また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1825023 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

山上ヶ岳 大峰山寺 (洞川より)

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
天川川合から洞川温泉までバス。
登山口までは宿の車で送迎してもらえました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間56分
休憩
57分
合計
5時間53分
S大峯大橋(清浄大橋)09:4809:56一ノ世茶屋跡09:5810:20一本松茶屋10:45お助け水11:03洞辻茶屋11:0611:15陀羅尼助茶屋11:1611:18松清店11:58西の覗岩12:0112:16山上ヶ岳12:4812:56西の覗岩12:5713:15松清店13:20陀羅尼助茶屋13:27洞辻茶屋13:2913:42お助け水14:00一本松茶屋14:13一ノ世茶屋跡14:1514:22大峯大橋(清浄大橋)14:2914:53母公堂14:5715:24稲村ヶ岳登山口15:41洞川温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

洞川温泉
2019年05月03日 09:15撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞川温泉
清浄大橋を渡る
2019年05月03日 09:49撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清浄大橋を渡る
1
女人結界
2019年05月03日 09:49撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女人結界
1
ようお参り〜
2019年05月03日 09:55撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようお参り〜
2
一本松茶屋
2019年05月03日 10:20撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本松茶屋
登山というよりやはりお参りの装束です
2019年05月03日 10:20撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山というよりやはりお参りの装束です
お助け水
2019年05月03日 10:46撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お助け水
泥辻茶屋で奥駆道と合流
2019年05月03日 11:04撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泥辻茶屋で奥駆道と合流
1
ここにも殿下の足跡
2019年05月03日 11:04撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも殿下の足跡
1
陀羅尼助茶屋
2019年05月03日 11:15撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陀羅尼助茶屋
登りは行者道を行きます
2019年05月03日 11:17撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは行者道を行きます
あっちは稲村ヶ岳
2019年05月03日 11:31撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちは稲村ヶ岳
1
宿坊が見えてくる
2019年05月03日 11:53撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿坊が見えてくる
西の覗き
2019年05月03日 11:59撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の覗き
子供が覗いていたが
2019年05月03日 11:58撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子供が覗いていたが
2
私はこれくらいに
2019年05月03日 11:58撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私はこれくらいに
しておきます
2019年05月03日 11:58撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しておきます
1
いよいよ大峰山寺へ
2019年05月03日 12:12撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ大峰山寺へ
1
戸開式の日でした
2019年05月03日 12:16撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸開式の日でした
1
三角点は少し離れたところに
2019年05月03日 12:37撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は少し離れたところに
1
八経ヶ岳方面
2019年05月03日 12:27撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳方面
ゲットしたお守り
2019年05月03日 12:42撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲットしたお守り
1
下山道へ
2019年05月03日 13:06撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道へ
階段です
2019年05月03日 13:06撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段です
泥辻茶屋に戻りました
2019年05月03日 13:30撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泥辻茶屋に戻りました
清浄大橋に戻る
2019年05月03日 14:23撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清浄大橋に戻る
ようおまいり、でした
2019年05月03日 14:35撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようおまいり、でした
帰路。役行者の母を祀る母公堂
2019年05月03日 14:54撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路。役行者の母を祀る母公堂
1
ごろごろ水で妻と合流
2019年05月03日 15:00撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごろごろ水で妻と合流
桜が綺麗
2019年05月03日 15:07撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜が綺麗
蟷螂の岩屋
2019年05月03日 15:14撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟷螂の岩屋
寺を守る鬼
2019年05月03日 15:50撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寺を守る鬼
天井の龍
2019年05月03日 15:59撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天井の龍

感想/記録

洞川温泉から世界遺産大峰山寺へ。

女人禁制の山であるため妻は登ることができず、私一人での登山となります。

当初は洞川温泉から歩いていく予定でしたが、宿の車で登山口まで送っていただけることになり、大変助かりました。

清浄大橋を渡ると程なく女人結界門が現れ、そこから登山開始となります。折しも戸開式の当日であり、多くの男たちが登っていきます。本格的に修験の装束をしている人も多いですし、そうでなくとも白のTシャツなどお参りの格好をしている人が多く、真っ赤な登山ウェアを着ていた私はなんとなく違和感が。

それでも行き交う人は皆互いに「ようお参り」と声をかけ合いながらながら登っていきます。最初はいつもの登山と違う挨拶に戸惑いましたが、だんだんと自分でも「ようお参り」と声が出るようになりました。

樹林の登山をこなし、いくつかの茶屋を抜けて泥辻茶屋に出ると、そこで奥駆道と合流します。だんだんと宗教的なモニュメントが増え雰囲気も変わっていきます。

道は二つに別れ、登りの修験道のほうに入ると、鎖の岩場もあり、景色もよいのでゆっくりと味わいながら登っていきます。

その先には崖から身を乗り出す修行で有名な「西の覗き」がありました。修行をしている人はいませんでしたが、子供さんが下を覗いていました。私はといえば妻子のある身ですので覗くのはやめておきました。

やがて大峰山寺に到着。門には「身口意三業を整え参入召されよ」とありました。蔵王権現にお参りをし、家族にお守りを買いました。

寺の先に広い場所があり「頂上お花畑」の碑がありました。お花畑なのに見渡すと男性しかおらず少しばかり違和感を感じました。

下山道の階段を降り、泥辻茶屋からは元来た道をひたすら降りて下山しました。

ごろごろ水のところで妻と合流。洞川にあるいろいろな見どころを探してくれていたので散策をしながら帰りました。大峰山寺参拝の前後には龍泉寺に参るのが正式とのことでしたので最後に龍泉寺にもお参りをして洞川温泉の宿に戻りました。

全く期せずして戸開式の日に此の地を訪れることができた縁に思いを馳せながら登山を終えました。
訪問者数:94人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

三角点 花畑 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ