また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1826277 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

芦屋川〜高座谷〜奥高座の滝〜六甲縦走路〜宝塚

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
阪急芦屋川
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間53分
休憩
1時間2分
合計
7時間55分
S芦屋川駅08:5409:01芦屋川、高座の滝方面分岐09:07城山・荒地山方面分岐点09:23高座の滝09:2810:02キャッスルウォール(基部)10:0710:09奥高座の滝10:2610:56荒地山への分岐10:5711:36雨ヶ峠11:4312:11東お多福山12:21土樋割峠12:56蛇谷北山13:0613:42石の宝殿13:4813:49船坂谷登り詰め14:08水無山14:37船坂峠15:03大平山15:0515:21大谷乗越15:2215:53譲葉山16:01岩倉山16:11塩尾寺16:1916:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ソフトシェル ズボン 帽子 レインウェア上下 手袋 ザック 昼ご飯 行動食 飲料(保温ボトル大・中) カメラ スマートフォン ファーストエイドキット タオル大・小

写真

阪急芦屋川駅前です。予想通りですが、えらい賑わいです。
2019年05月03日 08:53撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪急芦屋川駅前です。予想通りですが、えらい賑わいです。
おなじみの高座の滝。
2019年05月03日 09:23撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おなじみの高座の滝。
高座の滝からロックガーデンへひと登りしたところ。
2019年05月03日 09:27撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座の滝からロックガーデンへひと登りしたところ。
ここから高座谷へ
2019年05月03日 09:29撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから高座谷へ
先ほどの賑わいとはうって変わって誰も来ません。
2019年05月03日 09:30撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの賑わいとはうって変わって誰も来ません。
滝の前に石像が祀られていました。
2019年05月03日 09:32撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の前に石像が祀られていました。
1
最初の堰堤。
2019年05月03日 09:35撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の堰堤。
水量はありませんが、いい感じの沢です。
2019年05月03日 09:37撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量はありませんが、いい感じの沢です。
2番目の堰堤です。
2019年05月03日 09:40撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番目の堰堤です。
堰堤を左巻きで越えると広場があります。ここで野鳥撮影の方がいらっしゃいました。すんませ〜ん。
2019年05月03日 09:41撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を左巻きで越えると広場があります。ここで野鳥撮影の方がいらっしゃいました。すんませ〜ん。
行止りで引き返しました。先ほどの広場を右巻きです。
2019年05月03日 09:44撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行止りで引き返しました。先ほどの広場を右巻きです。
堰堤を右高巻きで超えていきます。
2019年05月03日 09:51撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を右高巻きで超えていきます。
次の堰堤の前に降りて来ます。
2019年05月03日 09:53撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の堰堤の前に降りて来ます。
荒地山方向へ。
2019年05月03日 09:54撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒地山方向へ。
堰堤の上に原寸大のリアルな犬の置物が2つ。一瞬本物かと思いました。
2019年05月03日 09:56撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の上に原寸大のリアルな犬の置物が2つ。一瞬本物かと思いました。
右のキャッスルウォール、奥高座の滝方面へ。
2019年05月03日 09:58撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右のキャッスルウォール、奥高座の滝方面へ。
右巻きの標識ありましたが、沢を登ります。
2019年05月03日 10:02撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右巻きの標識ありましたが、沢を登ります。
水量は少いです。
2019年05月03日 10:07撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量は少いです。
龍白龍神の石碑。
2019年05月03日 10:09撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍白龍神の石碑。
奥高座の滝です。びゅーちふる!
2019年05月03日 10:12撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥高座の滝です。びゅーちふる!
この岸壁に赤の矢印がありましたので、素直に登ることに。ここは正直ビビりました。中程に若干せり出した部分があり、足場は斜めに滑りやすい傾斜で、岩に張り付くと後ろへ倒れそうになります。渡ってから見ると、そんなに危険でもなさそうでしたが・・。
2019年05月03日 10:12撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岸壁に赤の矢印がありましたので、素直に登ることに。ここは正直ビビりました。中程に若干せり出した部分があり、足場は斜めに滑りやすい傾斜で、岩に張り付くと後ろへ倒れそうになります。渡ってから見ると、そんなに危険でもなさそうでしたが・・。
1
右側の岸壁。
2019年05月03日 10:13撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の岸壁。
1
びびった箇所を渡ったところから下を見たところ。高さはそんなにないか・・・。
2019年05月03日 10:18撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
びびった箇所を渡ったところから下を見たところ。高さはそんなにないか・・・。
ここは見た目ほど危険ではないです。
2019年05月03日 10:19撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは見た目ほど危険ではないです。
1
石に赤い矢印。
2019年05月03日 10:22撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石に赤い矢印。
下ります。
2019年05月03日 10:24撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ります。
1
いい見晴らし。
2019年05月03日 10:25撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい見晴らし。
散っても美しいミツバツツジ。
2019年05月03日 10:35撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
散っても美しいミツバツツジ。
侵入禁止となっていましたが、行きます。
2019年05月03日 10:37撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
侵入禁止となっていましたが、行きます。
突然ゴルフ場に出たかと思いました。
2019年05月03日 11:48撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然ゴルフ場に出たかと思いました。
さつきかと思います。
2019年05月03日 11:53撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さつきかと思います。
東お多福山です。
2019年05月03日 12:14撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東お多福山です。
春の山が一番好きですね。
2019年05月03日 12:19撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春の山が一番好きですね。
1
古木と桜の花びら。よいわ!
2019年05月03日 12:45撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古木と桜の花びら。よいわ!
1
蛇谷北山。
2019年05月03日 13:00撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇谷北山。
あしび(馬酔木)
2019年05月03日 14:20撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あしび(馬酔木)
ここからも良い眺め。
2019年05月03日 14:57撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも良い眺め。
やっと塩尾寺(えんぺいじ)
2019年05月03日 16:12撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと塩尾寺(えんぺいじ)
ゴール。疲れた!
2019年05月03日 16:46撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール。疲れた!
高座谷をすぎてから右足の痛みが気になり、見て見るとソックスに大穴!かかとが擦り剥けおりました。ハンカチを巻いて続行しましたが、登りはしんどい+痛いでストレス全開!このソックス結構分厚いですが、装備はチェックしとかなダメですね。いい勉強になりました。(見苦しい写真失礼します。)
2019年05月03日 17:30撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高座谷をすぎてから右足の痛みが気になり、見て見るとソックスに大穴!かかとが擦り剥けおりました。ハンカチを巻いて続行しましたが、登りはしんどい+痛いでストレス全開!このソックス結構分厚いですが、装備はチェックしとかなダメですね。いい勉強になりました。(見苦しい写真失礼します。)
1

感想/記録
by havy

今回の山行は、六甲でも少し人が少ない沢と、距離を伸ばすトレーニングが目的でした。高座谷は堰堤が多くほとんど巻いていきます。奥高座の滝では若干ですが、せり出した岩沿いに、少しクライミング気分が味わえたのが印象的です。後半は六甲縦走路なので安心していましたが、足の負傷と疲労で結構きつかったです。六甲もいろいろコースがあるので楽しめますね。
訪問者数:50人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

高巻き ミツバツツジ 堰堤 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ