また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1812102 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳 北稜 (美濃戸山荘周回)

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸山荘 駐車場1日1,000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間4分
休憩
1時間38分
合計
10時間42分
S赤岳山荘07:2407:27美濃戸山荘08:50中ノ行者小屋跡09:0110:01行者小屋10:3911:02阿弥陀岳分岐11:0912:02阿弥陀岳北稜14:08阿弥陀岳14:4414:48西の肩(岩場)14:58西ノ肩15:0216:19不動清水16:57御小屋山17:59美濃戸山荘18:0118:06赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■御小屋山から美濃戸山荘 
下りに時間がなくなり、時短のため行ってみた等高線に垂直に下山していく、急な下り。赤テープがしっかりあって急だが歩きやすい道で安心でした。標高400Mを一時間弱で下りられました。 
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハードシェル アウター手袋 ゲイター ネックウォーマー アイゼン チェーンスパイク ピッケル ハーネス ヘルメット 行動食 常備薬 日焼け止め 時計 サングラス

写真

ゴールデンウィークの割に少ないのかな
2019年04月28日 07:22撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールデンウィークの割に少ないのかな
晴れてきました。
2019年04月28日 08:27撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてきました。
アイスバーンになってる箇所もちらほらあり、ころんじゃうので私はチェーンスパイク装着。
2019年04月28日 08:51撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスバーンになってる箇所もちらほらあり、ころんじゃうので私はチェーンスパイク装着。
登山道の水たまりはカチコチ
2019年04月28日 08:51撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の水たまりはカチコチ
行者小屋までもうすぐ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋までもうすぐ
1
行者小屋つきましたー。
営業は6/1からでした。
2019年04月28日 10:03撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋つきましたー。
営業は6/1からでした。
行者小屋から
すぐ登山道をずれて尾根を目指してトレースない斜面をのぼる。
ごくたまに膝上まで抜けてしまい這い上がりに体力いりました💦
2019年04月28日 11:08撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋から
すぐ登山道をずれて尾根を目指してトレースない斜面をのぼる。
ごくたまに膝上まで抜けてしまい這い上がりに体力いりました💦
大分、急登だったのであっという間に
標高が上がり、山の隙間に…虹!
2019年04月28日 11:16撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分、急登だったのであっという間に
標高が上がり、山の隙間に…虹!
2
赤岳の方に素晴らしくキレイな虹🌈
2019年04月28日 11:35撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳の方に素晴らしくキレイな虹🌈
3
北アルプスも全体がみえました
2019年04月28日 11:36撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスも全体がみえました
天には光の輪。
あとで調べたら環水平アークという
レアな現象みたい、はじめてみて感動〜。
2019年04月28日 11:51撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天には光の輪。
あとで調べたら環水平アークという
レアな現象みたい、はじめてみて感動〜。
3
歩いてきた尾根。
2019年04月28日 11:52撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた尾根。
這うような急傾斜の雪を
ずっと登り、だんだん腰いたくなってきた。
四つん這いだと沈みにくいけど、腰つら。
2019年04月28日 12:04撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
這うような急傾斜の雪を
ずっと登り、だんだん腰いたくなってきた。
四つん這いだと沈みにくいけど、腰つら。
2
まだまだきつい勾配。
2019年04月28日 12:25撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだきつい勾配。
右側の岩から登ってきました。
まだ上からでも大丈夫そうだけど私達は
ここから1ピッチ目。
2019年04月28日 12:45撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の岩から登ってきました。
まだ上からでも大丈夫そうだけど私達は
ここから1ピッチ目。
1
ここにボルトがあるので
ここからスタート。
リーダーがリードして登ってきます。
2019年04月28日 12:50撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにボルトがあるので
ここからスタート。
リーダーがリードして登ってきます。
1
ナイフリッジ。雪無し。
立たずに確実に通過…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ。雪無し。
立たずに確実に通過…。
1
そして。
三ピッチで岩を登った事後。
アイゼンでの岩のぼりほんと怖いな。
2019年04月28日 14:09撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして。
三ピッチで岩を登った事後。
アイゼンでの岩のぼりほんと怖いな。
1
また急登をのぼり、
突然ひょっこり山頂つきました。
赤岳を背景に撮影!
さすがに2時半…誰もいない。
2019年04月28日 14:26撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また急登をのぼり、
突然ひょっこり山頂つきました。
赤岳を背景に撮影!
さすがに2時半…誰もいない。
1
赤岳 歩いてる人がよく見えました
2019年04月28日 12:46撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳 歩いてる人がよく見えました
1
富士山も
2019年04月28日 14:24撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も
南アルプス 右から仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、北岳かな。
2019年04月28日 14:34撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス 右から仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、北岳かな。
御嶽山 噴煙上がってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山 噴煙上がってる。
北アルプス 槍の先が黒く見えました。
待っててねー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス 槍の先が黒く見えました。
待っててねー
御小屋尾根。
帰りは時間短縮のため、
お小屋尾根をくだり、お小屋山から河まで真っ直ぐ下る道を選択。
2019年04月28日 14:46撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋尾根。
帰りは時間短縮のため、
お小屋尾根をくだり、お小屋山から河まで真っ直ぐ下る道を選択。
1
下山中。 ロープが前半は張ってあるので
最初は懸垂下降風にゆっくり後ろ向き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中。 ロープが前半は張ってあるので
最初は懸垂下降風にゆっくり後ろ向き。
1
いやーまだまだ、2200mの御小屋山までだいぶ標高差が。
高度感が怖かったのは山頂付近だけでここから下りをダラダラ。
とにかく御小屋までが長い!!
2019年04月28日 15:23撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやーまだまだ、2200mの御小屋山までだいぶ標高差が。
高度感が怖かったのは山頂付近だけでここから下りをダラダラ。
とにかく御小屋までが長い!!
18時下山。
いや日没しなくて良かったー。
思ったより遅かったし、歩くのも、積雪期だからタイムは遅れたのもあるし
そもそも朝遅かったかな💦
2019年04月28日 18:08撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18時下山。
いや日没しなくて良かったー。
思ったより遅かったし、歩くのも、積雪期だからタイムは遅れたのもあるし
そもそも朝遅かったかな💦
帰り道にシカさんたち。
なんだかゆったりとして逃げず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道にシカさんたち。
なんだかゆったりとして逃げず。
1

感想/記録

山は行けないかなとあきらめモードから、28日の一日だけ予定がフリーになり山に行けるようになったので、日帰り阿弥陀に行きました。

リーダーについていき、はじめて北稜から登ることになったわけですが。よくわからず、ただただ同行しただけでも急登あり岩場あり高度感が怖くもあるけど、久しぶりに冒険気分を味わえた楽しくて、とても疲労困憊した登山になりました。
訪問者数:279人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ