また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1813091 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

鹿島槍ヶ岳から予定変更の爺ヶ岳 ハロと環水平アーク

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年04月27日(土) ~ 2019年04月28日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候4/27:
曇りのち雪
稜線上は体が飛ばされるくらいのブリザードブリザードが
4/28
晴れ
ハロと環水平アークを観察
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
行き:
大谷原まで自家用車
大谷原駐車場には4/26夜に入りましたが4/27朝まで他の車はありませんでした。
帰る時は10台前後停まってました。

帰り:
扇沢から大町温泉郷までバス、その後タクシーにて大谷原へ(車の回収)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.7~1.8(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間35分
休憩
42分
合計
11時間17分
S大谷原 登山口06:1607:50西俣出合07:5512:09高千穂平12:4016:54冷乗越17:26冷池山荘17:3217:33宿泊地
2日目
山行
6時間1分
休憩
54分
合計
6時間55分
宿泊地10:3211:47爺ヶ岳北峰11:4812:21爺ヶ岳中峰12:2212:43爺ヶ岳南峰13:2916:00駅見岬16:0517:17柏原新道登山口17:1817:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
4/27は私たちも含め3パーティ入っていましたが、腐った雪に新雪、トレースなし、急斜面ラッセルや踏み抜き多数でとても時間がかかりました。
その他周辺情報大町温泉郷 薬師の湯
21:00までやっています。GWなので少し混んでいました。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ アイゼン 予備電池 シェラフ
共同装備 調理用食材 ガスカートリッジ コッヘル 食器 調理器具 ライター ロールペーパー ポール テント テントマット

写真

1日目はブリザードで写真どころではなく、こちらは2日目。
ハロと環水平アーク
2019年04月28日 10:52撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目はブリザードで写真どころではなく、こちらは2日目。
ハロと環水平アーク
4
爺ヶ岳のうえに環水平アークが見えました!
2019年04月28日 11:08撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳のうえに環水平アークが見えました!
9
爺ヶ岳山頂からの眺め
左から八ヶ岳、富士山、南アルプス
2019年04月28日 12:59撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳山頂からの眺め
左から八ヶ岳、富士山、南アルプス
1
槍ヶ岳、穂高連峰も見えました。
手前は燕岳、大天井岳かな?
2019年04月28日 13:00撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳、穂高連峰も見えました。
手前は燕岳、大天井岳かな?
3
剱岳
かっこいい
2019年04月28日 13:00撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳
かっこいい
3
鹿島槍ヶ岳
いつかリベンジしたい
2019年04月28日 13:01撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳
いつかリベンジしたい
3
爺ヶ岳山頂の標識
2019年04月28日 13:31撮影 by Canon EOS Kiss X9, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳山頂の標識
3

感想/記録





本当は大谷原から鹿島槍ヶ岳にピストンで登山する予定でしたが、1日目の荒天・雪質の悪さでの体力消耗と、左足アイゼンの紛失などがあり、安全のために爺ヶ岳に変更(アイゼンは酷いブリザードの中よろめいて外れたようで、2日目に稜線上で発見)。

1日目は腐った雪に新雪にトレースがつかないくらいな強風。踏み抜くわ、ラッセル三昧だわでようやく稜線に出たら体ごと持っていかれるくらいのブリザード。さらにそこでも腐った雪を踏み抜いて自力で出られなくなり、冬山経験の豊富な同行者に助けてもらいました。この日、北アルプスでは単独登山者が4名低体温症で亡くなったことを後から知りましたが、私も単独行なら危なかったと思いました(もっとも、私のレベルでは1人では絶対に冬に踏み入れないコースですが)。稜線を歩いている時にアイゼンが外れたのですが、それもまったく気づかないくらい必死でした。テントの予定でしたが、ブリザードでテントどころではなく、冷池山荘に宿泊。他の赤岩尾根からのパーティのみんなテントをやめ、山小屋泊に切り替えていました。ちなみに稜線歩きの長い爺ヶ岳方面からの登山者は皆無でした。ブリザードで全てのパーティが撤退または途中でピバークしたようです。

2日目は出発前に朝アイゼンを捜索したため遅くなりました(当初は山小屋近くでなくしたと思っていたため)。天気が安定しており、アイゼンをなくしたこともあり、安全第一で鹿島槍ヶ岳はパスし、登山者の多い爺ヶ岳から下山しました(途中稜線でアイゼンを発見したのですが、鹿島槍ヶ岳に行くには時すでに遅し、赤岩尾根もまだ人が少なかったことと山頂を1つは踏みたいということで予定変更はしませんでした)。途中爺ヶ岳からは太陽の周りに環ができるハロと、水平にできる虹のような環水平アークを見ることができ、これはこれでいい経験でした。

今回は山の怖さを思い知らされた山行でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:448人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ