また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1814340 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走四国剣山

影からお亀岩避難小屋、三嶺、名頃へ

日程 2019年04月26日(金) 〜 2019年04月27日(土)
メンバー
天候初日晴れ、二日目雪
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
とさでん交通(阪急梅田三番街23:10-高知駅5:58 https://tosaden-highway.com/rosen-osaka.html)
JR土讃線(高知6:36-土佐山田7:04 http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/jikoku/)
JR四国バス(土佐山田駅前7:18-大栃8:00 http://www.jr-shikoku.co.jp/bus/businfo/rosen_tosa/tosa-ototi.htm)
香美市営バス(大栃8:25-影9:07 https://www.city.kami.lg.jp/soshiki/11/shiei-bus03.html)

帰り
三好市営バス(剣山〜名頃〜京上 https://www.miyoshi.i-tokushima.jp/docs/4292.html)
四国交通(久保〜京上〜かずら橋〜大歩危〜阿波池田 http://yonkoh.co.jp/routebus)

地球温暖化等環境問題や地域交通の経営難が深刻です。できるだけ公共交通の利用をお願いいたします。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間40分
休憩
10分
合計
4時間50分
S影バス停09:1011:00光石登山口12:10八丁ヒュッテ12:2014:00お亀岩避難小屋
2日目
山行
3時間15分
休憩
25分
合計
3時間40分
お亀岩避難小屋06:5007:10西熊山08:00三嶺08:15三嶺ヒュッテ08:4009:20ダケモミの丘09:50林道登山口10:20名頃登山口10:30名頃バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
カンカケ谷渡渉点手前とお亀岩直下は道が細く下が急斜面で怖いです。渡渉点から上は道がぼやけますがテープがかなりの頻度でついていますので気を付けて歩けば大丈夫です。
その他周辺情報京上に祖谷そばなどを食べられるお店があります。郷土資料館も興味深いです。かずら橋まで行くと相当観光地化していて土産店飲食店などたくさんあります。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

土佐山田からのJRバスはアンパンマン仕様。香美市はやなせたかしの出身地です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土佐山田からのJRバスはアンパンマン仕様。香美市はやなせたかしの出身地です
大栃からの市営バス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大栃からの市営バス
ユキモチソウが林道沿いに沢山咲いていました。近畿と四国にのみ見られるそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキモチソウが林道沿いに沢山咲いていました。近畿と四国にのみ見られるそうです
光石登山口。影のバス停から2時間ほど歩きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光石登山口。影のバス停から2時間ほど歩きました
ミツマタって本当に三又に分かれてるんですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタって本当に三又に分かれてるんですね
モミがたくさん生えています。中間温帯林というやつでしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミがたくさん生えています。中間温帯林というやつでしょうか
八丁ヒュッテ。地元の方が渓流釣りに来てらっしゃいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁ヒュッテ。地元の方が渓流釣りに来てらっしゃいました
ヒュッテの中はこんな感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテの中はこんな感じ
以前の台風で荒れてフスベヨリ谷の道はズタズタだそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前の台風で荒れてフスベヨリ谷の道はズタズタだそうです
三嶺が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺が見えました
渡渉点。ロープとテープが目印。靴を濡らすほどの水量ではありませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点。ロープとテープが目印。靴を濡らすほどの水量ではありませんでした
渡渉点を過ぎると道がぼやけます。何度か外しそうになりましたがテープがかなりの頻度でついているのでよく見ていけば大丈夫です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点を過ぎると道がぼやけます。何度か外しそうになりましたがテープがかなりの頻度でついているのでよく見ていけば大丈夫です
鹿防護ネットの内外で低木層が全然違います。食害は深刻なようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿防護ネットの内外で低木層が全然違います。食害は深刻なようです
ヤマシャクヤクのつぼみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマシャクヤクのつぼみ
上部にはちょっとした岩場もあります。このあたり急斜面で道も細く。気を付けて歩かなければいけません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部にはちょっとした岩場もあります。このあたり急斜面で道も細く。気を付けて歩かなければいけません
笹原になるとお亀岩避難小屋。登山道沿いにちょろちょろと出る水場がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原になるとお亀岩避難小屋。登山道沿いにちょろちょろと出る水場がありました
お亀岩避難小屋。二人の方と同宿になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お亀岩避難小屋。二人の方と同宿になりました。
真ん中のピラミッドが国見山、右の高い山が寒峰のようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中のピラミッドが国見山、右の高い山が寒峰のようです
夜の間雨音がしていました。朝起きると細かい霰が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜の間雨音がしていました。朝起きると細かい霰が
稜線上は風も強く樹氷がついています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上は風も強く樹氷がついています
展望もなくむちゃくちゃ寒いです。しかも強風で雪がパチパチ当たって痛い。昨日との変わりよう。春山の恐ろしさですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望もなくむちゃくちゃ寒いです。しかも強風で雪がパチパチ当たって痛い。昨日との変わりよう。春山の恐ろしさですね
三嶺山頂。寒いばかりで感慨も何もありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺山頂。寒いばかりで感慨も何もありません
三嶺の小屋には3人のパーティがおられました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺の小屋には3人のパーティがおられました
ザックにも樹氷が……。全身真っ白だったようで小屋に入った時に驚かれてしまいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックにも樹氷が……。全身真っ白だったようで小屋に入った時に驚かれてしまいました
西日本でダケカンバが見られるのは四国の高峰と大峰の釈迦ヶ岳ぐらいではないでしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西日本でダケカンバが見られるのは四国の高峰と大峰の釈迦ヶ岳ぐらいではないでしょうか
ウラジロモミ(ダケモミ)の森
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロモミ(ダケモミ)の森
一度尾根から左に下ります。ここはまだダケモミの丘ではありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度尾根から左に下ります。ここはまだダケモミの丘ではありません
ダケモミの丘。平尾谷川沿いの道は封鎖されています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケモミの丘。平尾谷川沿いの道は封鎖されています
ブナ帯まで降りてくるとガスも無くなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ帯まで降りてくるとガスも無くなってきました
ちょっと間違えたらしく登山口近くの別の小路に降りてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと間違えたらしく登山口近くの別の小路に降りてきました
こっちが本当の名頃登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちが本当の名頃登山口
山は樹氷で真っ白です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山は樹氷で真っ白です
ハクビシンが罠にかかっていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクビシンが罠にかかっていました
菜の花と鯉幟と桜と新緑と樹氷が一度に見えるという光景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜の花と鯉幟と桜と新緑と樹氷が一度に見えるという光景
名頃バス停と三好市営バス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名頃バス停と三好市営バス
京上バス停から少し歩いた店で祖谷そば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京上バス停から少し歩いた店で祖谷そば
京上の東祖谷歴史民俗資料館。祖谷では平教経と安徳天皇は壇ノ浦でなくなったのではなく、屋島合戦から祖谷に落ち延びたと語られているそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京上の東祖谷歴史民俗資料館。祖谷では平教経と安徳天皇は壇ノ浦でなくなったのではなく、屋島合戦から祖谷に落ち延びたと語られているそうです
祖谷のかずら橋。かなり人が多く観光地化が進んでいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖谷のかずら橋。かなり人が多く観光地化が進んでいます
かずら橋近くの店でアメゴ(アマゴ)の塩焼きとでこまわし(じゃがいも・祖谷豆腐・蒟蒻の田楽焼き。素朴で美味しい郷土料理
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かずら橋近くの店でアメゴ(アマゴ)の塩焼きとでこまわし(じゃがいも・祖谷豆腐・蒟蒻の田楽焼き。素朴で美味しい郷土料理

感想/記録

天気予報では1日目は曇り時々晴れ、2日目は晴れ時々曇りということでしたが、2日目が吹雪状態でした。寒気が下りてくるということで気温が下がる事は覚悟していましたが1日目との変わりようがすごかったです。大展望の稜線歩きを期待していたのですがガスで何も見えず残念でした。またリベンジするかも。
下山後は祖谷を観光して阿波池田に泊まり、翌日貞光や徳島を観ながら南海フェリーで帰りました。
訪問者数:214人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ