また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1813792 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走伊豆・愛鷹

伊豆山稜線歩道 天城峠〜三蓋山〜猫越岳〜仁科峠〜魂の山〜船原峠〜大曲茶屋

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
<往路>
JR東海道本線 東京駅>三島駅
伊豆箱根鉄道 三島駅>修善寺駅
東海バス 修善寺駅>天城峠
<復路>
東海バス 大曲茶屋駅>修善寺駅
伊豆箱根鉄道 修善寺駅>三島駅
JR東海道本線 三島駅>東京駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間21分
休憩
47分
合計
7時間8分
S天城峠バス停09:1009:14旧天城トンネル北口園地09:1909:29天城峠09:3009:58古峠10:20二本杉峠(旧天城峠)10:39滑沢峠11:01三蓋山11:0211:07三蓋山の山名標識11:1211:27ツゲ峠11:2812:04猫越峠12:25猫越岳12:2712:31猫越岳山頂の池12:36猫越岳展望台12:3812:51後藤山13:01仁科峠展望台13:1313:16仁科峠13:31風早峠13:44宇久須峠14:07魂の山14:0914:30土肥峠14:3114:44南無妙峠14:58吉奈峠15:05棚場山15:2015:42船原峠16:18大曲茶屋16:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天城峠〜二本杉峠の区間は、崩落箇所あり。道幅が狭いので通行時は注意。二本杉〜猫越山まで融雪路。泥まみれの覚悟で。
その他周辺情報修善寺温泉「筥湯(はこゆ)」に入る予定だったが、駅到着が遅くなり、残念ながらパス。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 MHWフリューイッド16 おにぎり3個 自家製トレイルミックス せんべい ハイドレ2L プラティパス1L ウールセーター MHWストレッチオゾニックジャケット MHWゴーストライトジャケット MHWダイヘドラルプリカーブパンツ MHWウェイクールバンダナ MHWウェイクールアームズ サングラス アディダス テレックス スコープ GTX ヘッ電 予備バッテリー カメラ Garmin GPSMAP 62s

写真

ここからスタート
2019年04月28日 09:03撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからスタート
すぐ横に登山道入口
2019年04月28日 09:06撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ横に登山道入口
石造りの男前トンネル
2019年04月28日 09:16撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石造りの男前トンネル
1
さゆりさまー!
2019年04月28日 09:30撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さゆりさまー!
抜けポイントからキレイな富士山
2019年04月28日 09:40撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜けポイントからキレイな富士山
富士山ズーム
2019年04月28日 09:40撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山ズーム
二本杉峠と東屋
2019年04月28日 10:19撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本杉峠と東屋
まさかの積雪
2019年04月28日 10:58撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさかの積雪
雪は増える一方
2019年04月28日 11:05撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は増える一方
融雪地獄の始まり
2019年04月28日 12:03撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
融雪地獄の始まり
登山道は、この先までぐちゃぐちゃ
2019年04月28日 12:24撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は、この先までぐちゃぐちゃ
猫越岳展望台からの眺めは最高!
2019年04月28日 12:34撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫越岳展望台からの眺めは最高!
1
富士山どーん!
2019年04月28日 12:34撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山どーん!
眺望ゼロっす
2019年04月28日 12:50撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望ゼロっす
仁科峠展望台から駿河湾全景
2019年04月28日 12:53撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁科峠展望台から駿河湾全景
雲が出てきた
2019年04月28日 12:53撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が出てきた
南アルプスもばっちり
2019年04月28日 12:53撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスもばっちり
ここを歩けるシアワセ
2019年04月28日 13:13撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを歩けるシアワセ
1
路駐多し
2019年04月28日 13:16撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路駐多し
熊笹牧場スタート
2019年04月28日 13:31撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊笹牧場スタート
本日のハイライト
2019年04月28日 13:41撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のハイライト
1
駿河湾は目の前。贅沢な景色
2019年04月28日 13:43撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駿河湾は目の前。贅沢な景色
ここ、ビバークに良さげ
2019年04月28日 13:43撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ、ビバークに良さげ
熊笹牧場は、ここまで
2019年04月28日 14:07撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊笹牧場は、ここまで
富士山も雲の中
2019年04月28日 14:07撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も雲の中
何もなし
2019年04月28日 14:29撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何もなし
うーん、地味
2019年04月28日 14:30撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、地味
先へ急ぐも。。。
2019年04月28日 14:44撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先へ急ぐも。。。
終バス時刻が気になって仕方がない
2019年04月28日 15:05撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終バス時刻が気になって仕方がない
タイムオーバーで下山を決める
2019年04月28日 15:40撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイムオーバーで下山を決める
長いロードを歩いて到着
2019年04月28日 16:41撮影 by DMC-LX3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長いロードを歩いて到着

感想/記録

 2019年4月28日(日)は、10連休のGWで唯一の終日晴れ予想。かねてから気になっていた伊豆山稜線歩道を歩くことにした。

 東京から天城峠BSまで、電車とバスを乗り継いでアプローチする。GW中ではあったけど、早朝の移動のためだったのか、最後まで座れたのはラッキーだった。

 <往路>
 東海道本線 JR東京駅05:20>JR三島駅07:22

 伊豆箱根鉄道 三島駅07:34>修善寺駅08:09

 東海バス 修善寺駅08:15>天城峠09:00頃

 三島駅から先は、現金ニコニコ払い(PASMO利用できず)となり、否応なしに東海地区にいることを意識させられる。

 ちな、JR三島駅から出る時も自動改札はPASMOを認識せず、有人改札の長い列に並ぶことになった。キャッシュレスの時代に西伊豆だけ異次元なのかもしれない。

 公共の交通手段を使ってのアプローチなので、天城峠スタートは9時過ぎになった。

 このコース、修善寺駅までの帰りのバスがボトルネックとなる。

 予定しているコース終点の「だるま山高原レストハウス停留所」の終バス時刻は、17:23となっている。

 ダイヤ改正で18時台のバスが姿を消したので、17時過ぎにはレストハウスに到着する必要がある。

 CT×7割で行軍すると、天城峠BS(09:00発)>だるま山高原レストハウス停留所(17:17着)となるため、なんとか終バスに間に合う計算。

 CT×7割で途中の経過地点を見てみると、天城峠BS(09:00発)〜猫越岳(11:55)〜仁科峠(12:47)〜風早峠(13:05)〜宇久須峠(13:19)〜船原峠(15:21)〜達磨山(16:45)〜だるま山高原レストハウス停留所(17:17着)となり、レースではないけど、各地点の到着時刻=関門ということになる。

 エスケープルートは、バス停へのアクセスのある風早峠と船原峠の2か所とした。

 風早峠から持越温泉BSまでCT170分と距離が長いので、正直、使いたいとは思わない。

 船原峠から大曲茶屋BSまでであれば、CT50分と短い。大曲茶屋発の終バスは、20:15なので、よほどのことが無い限り、これに乗れないことはないだろう。

 自分を含めて降車客がバス降車時の現金精算に時間を要したため、天城峠BSを予定より10分遅い09:10にスタートする。

 天城山隧道(ずいどう)が出てくるまでの最初の1km区間は、標高差で230m程度。ここを一気に登る。

 天城山隧道は、感心するくらいに長くて立派。全長は、約445.5メートルらしい。今回、コース上でトイレがあるのはここだけなので、一本入れてから出発する。

 大方の登山客は、天城縦走路方面へ。伊豆山稜線歩道へ行くのは、自分を入れて3組しかいない。

 長いトレイルなので、スピードを上げて進む。

 天城峠は、かなり地味。頭の中で、天城越えをリピートしながら高度を上げていくと残雪がちらほら。

 お、昨日、雪が降ったのか?!と新鮮だったのは最初だけ。

 二本杉峠を過ぎたあたりから、積雪は増え、登山道は融雪と泥と水のミックスに。

 チョロチョロと水の流れる登山道は、まさに小川のようで、晩秋の冷たい雨に打たれた苗場山のアプローチ再びといった感じ。

 泥道を巻こうにも藪が濃くて登山道を避けることは出来ず、スピードも上げられない。

 転んだら悲惨な姿になるが分かっているので、目線は下方向オンリー。

 海に近い西伊豆、ほぼ5月という時期かつ低山ハイク。こんな所で融雪地獄に遭遇するとは思ってもいなかった。

 行動時間にすると、ほぼ2時間。猫越岳(ねっこだけ)展望台近くまで悪路は続いた。

 抜け感バッチリの猫越岳展望台に到着したのは、12時半過ぎ。

 CT7割だと12:20頃の到着になるはずが、CT7割+20分程の到着になった。

 先へ急ぐ必要はあったが、展望台からの景色は、まさに絶景。

 遠くに雪を被った富士山と南アルプスの山々。そして駿河湾のコラボは、西伊豆ならではの景色と言って良いだろう。

 抜け感バッチリの絶景は、文句なしではあったが、終バスの関門時刻が気になるので、先へ進む。

 後藤山を過ぎて、仁科峠展望台に到着する。

 展望台は、仁科峠から上がってきた観光客と登山客で賑わっている。

 目の前には、富士山。眼下には、熊笹が遠くまで続いている。

 小金沢連嶺の熊笹牧場こと「パンダの放牧場」アゲインである。

 一本入れて、仁科峠まで下る。

 ここからが本日のハイライト、ザ稜線歩きが始まる。

 西側は海、雲が出てきたけど風はなく、天気は最高。富士山に向かって熊笹道をどんどん進む。

 うす緑色の野原と富士山のコラボは最高ではあったが、そんなパンダの放牧場は魂の山(こんのやま)の手前で終わり。ここからまた地味な登山道歩きとなる。

 棚場山に到着したのは、15時過ぎ。CT7割だと、14時50分頃着の計算になるので、CT7割+10分程の到着ということ。

 残りの区間、少し走れば10分は短縮でそうではあるけど、終バスの関門時刻は過ぎているので、おとなしく大曲茶屋へ向かって下山することにする。

 大曲茶屋BSからバスに乗って修善寺駅まで戻るも、もう一回バスに乗って銭湯「筥湯(はこゆ)」へ向かうのが面倒になり、フロはパスすることにした。

 ケチった銭湯代は、東海道線のグリーン券と缶ビールに消えていったw

 今回、想定外の融雪地獄により、伊豆山稜線歩道はDNFとなってしまった。

 トレランの人だったら、何の迷いもなく泥水の道を進むのだろうけど、そこまでの勇気を持ち合わせていなかったのが敗因だろう。

 登山道は、良く整備されており、そこはさすが伊豆山稜線歩道という感じ。

 富士山と近くで相模湾を眺めながらの稜線歩きは、実のところ、かなり贅沢なロングトレイルなのかもしれない。
訪問者数:251人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/11
投稿数: 3513
2019/5/1 15:17
 はじめまして
同じ日に天城峠から湯ケ野に下った ハイカーです
以前、大曲茶屋から戸田峠まで歩いていて
残りの天城峠から大曲茶屋も歩きたいと思っていたので
今回のレコ大変参考になりました、ありがとうございます
登録日: 2015/4/30
投稿数: 6
2019/5/1 17:28
 Re: はじめまして
河津七滝歩きも良いですね👍
思いもしなかった残雪には難儀しましたが、抜け感バッチリの稜線歩きは、素晴らしくまた行きたくなります。
良い山行を祈念しています🏔️

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ