また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1818168 全員に公開 トレイルラン富士・御坂

ULTRA-TRAIL Mt.FUJI 2019 (UTMF)

日程 2019年04月26日(金) 〜 2019年04月27日(土)
メンバー
天候雨のち雪
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
・前日は御殿場時之栖BUに前泊して必携品チェック(三島駅から無料バスで時之栖へ)
・当日は事前予約した9:30バスで時之栖からこどもの国へ行きゼッケン受け取り
・雪で短縮された為、A5忍野から河口湖大池公園までは大会が手配したバス
・河口湖大池公園から河口湖駅へは流しのタクシー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
20時間34分
休憩
2時間14分
合計
22時間48分
Sスタート地点12:0013:22村山道−林道富士裾野線交点16:18天子ヶ岳登山口116:31天子ヶ岳登山口216:3217:01林道終点17:34富士見台17:3517:45上佐野分岐18:00長者ヶ岳18:1318:54天狗岳18:5519:08湧水峠19:1219:50熊森山19:5601:21石割峠・A沢貯水池分岐01:2301:40端足峠01:4602:20竜ヶ岳02:28湖畔登山口・石仏分岐点03:39端足峠入口03:43本栖湖いこいの森キャンプ場05:1705:38佛峠05:49中ノ倉山05:5006:10中之倉峠06:46パノラマ台06:4706:56烏帽子岳07:06パノラマ台登山口07:0707:24城山登山口07:2509:40赤池09:4112:13段和山12:25東海自然歩道分岐14:15小倉山15:39忍草山15:4015:55金毘羅山16:03鳥居地峠16:13ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

A1富士宮
2019年04月26日 15:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A1富士宮
天子ヶ岳
2019年04月26日 17:35撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天子ヶ岳
長者ヶ岳
2019年04月26日 18:09撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者ヶ岳
A3本栖湖
2019年04月27日 03:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A3本栖湖
A4精進湖民宿村
2019年04月27日 08:01撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A4精進湖民宿村
レース短縮後に、最後の最後に姿を見せて頂けました
2019年04月27日 18:26撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レース短縮後に、最後の最後に姿を見せて頂けました
1
撮影機材:

感想/記録

去年は40時間でゴールした際は最終エイドのA9富士吉田で耐えきれなくなって2時間寝てたんで、今年は腰の怪我もあって全然練習出来てないので制限時間目一杯使うつもりだったが、スタートから雨。。。

去年の信越五岳の100マイルも終始雨でそこでの教訓でレインウェア2着用意して片方はdrop bagに。着替えのTシャツも多めにザックとdrop bagに入れるもあまりの雨に全てびしょ濡れ。ソックスはC3fitの和紙ので、シューズが濡れてもふやけないけど、冷えるのがまずいと思い、スタート直前にRxLのブースで同じような和紙の五本指ソックスを急遽2足とメリノウールの手袋2枚を追加購入して、1組ずつザックとdrop bagに入れる。

A2麓には去年の3時間遅れで到着。ペース落としてた為、渋滞に巻き込まれるし、熊森山の下りはぐちゃぐちゃ。。。到着後冷えないにようにキャプリーン4に着替えて富士宮焼きソバやコンソメスープを補給するも寒くて進む気にならない。。。

真ん中の焚き火で手袋やウェアを乾かしてる海外選手がたくさんいたので、自分もここで手袋とシャツやレインウェアを乾かす為に結局2時間近く滞在。。。

A3本栖湖でも着替えて補給後、ストーブでレインウェアを半分眠りながら乾かしてたら石川弘樹さんがテント内に来て、二十曲峠で待ってると皆を鼓舞。雨が去年の信越五岳みたいですね、と話したら「そんなに酷かった?」と聞かれたので、最後の瑪瑙山は田んぼみたいでしたと歓談。日の出も過ぎたので外に出て、石川さんと写真を撮らせて頂き、二十曲峠で会いましょうとお話しして出発。

雨も止み晴れて気持ちが良いトレイルを爽快に走ってdrop bagがあるA4精進湖民宿村に到着。ここシューズも含めて全て着替えて、この時点では晴れて来ていたが念の為多めに着替えを持って行く。

A5勝山で履き替えたシューズが合わなかったのか、左人差し指に豆が、、、救護所で応急手当てして貰い外に出るとまた雨。。。そのまま雨は強まり15時過ぎに杓子山での雪の為、レース短縮して最寄りのエイドで終了との緊急SMS。

途中で雨が本当に雪に変わって来て、去年より4時間遅れでA6忍野に到着して今年はここで終了。

バスが来るまで震えてる人達もいたが、最後のエイドか、リタイアした時用に取っておいたキャプリーン4に速攻で着替えて、エマージェンシーシート巻いてたので自分はあまり寒い思いをせずにバスまで待てた。

8月のUTMBに向けて雨と寒さ対策は改めて考えないとダメと反省だらけのレースとなった。
訪問者数:226人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ