また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1826769 全員に公開 ハイキング奥秩父

乾徳山(道満尾根から下山)

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
徳和の乾徳山登山口バス停前駐車場が満車のため、100mほど離れたグラウンドが臨時駐車場として開放されていました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間16分
休憩
21分
合計
6時間37分
S乾徳山登山口バス停07:4008:06乾徳山登山口(オソバ沢ルート)08:0708:27銀晶水08:2809:07錦晶水09:1009:17国師ヶ原09:32役小角像09:49月見岩09:54扇平09:5510:21髭剃岩10:2210:39乾徳山10:4811:16水ノタル11:1812:22高原ヒュッテ12:2312:39国師ヶ原12:4013:24道満山13:58乾徳山登山口(道満尾根ルート)13:5914:13乾徳山登山口バス停14:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【乾徳山登山口〜道満尾根分岐】良く整備された歩きやすい道です
【道満尾根分岐〜乾徳山山頂】山頂近くは岩場となり、クサリ場が多く出てきます。カミナリ岩と鳳岩の登りが難易度が高めです。
【乾徳山山頂〜高原ヒュッテ(迂回路)】山頂から水のタル方面に進むと黒金山への分岐に着くので、国師ヶ原高原ヒュッテと案内された方に進みます。ピンクリボンをたどりますが、旧いものと新しいものの複数あり迷いやすいです。新しいものをたどりましたが、分岐から100〜200m間はル−トを外れているかもしれません。
【高原ヒュッテ〜乾徳山登山口】道満尾根を下りました。急な下りとなります。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 ツェルト ストック カメラ

写真

GWで多くの方が登山に訪れているため、登山口近隣のグラウンドが臨時駐車場として開放されていました
2019年05月03日 07:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GWで多くの方が登山に訪れているため、登山口近隣のグラウンドが臨時駐車場として開放されていました
乾徳公園でトイレを借ります。登山者向けに案内が親切です。
2019年05月03日 07:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳公園でトイレを借ります。登山者向けに案内が親切です。
しばらく道路を登ります
2019年05月03日 07:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく道路を登ります
道路右側に登山口が現れます
2019年05月03日 08:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路右側に登山口が現れます
つづら折れの歩きやすい道です
2019年05月03日 08:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづら折れの歩きやすい道です
錦晶水。そこそこ水量がありました。
2019年05月03日 09:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錦晶水。そこそこ水量がありました。
乾徳山山頂が見えてきました
2019年05月03日 09:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山山頂が見えてきました
高原ヒュッテ前の車道に到着
2019年05月03日 09:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高原ヒュッテ前の車道に到着
さらに登り道満尾根との分岐に到着
2019年05月03日 09:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに登り道満尾根との分岐に到着
1
ここまで登ると富士山が見えますが今日はかすんでいます
2019年05月03日 09:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで登ると富士山が見えますが今日はかすんでいます
2
分岐を過ぎると岩場が始まります。ここはまだ序の口。
2019年05月03日 10:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を過ぎると岩場が始まります。ここはまだ序の口。
ここはクサリ無しでも登れます
2019年05月03日 10:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはクサリ無しでも登れます
1
カミナリ岩。左側のクサリを登りましたが腕力が必要です。右側の方が昇り降りしやすいです。
2019年05月03日 10:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カミナリ岩。左側のクサリを登りましたが腕力が必要です。右側の方が昇り降りしやすいです。
3
山頂直下の鳳岩。足がかりが少ないので大変です。
2019年05月03日 10:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の鳳岩。足がかりが少ないので大変です。
1
鳳岩の途中から見下ろします。落ちるとやばい。
2019年05月03日 10:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳岩の途中から見下ろします。落ちるとやばい。
1
乾徳山山頂に到着〜
2019年05月03日 10:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山山頂に到着〜
4
下山は迂回路から。水のタル方面に進みますが、ここも最初が岩場です。
2019年05月03日 10:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は迂回路から。水のタル方面に進みますが、ここも最初が岩場です。
1
南アルプス方面
2019年05月03日 10:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス方面
3
富士山うっすら
2019年05月03日 10:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山うっすら
6
乾徳山と右端に富士山
2019年05月03日 11:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾徳山と右端に富士山
1
北岳から農鳥岳をUP
2019年05月03日 11:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳から農鳥岳をUP
1
山頂から少し進むと黒金山方面との分岐に出るので、高原ヒュッテ側に進みます
2019年05月03日 11:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し進むと黒金山方面との分岐に出るので、高原ヒュッテ側に進みます
ピンクリボンをたどりますが、複数あり道も不鮮明で迷いやすいです
2019年05月03日 11:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクリボンをたどりますが、複数あり道も不鮮明で迷いやすいです
リボンをたどるとトラロ−プのところに着きました。ここからは道がよくわかります。
2019年05月03日 11:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リボンをたどるとトラロ−プのところに着きました。ここからは道がよくわかります。
この看板が出てくると安心します
2019年05月03日 11:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板が出てくると安心します
高原ヒュッテに到着
2019年05月03日 12:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高原ヒュッテに到着
鹿さんのお尻。ヒュッテ周辺には鹿の群れがいました。
2019年05月03日 12:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿さんのお尻。ヒュッテ周辺には鹿の群れがいました。
2
道満尾根ル−トに向けて車道を進みます。管理?の方の車が通っていきました。
2019年05月03日 12:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道満尾根ル−トに向けて車道を進みます。管理?の方の車が通っていきました。
車道から道満尾根に入ります
2019年05月03日 12:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道から道満尾根に入ります
道満尾根は急な下りです
2019年05月03日 13:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道満尾根は急な下りです
ツツジに癒されます
2019年05月03日 13:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジに癒されます
1
道満山には強制的に登ることになります
2019年05月03日 13:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道満山には強制的に登ることになります
急な下りが続く。ストックを使用する方がよいです。
2019年05月03日 13:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な下りが続く。ストックを使用する方がよいです。
道満尾根の登り口に到着
2019年05月03日 13:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道満尾根の登り口に到着
道路が害獣除けに閉鎖されています。開けたらちゃんと閉めましょう。
2019年05月03日 13:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路が害獣除けに閉鎖されています。開けたらちゃんと閉めましょう。
下山完了。徳和集落を望む。
2019年05月03日 14:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山完了。徳和集落を望む。
1

感想/記録
by cripe7

山梨遠征の二日目は山頂直下の岩場が有名な乾徳山に登りました。GWということもあり多くの方が訪れていてグラウンドが臨時駐車場として開放されていました。山頂直下の鳳岩を登りましたがやや危険です。脇に迂回路があるのでこちらから登る方が安全です。下山は水のタルからの迂回路を使用しましが、序盤迷いやすいです。慎重に進み、おかしいなと思ったら引き返しましょう。
訪問者数:108人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ストック 高原 クリ ヒュッテ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ