滝の方が大きい(笑
2019年04月28日 08:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬星大滝とあるのですが、大きな滝はありません。
過ぎこした砂防ダムの滝の方が大きい(笑
ごつごつの岩をひたすらルートを確認して進みます。
これから山頂の尾根まで岩が続きます。岩はやがて丸くなりますが、岩の状態を確認しながら進みます。
2019年04月28日 09:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごつごつの岩をひたすらルートを確認して進みます。
これから山頂の尾根まで岩が続きます。岩はやがて丸くなりますが、岩の状態を確認しながら進みます。
1
出発点付近の長石谷の道しるべがありました。
ここから下ることのない岩の登りが尾根まで続きます。
2019年04月28日 09:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発点付近の長石谷の道しるべがありました。
ここから下ることのない岩の登りが尾根まで続きます。
最後の急登にてようやく尾根に到着
左が縦走路、右が鎌ヶ岳がそびえます。
後方は登ってきた沢
2019年04月28日 09:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登にてようやく尾根に到着
左が縦走路、右が鎌ヶ岳がそびえます。
後方は登ってきた沢
沢方面には下界が広がります。
伊勢平野と伊勢湾、知多半島と渥美半島までみえます。
少し霞んでますがぼちぼちの景色でした。
2019年04月28日 09:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢方面には下界が広がります。
伊勢平野と伊勢湾、知多半島と渥美半島までみえます。
少し霞んでますがぼちぼちの景色でした。
1
そびえる鎌ヶ岳
右周りにてトラバース風に進みますが、落石注意の看板の上見上げると今にも崩れそうな岩が山頂まで積まれてます。
あたったらひとたまりもないので常時上方を気にしながら急ぎ早に通過しました。
2019年04月28日 09:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そびえる鎌ヶ岳
右周りにてトラバース風に進みますが、落石注意の看板の上見上げると今にも崩れそうな岩が山頂まで積まれてます。
あたったらひとたまりもないので常時上方を気にしながら急ぎ早に通過しました。
2
右隣のミニ鎌ヶ岳?
2019年04月28日 09:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右隣のミニ鎌ヶ岳?
1
鎌ヶ岳山頂に到着。三角点?の山頂とは2m差
入道ヶ岳もばっちり見えました。
2019年04月28日 10:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂に到着。三角点?の山頂とは2m差
入道ヶ岳もばっちり見えました。
1
山頂の鎌ヶ岳の看板。
到着時刻は10時でしたがほぼ満員状態。
名古屋のワンゲル部の高校生の団体が2グループいました。
腰を下ろすところがないのでちょっと戻って
早めの昼にしました。
2019年04月28日 10:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の鎌ヶ岳の看板。
到着時刻は10時でしたがほぼ満員状態。
名古屋のワンゲル部の高校生の団体が2グループいました。
腰を下ろすところがないのでちょっと戻って
早めの昼にしました。
3
降りは武平峠経由でスカイライン脇の登山道を下ることにしました。登ってきた岩だらけの沢を下るより、尾根を下るほうが楽かなと思い選択しましたが、傾斜は結構急で砂状態の道は結構すべります。
2019年04月28日 11:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りは武平峠経由でスカイライン脇の登山道を下ることにしました。登ってきた岩だらけの沢を下るより、尾根を下るほうが楽かなと思い選択しましたが、傾斜は結構急で砂状態の道は結構すべります。
1
武平峠に到着
長石谷は三重県側なのでそちらの方向へ
2019年04月28日 11:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武平峠に到着
長石谷は三重県側なのでそちらの方向へ
1
親切丁寧な看板が直ぐ脇にありました。
2019年04月28日 11:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親切丁寧な看板が直ぐ脇にありました。
1
武平峠駐車場に到着。
ここからさらにスカイライン脇の登山道を降ります。
2019年04月28日 12:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武平峠駐車場に到着。
ここからさらにスカイライン脇の登山道を降ります。
このような状態だと岩や砂地より歩き易い!
2019年04月28日 12:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような状態だと岩や砂地より歩き易い!
まだまだ長石谷は下
湯ノ山温泉方面を継続
2019年04月28日 12:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ長石谷は下
湯ノ山温泉方面を継続
くねくねのスカイライン道より登山道の方がストレートに近いのですが、結構距離がある。
2019年04月28日 12:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くねくねのスカイライン道より登山道の方がストレートに近いのですが、結構距離がある。
表登山道への分岐、鳥居があります。ここをくぐって御在所方面に登れます。
2019年04月28日 12:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表登山道への分岐、鳥居があります。ここをくぐって御在所方面に登れます。
1
鳥居対面の道しるべ
2019年04月28日 12:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居対面の道しるべ
撮影機材:

感想/記録

鈴鹿セブンのひとつの鎌ヶ岳は数年ぶり二回目。
GWの八ヶ岳連峰阿弥陀岳への練習登山で登りました。
天候に恵まれましたが、早朝6時の段階で駐車場は満車でした。
日が昇る前がお勧めです。
往路は沢登りの連続で何度も川を横切ります。濡れている岩や石があるのですべりには十分注意が必要です。
勾配も最初はほぼ平ら、後半1/3は急勾配で高度計のタコグラフが垂直に上昇していきました。
いやというくらい沢を登れば岳峠から見下ろす伊勢平野が湾の絶景がまってます。
南には入道ヶ岳が足元くらいの低さにそびえてます。
目指す鎌ヶ岳はいかにも崩れそうな尖った岩が詰まれている感じと滋賀方面の山々も少し春霞ではあったが、気持ちのいい登山となりました。
山頂の鎌ヶ岳は場所が狭いので登山客が20-30人でいっぱいになります。
下りは武平峠を経由しましたが、鎌からの下りは結構急で砂地に足を取られやすかったです。小学生低学年も登れる山ですが、鎌へのルートは武平からより長石谷からの方が圧倒的に人が少ないので、高山植物をじっくり楽しみながら阿弥陀岳登頂への予行演習ができました。
訪問者数:238人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ